犬と県民性 ~北海道編~

犬と県民性 ~北海道編~

北海道といえば、なんといっても寒い冬がその特徴です。雪の中、北海道に住むわんちゃんのお散歩事情や飼い方について紹介したいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

北海道ではわんこを雪の中もお散歩しますが、みんな寒がりです

雪の中のわんちゃんたち

厳しい寒さの中お散歩に出る一方、お家の中は暖かい

北海道というと厳し寒さの中、犬がたくましく外で雪の中を走り回っているイメージがあるかと思います。
トイプードルやチワワなど家庭内で飼われている小型犬の中には、冬になるとお散歩に行かないのではないかと思う方も多いかもしれません。

もちろん個体差はありますが、基本的に雪が積もっても元気にわんちゃんのお散歩姿を見かけます。
逆に、飼い主が寒がってお散歩に行く時間や頻度が減るということもあります。

北海道の住宅は冬季に気温が下がるという前提で建築されていますので、冬季の暖房設備はしっかりしています。
そういう意味では、逆に本州の室内よりも暖かいこともあるかと思います。

そんな環境で育った北海道のわんちゃんは、意外にも寒がりということが多いです。

中には、「猫はこたつで丸くなる」ではなく「犬もこたつで丸くなる」という、こたつが大好きなわんちゃんもいます。
ただ、わんちゃんのために暖かい環境を維持しようと留守の時に保温することが多いですが、外出前は火事などの事故につながらないよう、ストーブや保温器具の管理はしっかりとチェックすることは必須です。
心配な方は、床暖房などに切り替えているということも聞きます。犬に安全な暖房器具を用意することも大切です。

冬のお散歩について

雪の上を走るミニチュアダックスフンド

冬の散歩に出ると、ほとんどのわんちゃんには防寒のために洋服を着せていることが多いです。
セーターやダウンなど、素材は様々ですがオススメは撥水性のあるダウンやレインコートです。

春先になると、雪が溶けることによりわんちゃんのお腹が雪解け水で冷えてしまいます。
この時に、撥水性の生地でないとわんちゃんのお腹が冷えっぱなしになってしまうので注意が必要です。

犬の毛は撥水作用があるので、元気のあるわんちゃんは洋服などの防寒対策をしなくても元気にお散歩をしている姿を見かけます。

寒さに弱いわんちゃん、ダックスフンドやコーギーなど地面とお腹の距離が近い犬種は凍傷になりやすいので気をつけてください。

雪に慣れるまで、少しずつ冬のお散歩の時間を調整するなど、冬の北海道歴が浅いわんちゃんは様子を見ながら冬のお散歩を楽しんでください。

ドッグランでは、雪が大好きなわんちゃん達が走り回ります。
とても微笑ましく、生き生きとしている姿を見ることができます。お家に帰ったら、湿っている体部をタオルで拭き、風邪をひかないように保温してあげましょう。

中には、寒さが苦手で冬に散歩に行きたがらないわんちゃんもいます。
無理に連れて行かず、行きたがらないときはお家でボール遊びをしたり、ストレスが溜まらないように相手をしてください。

北海道で人気の犬種とわんことの関係性について

サッカーボールと犬

室内飼育であれば、どの犬種でも飼育できます。
北海道では、冬の寒さが厳しいので寒さに強い犬種を意識して飼育する方も多いです。

寒さに弱い、イタリアングレーハウンドやウィペットなどはあまり北海道では見かけません。

逆に、ラブラドールレトリーバーやバーニーズマウンテンドッグ、サモエドやグレートピレニーズなどの大型犬は、冬になると喜んで銀世界を走り回ります。
北海道犬はその名の通り、寒さにも強く、氷点下でも元気良く散歩に出ています。

本州に比べ、暑さが厳しくないので原産地が北国の犬種であるわんちゃんにとっても、北海道は過ごしやすい地域だと思います。

寒さに強いようにと毛の長い犬を飼う人がいますが、アメリカンコッカースパニエルやゴールデンレトリーバーは、雪玉が毛先にできてしまうということもあります。
なので、長毛種の飼い主さんは毛を短くカットしたり、レインコートなどの服を着せている人が多いです。

寒いからといって、チワワやトイプードルなどの犬種が飼えないというわけではありません。
冬はしっかりと部屋を暖めてあげ、体調管理をしっかりすれば風邪も引かずにすむので過度に心配する必要はないです。

子犬や老犬、病気を患っている犬の体温管理は特に大切です。
室内温度計を設置して、室温が極端に高かったり低かったりならないように管理を行いましょう。

また、人間でもきになる方は多いかと思いますが室内の乾燥が暖房を焚くと進行しますので、保湿も同時に行ってください。
面白いことに、わんちゃんは部屋の中の暖かい場所を知っています。
中には、ストーブの前を陣取るわんちゃんがいたり、北海道で犬を飼っている飼い主さんのエピソードを聞くと面白いです。

室内でも寒い場合はわんちゃんがストーブの前に行ったり、震えることもあるので、特に気温が低くなった時は愛犬の行動に注目してください。

まとめ

雪が降らない地域に住んでいる方は、雪国の犬の散歩事情が気になることかと思います。
意外にも小型犬でも冬道の散歩を楽しむわんちゃんは多いです。

保温や凍傷に気をつければ、楽しく雪の中で走り回るわんちゃんの姿が見れます。飼い主と一緒にウィンタースポーツを楽しむわんちゃんもいるので、冬でも外に出て楽しく愛犬と過ごしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。