犬のほんわかする話

犬のほんわかする話

家に帰っての楽しみと言えば、愛犬との幸せな時間。。。そんな癒しの一時を日頃の糧に頑張っている方も多いかと思います。幸せは皆でシェアすべき♪今回はわんちゃんホンポの皆さんから、愛犬のほんわかする話を集めてみました!わんこのお話でほんわかしちゃいましょう~♡

はてな
Pocket

わんこのほんわかしちゃうお話をたくさん投稿して頂きましたー!


投稿者:KOUME

寝ている愛犬

我が家はパグと暮らしている。

とても可愛いのだが、寝ている時のイビキが想像以上にスゴイ。 
実は筆者も、筆者の旦那もイビキがヒドイ・・・。

旦那と筆者が一緒に寝ると、お互いのイビキでよく眠れない。
筆者が愛犬と寝ると、愛犬のイビキが気になってよく眠れない。
愛犬が旦那と寝ると、旦那のイビキがうるさいようで、しょっちゅうウロウロしている。
結局誰と寝てもよく眠れない・・・。

でもとっても幸せだ。


投稿者:高城ゆず

うちの犬は生後2ヶ月でやって来た。
その頃は玄関で飼っていて、よく靴箱の下へ潜り込んで寝ていた。

5ヶ月を過ぎた頃、庭に作った犬小屋へ移動させることになった。とは言っても寒い日や雨の日は玄関へ避難させていたのだけれど。
1才を過ぎた頃、玄関へ連れてきた犬が靴箱の前で伏せをしていた。
どうやら、体が大きくなって、靴箱の下に入れなくなってしまったらしい。

私は「仕方ないことだな」と思ったのだが、数日後、なんと犬が靴箱の下で寝ていたのだ。

そんな私の様子を見たからか、父が来てこう言った。
「かわいそうだったから」

改めてよく見てみると、靴箱の脚の下に石のブロックを置いて隙間を広げたらしい。

その時の犬の寝顔は心なしか嬉しそうだった。


投稿者:ミントママ

父が仕事で家を空けていて(半日位)、お留守番お願いして帰ってきた時の事。

いつもなら喜んでお出迎えしてくれるのに、その日は部屋のラグの上から動かなくて。
父は「具合が悪いのかな?」って思って急いで様子を見に近寄ったら、長女の前に嫌がらせオシッコ。(笑)
もちろん、嫌がらせオシッコはラグが吸い込んでいたから、父は気づかずそのまま見事に踏み切り。
父がオシッコを踏んで「あ〜‼︎」って騒いでるのを長女は、見届けてそのままソファの上に移動。

確信犯の長女の勝ち。


投稿者:satomi

愛犬はイングリッシュコッカースパニエル。
長いたれ耳にふわふわした飾り毛があって、ご飯や水を飲むときはスヌードと言う耳が汚れないためのヘアバンドをつけます。
スヌードを初めて見る人には「ほっかむりしてるね。寒いからかな?」と言われますが、これがないといつでも床の拭き掃除状態で、地面のゴミ・チリ・ホコリ、他の犬のオシッコなど全部耳のふわふわの中に吸収してしまうのです。これが臭いのなんのって、スパニエルを飼っている人には「スヌード」は必須アイテムです。

#スヌード装着#

もちろんご飯の際には必ずスヌードを着用させますが、我が家では自分の身の回りのことは自分でできるように、スヌードは決めた場所に保管しておいて、ご飯時になったら「スヌードもってきて」と伝えると喜んでスヌードをくわえてきてくれます。

とってもおりこうだなと思っていました。

しかしそのうち、お腹がすいたら言われなくても自分でスヌードをくわえて持ってくるようになりました。

スヌードをとりあえず装着させて、作業中で手があかないので少し待たせて作業していると、私の周りには色とりどりの家中のスヌードが転がっていました。逆にお片付けが大変になりました。汗。今ではスヌードを持ってきて着用させたら次にフードボウルを持ってきてくれるように教えました。懲りない飼い主です。

鳥獣猟犬はともかく仕事をするのが大好きで、運んでくる事を教えるとすぐに覚えてくれます。
横着な私はまた懲りずに、携帯を持ってくる事を教えました。「携帯もってきて」と言うと携帯を探してもってきてくれるのです。携帯をなくした時なんかは非常に便利で助かっており、もってきてくれたら必ず大好きなボールを投げてキャッチさせてあげます。

#写真の説明#

スヌードの時同様、言われなくても携帯をもってきてくれるようになった愛犬。
携帯は常に手元にあると便利ですし、あって困る事はないのでいつもお礼にボールを投げてあげたり、フードを1粒あげたりしていました。

ある日床に座って作業していて、右手側に携帯を置いていた私。右手の携帯を手に取ろうとすると、無い!あれ?と言うタイミングで左の肩に愛犬が私の携帯をグッと押し付けてきました。ヒッ…!右側から携帯を拾って、「落ちてましたよ」と左側から現れる高度なテクニックです。

