犬の巨大食道症ってどんな病気?症状や原因、なりやすい犬種とは

【獣医師監修】犬の巨大食道症ってどんな病気?症状や原因、なりやすい犬種とは

お気に入りに追加

犬の『巨大食道症』を知っていますか?食道が伸びきることで食べ物を胃に運べなくなってしまう、巨大食道症(アカラシア)という病気。この記事では犬の巨大食道症の症状から発症する原因、かかりやすい犬種や治療法などについてまとめました。

15711view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の巨大食道症(アカラシア)とは?

犬の巨大食道症

巨大食道症、もしくはアカラシアという病気を聞いたことがあるでしょうか。
よく見られるような病気ではないですが、生まれつきや他の病気がきっかけで発症することのある病気です。

口から入った食べ物は食道を通って胃に送られますが、この時食道は蠕動運動(ぜんどううんどう)という収縮運動を行って食べ物を送っています。
しかし、食道が伸びきってしまい蠕動運動ができず、食べ物がうまく胃に運べなくなってしまった状態を巨大食道症(アカラシア)といいます。

人は2足歩行をするので垂直に食道がありますが、犬は4足歩行をするので水平になっています。
そのため食道が伸びきってしまうと、食べ物が胃に運ばれず途中で滞ってしまい、垂れ下がってしまいます。

犬の巨大食道症の症状

  • 食べ物や水を遠くに飛ばすように吐く
  • 体重減少
  • 呼吸困難
  • 発熱
  • 鼻汁が出る
  • 咳をする

食べてすぐに吐いてしまうことが多く、噴き出すように吐くのが巨大食道症の特徴です。
食べても吐いてしまうため、どんどん衰弱して痩せていってしまいます。
また、巨大食道症にかかった犬の約3分の2は、吐いたときに食べ物が肺に入ってしまうことで肺炎を起こしてしまいます。
その肺炎が巨大食道症の主な死因にもなっています。

犬の巨大食道症の原因

犬の巨大食道症の原因とは

犬の巨大食道症の主な原因として、先天的(生まれつき)なものと後天的なものがあります。

先天的な原因

犬の食道の神経や筋肉などに生まれつきの異常があることから発症すると言われていますが、詳しい原因はまだ分かっていません。
また、本来なら産まれてすぐになくなるはずの血管が食道の根元を取り囲むように残ってしまい、それによって絞り込まれた食道の手前に食べ物が溜まるようになり、その重みで徐々に食道が広がってしまう時にも犬は巨大食道症を発症することがあります。
その場合、離乳後に固形物を食べ始めてから頻繁に吐くようになって初めて発症に気付くことがほとんどです。

後天的な原因

後天的な犬の巨大食道症の原因としては、ホルモンの異常、ケガや病気による筋肉や神経の異常、神経から筋肉に指令がうまく伝わらず筋肉が疲労や脱力してしまう重症筋無力症、腫瘍などが原因と考えられています。

巨大食道症になりやすい犬種

巨大食道症になりやすい犬たち

  • ニューファンドランド
  • ラブラドールレトリバー
  • シャーペイ
  • パグ
  • グレーハウンド
  • グレートデーン
  • アイリッシュセッター
  • ジャーマンシェパード

以下の犬種は病気が遺伝することが確認されています。

  • ミニチュアシュナウザー、ワイヤーヘアード
  • フォックステリア

尚、巨大食道症はあらゆる年齢の犬に起こり得ますが、特に離乳して間もない子犬によく見られます。

犬の巨大食道症の治療法

犬の巨大食道症の完全な治療法はまだ見つかっていませんが、食事の仕方を工夫して吐き出しを抑える方法があります。
犬の前脚を段に乗せ、高い位置から食事をさせることで、食べ物を重力で食道から胃に移動させることができます。
できれば食後15~30分は頭を垂直に持ち上げたままにしておきましょう。

また、個体差はありますがドッグフードを水やお湯でふやかして食べさせると消化しやすくなるため、吐くことが少なくなることがあります。
犬によって固いものと柔らかいもので吐きにくさが変わってくるため、慎重に様子を見ながら選んであげましょう。
さらに、吸引性の肺炎治療のため、抗生物質が使われます。

まとめ

巨大食道症

犬の巨大食道症は完全な治療が難しく、時間が経つにつれて悪化しやすい病気です。
原因や治療法など効果的なものがまだ見つかっていないことから、原因を取り除くことよりも症状を軽減させるための治療が行われることがほとんどです。

私自身、巨大食道症であったワンコさんと一緒に戦っていた飼い主さんのブログをずっと読んませて頂いていました。
治療法がなく症状が悪化していく中でも最後まで諦めずに戦い、頑張ったワンコと飼い主さんの姿は文字や写真だけですがしっかりと記憶に残っています。
1日も早く効果的な治療法が見つかることを願うばかりです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    一昨年に食道拡張症のMシュナを2歳で亡くしました。巨大食道症まではまだなっていなかったので、診断がつくまでは時間がかかりました。高栄養食を回数を分けて与え、食後1時間ほど垂直になるよう工夫して…散歩中にも突然吐いたりもしました。大変な事が多かったけど可愛くって、もっと長く一緒にいたかったです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ろこ

