ビションフリーゼの大きさについて 体重や体高、健康管理など

ビションフリーゼの大きさについて 体重や体高、健康管理など

お気に入りに追加

室内でも飼える手頃な大きさのビションフリーゼはとても魅力的で、一緒に暮らしたいなとお考えの方も多くいるはずです。小さな体でぽてぽてと歩く、白い巻き毛のかわいらしいビションフリーゼはどんな犬種なのでしょうか?この記事では、ビションフリーゼの大きさの目安や平均の体重、特徴や注意点などをご紹介していきます。

15016view

ビションフリーゼの大きさと平均体重

二匹のビションフリーゼ

  • 体高:24cm~29cm
  • 体重:5kg~10kg

ビションフリーゼという犬種は小型犬の中では筋肉質な方ですが、そこまでは大きくはなりません。また、ビションフリーゼの大きさにはそれぞれの個体差があり、平均的な体高は24cm~29cm、体重は5kg~10kgほどとなります。

ビションフリーゼの大きさはオスメスでの違いはほとんどありませんが、平均よりも大きい子も小さい子もいるので、個体差があるようです。この値については、あくまでも参考にしてみてください。

ビションフリーゼの大きさとその特徴

ビションフリーゼの横姿

ビションフリーゼと一言で言われると、ちょっと耳慣れない犬種かもしれません。どんな犬種なのか、まずは基本的なビションフリーゼの情報を調べてみましょう。

まずは、体格についてです。先ほども記述した通り、ビションフリーゼの大きさは小型犬の分類です。特徴としては体高よりも体長、つまり体の長さがやや長いと言うことです。このような特徴を持つ可愛らしいビションフリーゼですが、意外にも筋肉質な所もあり、運動好きで健康的な一面もあります。病気になる確率が少なく飼いやすいのも大きな特徴です。

見た目の特徴としては、大きくてまんまるの目に、ふわふわの毛並み、そしてたれ耳です。被毛はダブルコートで柔らかく、コシのある触り心地です。アンダーコートはさらに柔らかく、一度触るとクセになってしまうような撫で心地です。ビションフリーゼの被毛の色は「ホワイト」のみ認められていますが、中にはクリーム色が混ざった子もいるようです。

性格としては、人懐っこくコミュニケーションが上手です。人と遊ぶのが大好きで、子どもの相手もできる優しい性格をしています。また、のんびり屋で陽気な性格も持ち合わせており、あまり無駄に吠えないので室内での飼育もしやすいと言われています。

ビションフリーゼの歴史ですが、原産国はフランスです。名前である「ビションフリーゼ」を直訳すると、巻き毛のマルチーズという意味をもちます。もともとはマルチーズなどの白い小型の犬種とバルビーと呼ばれる大型の犬種との掛け合わせで「バービションズ」という系統の犬種が生まれました。その中で、ある船乗りがテネリフェ島に持ち込んだとされているのがビションフリーゼの元となる「テネリフェ」という種類です。今日のビションフリーゼの大きさや血統は、このテネリフェから今に至っています。

ビションフリーゼの大きさと運動量

まん丸カットのビションフリーゼ

ビションフリーゼの大きさは個体差がありますが、おおよその子は筋肉質で遊び好きな性格をしているため、やや重くなる傾向があります。そして何より、ビションフリーゼは運動が大好きです。一見ふわふわしてまんまるな見た目に反して、実は運動神経が抜群です。ビションフリーゼは小回りの利く運動ができる大きさで、しかもよく人の指示を聞いて懐きやすいことから、かつては芸をする犬種としても知られていました。

そのため、よく運動させてあげることでストレスが軽減されて、より健康的に過ごさせてあげることができます。ビションフリーゼの大きさでは見た目は軽そうに見えるのですが前述した通り、やや筋肉質であるので、他の小型犬に比べるとちょっとだけ重めになります。室内で飼っている場合でも、定期的に運動をさせてあげられる環境にしてあげると良いと思います。

ビションフリーゼの大きさと健康管理

 トリミング中のビションフリーゼ

ビションフリーゼの大きさとしては小型犬で、室内で飼うことにも適している犬種ですが、その上で健康面などにおいて注意した方が良い点がいくつかあります。

まず、犬種自体は遺伝的にもとても健康的な犬種ですが、唯一皮膚がデリケートであるという点です。ビションフリーゼは真っ白な毛並みも特徴の一つですが、その分汚れやすいです。そして定期的なシャンプーと、こまめなブラッシングが必須になります。ただ、シャンプーもやり過ぎてしまうと皮膚炎を起こしてしまったりもするので注意が必要です。

また、毛質がダブルコートでアンダーコートのしっかりしているビションフリーゼには暑さや湿気は大敵です!特に梅雨時期や夏の時期などは皮膚病の原因になる可能性が多いので、しっかりブラッシングをしながら皮膚の状態をチェックしてあげましょう。

ビションフリーゼの大きさ、あの特徴的な丸いシルエットをキープしたい場合、このカットの経験のあるプロのトリマーさんでなければ難しいと思います。そのため、どうしてもあの丸いスタイルにしたいという場合はプロのトリマーさんにお願いしましょう。