良い子が過ぎると逆にこの子怖いなと思う事があります。

#人っぽい愛犬#

投稿者:ミニー

私の愛犬はコタツやヒーターの前が大好きです。
冬になるとゲージから出すやいなやコタツに潜り込んで行きます。
暑くなると自ら出てきてクールダウンし、再び戻っていきます。
暑くないのかな?と心配になりコタツを開けてみると舌を出しそれでも出てこない時は私が出してクールダウンしてあげます。
コタツの中で寝ているワンちゃんはとっても気持ち良さそうに寝ていて見ているだけでほっこりしてしまいます。

暑くなる前の気持ち良さそうに寝ている愛犬

暑くなって舌を出している愛犬


投稿者:ぶぶごん

うちの犬が2歳ころまでほぼ毎日通っていた公園のドッグランは、それほどひろくもなかったのですが、同じ時間にいつも同じワンコ達がきていたので、トラブルもなくほのぼのしていました。
そして、そのドッグランには飲み水用のバケツが一つ置いてあって、みんなで使っていました。

ある日、よく一緒に走るメンバーが集まった時の事。
みんなでグルグル走った後、うちのワンコが水を飲みにバケツのところへ行きました。
するとみんなつられるように、走るのをやめて水を飲みに行きました。
次の瞬間!なんと、誰も教えていないのに、お行儀のよく一列に並んで順番に水を飲みだしたではありませんか!
それを見て飼い主さん同士笑ってしまいましたが、ほっこり優しい気持ちになりました。

また夏の日の事。
同じ水飲み用のバケツに水を飲みに行ったと思ったら顔を目ぎりぎりくらいまで水につけて、ブクブクぶくぶく・・・とやったのびっくり!
『遊んだの?』
とにかくおかしくて笑っていたら、それをみていた友達ワンコがやってきて顔を突っ込みぶくぶく・・・。
『え?まねしたの?』
まねしたとしか思えない・・・。
今度は、うちのワンコがなんとバケツに両手をつっこんでばしゃばしゃと水をかきだして大はしゃぎ、あららら・・・と水を汲んできたらこれまた別のワンコがまねっこ・・・。
飼い主同士おお笑しながら、
「犬ってすごいね、学習能力と好奇心の塊だね、こんな賢い子に命令も訓練もアホらしいよね」とほっこり優しい会話になりました


投稿者:TMG

こんやはぱーてぃーらしいの。

それでぱぱが、おめかししてくれたけど。

ひつじみたいな犬

んー、どうみても。

ひつじ?

めぇ〜ってないちゃいそう。

それより。

かなしばりにあったみたいに。

ぜんぜんうごけない、わたし。

これじゃ。

だんすもおどれないわ。(-。-;


投稿者:みかん

わんこが私の料理が終わるまでストーブの前で待っている様子

うちのわんこはパパの事が大好きです。
朝、2階に寝ているパパを起こしに行くことがわんこの楽しい時間となりました。
パパもとても喜んでたので、ワンコがパパを起こす当番となりました。

私が朝ご飯を作り終えたらパパを起こしに行くことが出来ると、わかってくれてるみたいでストーブの前で寝転がったり、私をじーっとみつめて待っています(笑)

以前は「起こしに行くよ〜」とコマンドをしてから、一緒に行ってたのですが、最近は、パンをトースターに入れる時、わんこはしっぽを振りながら、私の所へ来て、みつめてくれるのです。

そう、パンをトースターに入れた後に、パパを起こしに行く事が私の習慣になっている事を。

わんこが「パパを起こしに行くのですよね♪」と言ってるかのようにワクワクした顔がたまらなく愛しい。

私も毎朝、そういう顔をみるのが楽しみのひとつになりました。
今日も見ることができました。
きらきらと目を輝かせている愛しいワンコを。


投稿者:Mappy

うちの犬は食いしん坊。
父が甘やかして人間の食事をのおすそ分けをしたりするもんだから、毎日の食事のときは「それちょうだい!」としきりにねだります。
もちろん犬が食べてはいけない食材は把握しているので、食べても大丈夫そうなのを少しだけあげています。
本当はいけないのは分かってはいるんですけれどもね。
しかし、ねだるだけでお皿に直接くらいつくようなお行儀が悪いことはしない、と信じていました。
あの日までは……。

ある夏の日、お昼ご飯の焼きそばを温めてテーブルの上に置き、食事の前に汗を流そうとお風呂に入ったのです。
戻ってきて、さあ食べようとお皿を見たら、なにか……違う。
なんとなく減ってるような気がする……。
横に座っていた犬のほうを見ると、すーっと目をそらします。
これはやりましたねー、と犬のお口の匂いをチェックするとほのかにソースの香り。
はい、犯人です。
全部食べずにちょっとだけにしたあたり、分かっててやったように思えてなりません。
玉ねぎなども入っていたのでちょっとあわてましたが、幸い体調は崩しませんでした。
それ以来、我が家では食事の準備には警戒しています。


わんこでほんわかしましたか?

みなさん、たくさんの投稿ありがとうございました~!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。