    うちの子は先天性の巨大食道症です。
    最初は病気自体が判らないので四苦八苦しましたが、さらさらペースト食と1時間の立位で、ほぼ普通の子として過ごせています。
    症例は少ないみたいですが、同じ病気の子や家族にも穏やか日々が訪れます様に。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家のヨークシャーテリアのさくちゃんも、6歳で後天性巨大食道症で虹の橋を渡りました。巨大食道症の診断の後で後ろ足が動きにくくなり、重症筋無力症であることも判明。この筋無力症の延長の末巨大食道症を併発という結果でした。発病から半年の闘病でしたが、少しでも食事が胃に流れ込みやすいように…と手作り流動食を作り、少量ずつしか食べることも出来ないので1日6回食。食後は1時間程の立て抱き。発作も度々で苦しそうな彼女を見るのが辛くて辛くて…24時間体制でずっと看病しました。難病なだけに情報量も非常に少なくて本当に手探りの毎日でした。私の育て方が間違っていたからこんな病気になったのでは?と自分を責め続け、彼女に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。あんなに、元気がとりえだったのに何故?って。彼女を見送って…3年近くになりますが、未だに後悔の念はつきません。
  • 投稿者

    女性 シュナモン

    従姉妹の家には歴代ずっとMシュナウザーを飼っています。
    あのなんともいえないおじいちゃんのような可愛さがたまりませんよね。

    ただ、今飼っているシュナウザーの子がまさにこの巨大食道症という病気だそうです。
    まだ身体が小さい頃から嘔吐が激しく、吐き方が尋常じゃなかったようで、心配して病院につれて行ったら始めはなかなか診断がつかず、ある程度してから「先天性のもの」と言われたようです。
    そこで私も初めてこの病気を知りました。
    もちろん診断されてからもきちんとした治療法もない為、毎日従姉妹が一生懸命流動食を作っています。今はとにかく、少しずつ少量を回数分けてあげるようにしているそうです。
    もう一匹のMシュナちゃんは逆にとっても元気だし、その子も見た目では全く分からないのでたまに会うととってもとっても心が痛みます。
    何か良い治療法や手術などでこの病気をはじめワンコの難病を少しでも治せる方法が早く出てきて欲しいと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ラルコ

    巨大食道症という病気初めて耳にしました。又、原因や効果的な治療法が見つかっていないとあって、難しい病気なんですね。症状を軽減させてあげない事には 食べても吐いてしまいますかから。体重も減りますし何とも悪循環。とにかく 食べた物を胃に送り届け消化させてしまうまでの手助けが必須なんですね。ドックフードであればふやかした物とありますし、手作りの場合ミキサーにかけて食道から胃に滑らかに送り届けられるよう工夫も有効だと思います。そして、食後は少なくとも15分ぐらいは 抱っこして頭を垂直に保ってあげるのが良いのかなと、思います。食べる時のサポート方法は与える方も与えられる方も共に大変かと思いますが。まだまだ根気よく 症状を軽くする方法に工夫が必要な病気だと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家のM・シュナウザーも一昨年の夏に巨大食道症と診断され 調子が良い時と悪い時の差が激しく 先週までは他の犬と何ら変わらず元気な子でしたが 急激に食べ物を受け付けなくなり 水を飲んでもすぐに吐き出してしまう…体重も12キロあったんですが今では7,5キロまで減少してしまいました。姿を見てるだけで涙が出てきてしまいます。
  • 投稿者

    20代 女性 なっちゃん

    生後2カ月目でペットショップからお家にきたカニンヘンのミニチュアダックスです。お家に来て1週間はとても元気で家の中を走り回っていました。ですが、食べたものを数回吐き、お腹がぽこぽこなっていました。まだ年齢も低い事や、勢いよく食べた事が原因で吐いているのだろうと少し様子を見ていました。なかなか回復せず5日日の晩に何度も嘔吐し、6日目には起きては吐き、咳をしては吐きの繰り返しだったので午後から病院へ受診しました。すると、先天性巨大食道症だということが分かりました。点滴をしてもらい、家ではずっと寝ており、しんどい様子でした。人が動くと目で追いますが、ゲージからは出ようとはしません。薬を飲ませたりご飯をスポイドで食べさせると食べますが、数回嘔吐しています。少しお腹にたまったからか薬が効いたからなのか、寝ています。まだ2カ月しか経っていないのに吐くたびに可哀想でもっと早く気づいてあげていたらぐったりしなかったのかな、、、と後悔しています。これからも元気に生きてお散歩をしたり一緒に寝たり、もっと愛情を注いであげたい気持ちでいっぱいなのが正直な気持ちです。また、我が家に来てくれた事、一緒に過ごせた事がこの子にとって幸せだと感じてもらえたらうれしいです。回復してくれると信じて見守りたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。