若犬との同居で活力が蘇った老犬 

1649view

若犬との同居で活力が蘇った老犬 

我が家の老プードル「ラッキー」。若いときの不摂生で肥満。衰えも目立ってきました。そこへ若いラブラドールがやってきたものだから、「負けてはならじ!」と俄然、元気に。そもそも犬は群れの動物。可能であれば適度な複数飼いが理想なのかもしれません。

我が家のご長寿犬

##若犬との同居で活力が蘇った老犬##

「ラッキーって何歳なん?」
「なんぼじゃろ? うちに来てから長いよね」
我が家のトイプードル「ラッキー」(オス去勢)を見る度、そんな話しをします。

もらってきたのが娘が幼稚園のとき。
その娘が高校2年になるので13歳にはなっています。

今時20歳前後のご長寿犬は珍しくないようですが、犬の年齢×6年=人間の歳というので、ラッキーも老犬であることには間違いありません。

不規則な生活

##若犬との同居で活力が蘇った老犬 ##

当時一人暮らしをしていた義母が寂しいだろうともらって来ました。 義母は脳梗塞の後遺症であまり歩けず、当然、ラッキーの散歩も不規則で不十分。
一方、通常のエサに加えて「おやつだ」といってフードを好きなだけ与える始末。

義母の食事中もべったり横に張り付き、横取りは日常茶飯。
義母も味噌汁を与えるなど、私たちが目にした時は厳しく注意しますが直りません。
生活は相当乱れていたと思います。

その後、去勢したこともあり、あっという間に肥満してしまいました。
とてもプードルには見えません。
散歩中、出会った人に「これは何犬ですか?」と聞かれます。

正常な生活になったのは、私たちが同居するようになった7、8歳になってからです。
遅ればせながら食事制限したものの、肥満はなかなか解消しません。
衰えも目立って来て、ご近所から「歳取ったねえ」としみじみ言われてしまいました。“Xデー”もそう遠くないのかなあと覚悟していました。

新しい家族

##若犬との同居で活力が蘇った老犬 ##

そんな矢先、家人が相談もなく、売れ残って半年経っていたラブラドール(オス、その後去勢)を買ってきたのです。
もう、やんちゃ盛りで、老プーに「遊ぼう」とちょっかい出しまくり。
老プーは「うるさい!」と追い散らします。

静かな余生を過ごそうとしていた老プーにとってはいい迷惑だったかもしれません。
でも、散歩のときヨタヨタしていた足取りも、しゃっしゃか早足になり、目の輝きも違ってきました。
みるみる生気が蘇えってきたのです。

最後に

複頭飼いはどこの家でもできるわけではありません。
実際、我が家も散歩を2回に分けて行くなど、大変です。

でもこの調子なら老プーももう一踏ん張り、二踏ん張り、余生を長く延ばしそうです。

##若犬との同居で活力が蘇った老犬 ##

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!