犬のハウスは絶対に教えておきたいしつけ!その意味や方法とは?

犬のハウスは絶対に教えておきたいしつけ!その意味や方法とは?【ドッグトレーナー監修】

お気に入りに追加

ハウスのしつけは、犬と私たちが共に暮らす上でとても大切なものです。私たちにも自分だけの時間や部屋があるように犬にも自分だけの落ち着くことができる「居場所」を提供してあげましょう。犬にハウスをしつける意味やしつけの方法、一緒に覚えたいしつけなどまとめました。

19751view

SupervisorImage

記事の監修

埼玉を中心に、しつけ方教室/問題行動のリハビリ/ドッグダンスレッスンまで行う。ドギーホームルームでは、愛犬のトレーニングのみにとどまらず、飼い主様のフォローに力を入れる事でQOLを向上させます。また、JCHA公認のハイドロセラピスト・フィットネストレーナーでもある為、愛犬の健康増進にも力を入れています。【埼玉・東京・横浜でオーナーレッスン随時開催】
《公式HP》ドギーホームルーム

犬にハウスのしつけをする意味は?

大きなハウスと犬

犬と快適な生活を送る上でハウスのしつけをすることはとても大切です。

例えばお留守番をさせる時、人がいない家の中には犬にとって危険がたくさんあります。例えば、犬が食べてはいけない食べ物を口にしてしまったり、電気コードをかんでしまったりと危険な物をいたずらしてケガをしてしまう可能性もあります。ハウスのしつけを行うことで、お留守番の際などに事故を予防することが出来ます。

また、動物病院などに行くときにケージや犬用のキャリーバッグなどに犬を入れる事もあるでしょう。このときにも、ハウスのしつけが必要になります。

今から犬を迎え入れるかたや犬を飼育したばかりの人などは、ハウスを準備し、必要最低限のしつけを行うようにしましょう。

ハウスのしつけ方法は?

犬と女性

ハウスをしつける前に準備すること

ハウスのしつけをする前に家族で統一することがあります。まず、ハウスに入るときのコマンドを統一すること。犬がハウスに入ることを覚えたくても、家族全員でバラバラなコマンドで指示することで、犬は混乱します。

ハウスのしつけ方法

まずは自発的にハウスの中に入るように仕向けることが必要です。そのためには、まず大好きなオヤツをハウスの中に放り込んでみましょう。警戒することなくハウスに入るようになったら次の段階です。

次に、オヤツを放り込んだハウスに入るときに「ハウス」と声をかけてコマンドを意識させます。 この段階を何度も繰り返し行いましょう。

最後に、オヤツを放り込む前に「ハウス」のコマンドを出し、コマンドに反応してハウスに入ることが出来たらクリアです。ハウスに入ったあとオヤツをあげる事も忘れないでください。

犬のハウスはどんなものが良いか?

クレートに入っている犬

今は、いろいろな商品が市販されているので、自分の生活スタイルに合わせてサイズや性能を考慮してハウスを選びましょう。犬のハウスは大きく分けると常設タイプのケージか、移動用のクレート等(またはキャリーバッグ)があります。

トイレトレーニングの観点からも自宅には常設のケージを設置することをオススメします。また、動物病院などに行く際や万が一の災害の時に役立つのでクレートも用意しておきましょう。

まとめ

パグと女の子

ハウスに入る事が出来るようにするしつけはとても大切です。お留守番や、動物病院などに連れて行くときは勿論ですが、万が一の災害時にも役立ちます。犬にとってハウスは自分の安心できる居場所する為にも、無理に入れるのではなく、しっかりとトレーニングを行いましょう。普段はフリーで生活させていても、いざという時にハウスが出来れば飼い主さんも安心ですよね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ドッグトレーナー

    ハウス、クレートトレーニングはとても大切なことだという意見には賛成です。
    しかしながら、お留守番中ずっとハウスに入れておくというのは如何なものでしょうか。 しっかりと躾をしてお留守番をさせる前に十分なお散歩+運動をしておくとお留守番中の犬は疲れて眠るはずです。留守中に物を破壊したり吠え続ける等と言った行動は溜まっているエネルギーを発散させてあげていないことが原因の場合が多いです。(分離不安の可能性も高いです)
    お留守番中の犬のストレスを減らす為にもお散歩+運動をさせて下さい。
    また、ハウス、クレートトレーニングでオヤツをあげて良いイメージを付けてあげることは大切ですが太らせるのが心配、アレルギーがある場合は朝、夜のご飯(フード)の中から数十粒取ってあげると太る心配はありませんね。
    ハウス、クレートの中ではコング等にオヤツやフードを入れてあげるのも良いイメージに繋がります。