体重に関しては、運動好きな性格のため、肥満というほど太ることは少ないと言われていますが、骨の太さや筋肉の質によっても変わります。平均以上の体重に体重になってしまったら、獣医さんなどに相談してみると良いでしょう。基本的には1日30分くらいの散歩をしてあげたり、おもちゃなどで遊んであげたりすると、ビションフリーゼにとってもいい運動になってスキンシップにもなります。

また、遊んでいる時に、特に高い所に飛び乗ったりすることがあり、その際に怪我をしてしまうこともあります。ビションフリーゼの大きさは小型犬になるので、室内の少ないスペースであっても自由に活用することができ、一人遊びも得意としています。しかし、遊びに夢中になり過ぎて怪我をしてしまうこともあるので、そうならないように注意してあげましょう。

まとめ

伏せをしているビションフリーゼ

いかがでしたでしょうか?ビションフリーゼの意外な歴史や、大きさや体重についてお伝えしてみました。

見た目は小さな体ですが、筋肉質でかなりの体力を持ち合わせています。また、その反面、人懐っこくてゆったりとした優しい性格も持っています。このように可愛いビションフリーゼと毎日のスキンシップを大切にして、より良い日々を過ごせたら最高ですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    ビジョンフリーゼは、昔、CMでも人気になったアフロヘアーでお馴染みの犬種ですね。以前、勤めていたペットショップでもよく遊びにきてくれるワンコの中にビジョンフリーゼの男の子がいました。CMで見ていた頃は、ふわふわでもこもこ、わたあめみたいな頭でぬいぐるみのような可愛さといったイメージを持っていましたが、実際は思った以上に活発で陽気、人懐っこくてわりと大きいなといった印象を持ちました。ワンコも大好きで多少吠えられても全く気にする様子もなく挨拶しましょう~!と屈託なく近づいていました。トイプードルと間違えられることもあると飼い主さんは話されていましたが、トイプードルよりも大きく、がっしりとしていると思います。華奢で可憐というよりは、がっしりむっちりしているといった感じです。
    飼い主さんによるとビジョンフリーゼのイメージでもあるあのアフロヘアーを維持するのはそれなりのお手入れが必要とのことでした。毎日のブラッシングはもちろんですが、毛1本1本がとても細く絡まりやすいため、ブラッシングの途中で切れてしまわないように、力加減やブラシの流れ、角度にも注意が必要で、ブラシの種類もその子にあったものを選ぶことが大切とのことでした。
    特に夏場は毛の中に湿気がこもりやすくなり、湿疹も出来やすくなるため、要注意な季節のようです。「ブラッシングをさぼると毛玉製造機になってしまうのよ。」と笑いながら教えてくれました。
    毛玉が出来ないようにするためには、毎日のブラッシングの他に3週間毎のトリミングが理想とのことです。「月の美容代金は私よりもかかってるの。」と話されていました。毎日のブラッシングと美容代金の負担が重くなってしまい、サマーカットのようにしてしまう飼い主さんも多いようです。
    なお、ビジョンフリーゼはその毛色から涙やけや足下の毛の変色が出やすい犬種でもあると思います。毛の変色はフードやおやつに含まれている添加物などを不要物を涙として排出したものやアレルギー、ストレスといった見方がありますが、ホワイトの毛の子は見た目にもとても目立ってしまいます。この点においても注意が必要な犬種であるといえます。

    ビジョンフリーゼは活発で陽気、がっしりとしていて安心サイズですね(笑)子供にも優しく頭も良い犬種です。記事にもあるように、性格としては飼いやすい犬種と言えるのかもしれませんが、お手入れの面から考えると、時間のお金に余裕があり手間暇をかけてあげられるご家庭に限られるのかなと思います。
    せっかくビジョンフリーゼを迎えるのであれば、面倒だから、費用がかかるからといって丸刈りになどせずに、ふわふわとしたわたあめのような状態を保ってあげたいものですね。
  • 投稿者

    20代 女性 いぬまにあ

    ビションフリーゼといえば、真っ白くて大きなアフロ頭の印象ですよね。私もその姿が可愛いと思い、飼いたくてペットショップ巡りをしたり、ビションフリーゼについてすごく調べていた時期がありました。シングルコートなので毛は抜けませんが、毛量が多いので毎月トリミングに行く必要があり、7000円~10000円ほどかかります。これは、トリミングサロンにより値段もピンキリですけどね。また、毛玉も出来やすいので毎日ブラッシングしてあげる必要もあります。これをサボってしまうと、わんちゃんも可哀想ですし、トリミングのときに毛玉料金を取られてしまうこともあります。また、毛色が真っ白なのでお散歩のあとに足周りが靴下を履いているみたいに汚れてしまいます。対策としては、靴を履かせるか毎回足だけ洗ってあげるかしかありません。以上2点は、ビションフリーゼを飼うのに大変な点だと思います。ですが、あの可愛いアフロ頭で人なつっこい子が多いので小型犬の中でも飼いやすい犬種だと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。