動物病院の選び方と、獣医との付き合い方

4054view

動物病院の選び方と、獣医との付き合い方

動物病院は、定期的なワクチン接種や予防薬投与のため、また、愛犬が体調を崩した時の受診のためなど、わんちゃんが健康で長生きをするためには避けて通れない場所の一つです。そんな動物病院は、かかりつけの病院を決めておくことが大切。そこで今回は、数多くある動物病院の中から、長くお付き合いしていくかかりつけの動物病院を選ぶ際のチェックポイント、また動物病院受診の際の注意点について述べたいと思います。

##適切な動物病院の選び方##

かかりつけの病院を決めておく大切さ

動物病院は、人間もそうであるように、愛犬のかかりつけの病院を一か所決めておくことが大切とされています。

その理由は、愛犬の日頃の様子をいつも見てくださっている先生であれば、愛犬に何かがあった時にも、ちょっとした違いや変化などに気付いてくれる可能性があるからです。

また、お付き合いが長ければ、そのわんちゃんに合った診察、合ったお薬の処方を行ってくれます。

ずっと同じ病院に通っていれば、残っているわんちゃんのカルテでこれまで患った疾病や、わんちゃんの健康の様子の経過などを先生が一目で把握することが出来るので、そうした意味でも、かかりつけの病院を決めておくことが非常に大切です。

しかし今、動物病院は至る所に数多く存在します。

愛犬がいざ病気になってしまってから行く病院を探すのではなく、現段階では病院へかかったことのないわんちゃんでも、日頃からもしもの時のために病院を見つけておくことが大切です。

そこで以下では、数多くある病院の中から、愛犬にとって適切な動物病院を選ぶ方法、選ぶ際のチェックポイントについてお話したいと思います。

まずは自宅近くにある動物病院の情報収集

動物病院というのはもちろん、わんちゃんの具合が悪くなった時にわんちゃんを連れて行く場所。

具合が悪い時の長距離の移動はもちろん、わんちゃんにとっても辛いものですし、わんちゃんの体調次第では、急を要する場合もあります。

そのような時にかかりつけの病院が自宅から離れた場所にあることは、やはりあらゆる点でデメリットが大きいと言えます。

ですから、動物病院を選ぶ時にはまず第一に、「自宅から通いやすい場所にある」ことを念頭に置きましょう。

そこで動物病院探しの第一歩として、事前に自宅に近い場所にはどのような動物病院があるのかを情報収集しておきましょう。

その際、インターネットの口コミを調べたり、近所で犬や猫を飼っている方のお話を聞くことも参考になります。

こうしてある程度自宅から通いやすい場所にある病院の情報が集められたら、その中から気になる病院を選び、愛犬に何か体調不良などがあった時には、実際に足を運んでみましょう。

病院によっては、予約が必要な病院もあるので、予約必要の有無などを事前に病院に確認しておきましょう。

##適切な動物病院の選び方##

病院で伝えること

愛犬にとってその病院が適切かどうかを判断する上でのチェックポイントを述べる前に、動物病院へ行ったら伝えるべきことを書いておきたいと思います。

  1. 初めて受診する病院の場合、愛犬の犬種、名前、生年月日などの情報
  2. いつ頃から具体的にどのような症状が出ているのか
  3. ご飯はいつ、何をどのくらい食べたか
  4. オシッコやウンチの回数、状態などはどうか

その他、愛犬の日頃の様子など、出来る限り詳しく先生に伝えましょう。

それでは以下、長くお付き合いしていく動物病院を選ぶ上でのチェックポイントを挙げたいと思います。

医師やスタッフが親切に対応してくれる

これは動物病院に限らず、私たち人間が通う病院にも言えることですが、やはり先生や病院のスタッフの方が親身になって対応してくれる病院であることが望ましいです。

いくら動物のこととは言えど、心から動物に向き合って真摯に対応してくれる病院こそ、信頼出来る病院であると考えます。

診察結果を丁寧に説明してくれたり、こちらが投げかけた質問にもわかりやすく答えてくれるような先生であることが望ましいです。

診療料金が明瞭で納得できる

これは、一見見落としがちですが大切なことです。

同じ診察内容、同じ薬の処方内容であっても、各病院によってその料金には意外にも幅があるものです。

必ずしも安ければいい、また、必ずしも高ければいいということはありません。

医師やスタッフの方が、診察内容や処方内容を適切に説明してくれ、それに応じた料金に自分自身が納得出来るような病院を選ぶことが望ましいです。

緊急診療にも対応できる

これは、かかりつけの病院を選ぶ上でとても大切なことです。

愛犬が体調を崩すのは、必ずしも病院の診療時間内とは限りません。

病院の診療時間外に、急を要するような体調の変化が起きてしまう可能性はもちろんあります。

そんな時のためにも、夜間診療など緊急の診療にも対応してくれる病院を選ぶことが望ましいです。

緊急時の診療体制はどのようになっているのか、事前に病院に確認しましょう。

最後に

以上この記事では、わんちゃんが健康で長生きするために、「かかりつけの動物病院」を決めておくことの大切さ、そしてそのかかりつけの動物病院を選ぶ方法、チェックポイントについて述べてきました。

そのように今回は、「かかりつけの動物病院の大切さ」を訴えてきましたが、最後に一つ大切なことを述べたいと思います。

確かにもちろん、かかりつけの動物病院の存在は最も大切です。

ですが、愛犬が何らかの疾病を患ったり体調不良を訴えたりする場合、もちろんはじめにかかりつけの病院で診察してもらうことは大切ですが、診察後も愛犬の体調が改善しなかったり、診察結果に不安がある場合、他の病院へ訪れてみることもまた大切なことです。

いわゆる「セカンドオピニオン」ということです。

これは、私たち人間が病院へ通う上でも大切なことですが、わんちゃんなど動物の場合、よりセカンドオピニオンが大切であると考えます。

なぜなら、動物は人間のように言葉を話せないため、自分自身で症状を詳しく伝えることが出来ません。

そのため、医師によって診断結果が異なることが多々あるのです。

実際、我が家の愛犬を連れて行った複数の病院でも、その診断結果が異なったことがありました。

ですから、一つの病院での診断結果を完全な正解と捉えず、少しでもその結果が気になったり、わんちゃんの症状の改善が見られない場合には、他の動物病院を受診することが重要です。

以上のように、愛犬にとっての適切なかかりつけの動物病院を選択し、またその病院との上手な付き合い方を考えながら、大切な愛犬の健康を飼い主さんがきちんと守ってあげましょう!

##適切な動物病院の選び方##

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!