ドッグフレンドリーなイギリス ウォーキング編 ~動物愛護国イギリスわんこ事情~

ドッグフレンドリーなイギリス ウォーキング編 ~動物愛護国イギリスわんこ事情~

お気に入りに追加

イギリスは犬にとても優しい国です。普段の生活のなかで、犬も人間と同様に大切に扱われてると感じられることが沢山あります。今回は散歩中に見つけたドッグフレンドリーなものをご紹介します!

3553view

ドッグフレンドリーの国

ウォーキング標識

イギリスはとても緑の多い国です。
そのため、ウォーキングをしているイギリス人をとてもよく見かけます。
そして犬を飼っている人なら、もちろん一緒に連れて行くのが普通です。
今回、ウォーキング中に見つけた少し変わったドッグフレンドリーなものを撮ってみました。

犬専用のゲート

人と犬用ゲート

これはドッグゲートと呼ばれています。
人間用のゲートの隣に小さい犬専用の扉があり、取っ手を持ち上げて犬が通します。
人間は階段をまたげばいいのですが、人が犬を持ち上げる必要がないように犬用ゲートが作られたそうです。
とくに体重のある大型犬にはとても便利ですよね。

ドッグ ゲート

今度は壁の一部に小さな扉を発見!
これは犬専用として作られたわけではないそうですが、犬も通れます。

ゲート

本来はキツネや野生の動物が反対側に行くのに使うそうです。
犬だけでなく、すべての動物にも優しい国ということがわかりますね。

ゲートの通り方

犬用のごみ箱

ゴミ箱

犬のフンは自然が多いところでも絶対そのままにして帰ってはいけません。
飼い主さんの責任が問われますので、きちんと袋に入れて持ち歩いているところを見かけます。
人間用のゴミ箱に捨てても問題はないのですが、犬専用ゴミ箱があちこちに設置されているのでこちらに捨てます。犬用は、普通のゴミ箱とは違いフタが付いているので匂いが外に出ず、見た目もスッキリです。

掲示板に貼られてるポスター

LOST DOG

犬連れの飼い主さんがよく行く散歩コースの入口には、犬関係のポスターが張られています。
内容は「犬を探してます」であったり「犬のトリミングをします」「ドッグウォーキングします」というものが多いです。どれも飼い主さんに役立つものばかりです。

犬の取扱いに関するサイン

サイン

散歩道によっては、牛や羊が放し飼いになっている場所もあり、飼い主さんはできる限りの安全を把握しておく必要があります。
そして、犬を犬らしく生活させるためにもイギリス社会の中では愛犬のしつけが徹底的に行われており、犬のノーリードの散歩風景を見る機会がとても多いことに気付きます。
散歩するうえで犬にはリードを必ず着ける必要があるのか、もしくは必要な時だけリードを付ければいいのか等は標識に書いてあります。「リードが必須でない」=「すべて飼い主さんの判断」です。
このことにより、犬を飼う責任を更に認識させられるのはいいことではないでしょうか。

サイン2

さいごに

ウォーキング日

イギリスの散歩中に見つけたドッグフレンドリーなものはいかがでしたか。
愛犬とのお出かけはとても楽しいものです。

そして、どこにいても愛犬が心地よく過ごせるようにというのは、すべての飼い主さんの願いではないでしょうか。もし、普段の生活のちょっとしたなかに犬専用の何かいいものを見つけたら、わたしたち飼い主にとっては嬉しい限りですよね。

犬とわたしたち飼い主にとって、どれも素敵なものだと思いませんか。
また、このような公共の場の物は地区の税金で支払われてるそうです。なんだか動物たちへの気配りと優しさにとても心が温まりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。