  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    犬は狭くて囲まれた空間の方が安心出来る動物である、テリトリー意識が強いため、フリーでお留守番をさせると守らなければいけない範囲が広すぎてしまい、かえって犬にとって負担となる、犬と暮らし始めて10年目を迎えますが、私が犬と暮らし始める前から言われている一般的なしつけの考え方ですね。
    我が家も生後2ヶ月で愛犬を迎えてから数年間はこの方法を続けていました。ハウスという言葉を覚えさせ、就寝時と留守番時はゲージで過ごしてもらっていました。
    ただ、ゲージを少し広げてトイレ部分を連結させて快適に過ごせるように工夫したこともありましたが、ゲージのトイレは使おうとせず、帰宅後、ゲージを開けると急いでリビングに置いてあるトイレに走っていくことが何度もあり、お腹を壊している時もひたすら我慢しているようでした。こちらもトイレは大丈夫かなと外出していても気が気でなく、お互いの為にフリーでのお留守番を練習してみることにしました。
    まず、いつものようにハウスでゲージに入ってもらい、ドアは閉めますが鍵は掛けません。鼻で押せば出られる状態で出掛ける方法を数ヵ月行いましたが、全く問題はなくスムーズにフリーに移行することが出来ました。ゲージのベッドでそのまま寝ていたり、トイレに出てきた後、リビングのベッドで寝ていたり、好きなように過ごしているようでした。
    愛犬がいたずら盛りのパピーではなく成犬になっていたこと、元々コードなどのかじり癖がなかったことなど、うまく移行できた要因もあるのかと思いますが、精神的に落ち着いた成犬であれば、部屋を荒らしたりといったことはそうそうないのではないのかなと思います。
    成犬になってもそのような行動を起こすのであれば、ゲージでの留守番で解決するのではなく、そういうことをする原因、運動不足、愛情不足など根本的なことを解決することが最優先なのかなと思います。
    なお、無駄吠えに対して無視をするという対処方法についてですが、我が家の愛犬にはあまり効果がありませんでした。無視をしていると「ちょっと!聞いてる?聞こえてるの??」とますます大きな声で吠え、だんだんと興奮して自分でも怒りをコントロール出来ない状況に陥ってしまているようでした。
    そこで、伝えたいことがあるときには吠えないでほしいこと、吠えてきたら何?落ち着いて、吠えるのを止めてくれない?と静かにゆっくりと話しかけてみることにしました。横を向いてじっと座ることも落ち着いてというカーミングシグナルになります。
    愛犬にとっては、この方法が合っていたようで、現在では家族に対して要求吠えをしてくることはありません。じっと見つめてきたり、前足やマズルでつついてくることはあります。

    犬にとって、狭くて囲まれた空間は落ち着いて過ごせる場所であるということは間違いないのだろうと思います。愛犬も囲まれたベッドが大好きです。ただそれは、自由に出入りが出来るということが条件となるのかなと思います。
    日本ではゲージでの飼育が通説のようにありますが、欧州ではゲージという概念がない国もあります。どちらが正しいのかではなく、愛犬にとって適した方法を見極めてあげることが大切なのかなと思っています。
  • 投稿者

    女性 豆乳

    ハウス、うちの犬は出来ていません。これから教えて行かないとと思います。ケージがうちの犬にとっては怒られるときの逃げ場所になっている節があるので、安心できる場所だという認識はあるんだと思うんだけど。
  • 投稿者

    女性 マッシュ

    愛犬がお世話になっているトリミングサロンには看板犬が5匹もいるのですが、オーナートリマーさんの「ハウスー!」の掛け声で、5匹が猛スピードでケージへ帰っていきます。3階建てのケージの2段目にジャンプして入る子もいます。お見事あっぱれな光景です。それを見て我が家でもハウスの号令でトレーニングをしていますが、うちの犬はまず私の手におやつがにぎられていることを確認してからでないと動きません。舐められています。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。