アナタは正しい飼い主ですか?“犬の飼い主検定”とは?

アナタは正しい飼い主ですか?“犬の飼い主検定”とは?

お気に入りに追加

飼い主としての知識や犬への理解の正しさを確認をしたい方や、今以上にワンコの飼育に関するマナーや知識を身につけてみたい方にお薦めしたい“犬の飼い主検定”について紹介していきます!

6753view

犬の飼い主検定をしっていますか?

飼い主と犬

動物愛護団体が主催する検定

これから初めてワンコを迎える方や初心者の方はもちろん、愛犬と長く暮らしている方も、正しい育犬がどんな事なのかを確認してみたいと思う時はあるかと思います。

そんな方は、“犬の飼い主検定”を受けてみてはいかがでしょう?

この検定は、「動物愛護社会化推進協会」が主催する基礎級試験で、人と犬が上手に共存しながら幸せに暮らせるように、飼い主である私達人間がワンコの性質について理解しつつ、正しい知識を得ることによって皆さんが飼い主としての自覚をシッカリ持てるようになるようにと始めたんだそうです。

どんな事をするのか?

マークシート

受験資格

犬を飼っている飼っていないは問いません。
犬についての知識や理解を身につけたい人なら誰でも受けられます。
ただし、基礎級試験よりも更に上のランクの「動物愛護社会化検定 専門級」というプロ向けの検定の場合は、獣医師に動物看護職、愛玩動物飼養管理士等といった専門技能を習得された方でないと受けられません。

検定内容および出題形式

犬の社会や歴史に生態から、ワンコに関する法律に犬の飼い方、しつけとマナー、犬の健康管理等から出題され、問題数は100問前後の4択(もしくは3択)のマークシート方式となります。そして検定に合格をすると、「合格証」と「合格カード」がもらえます。

また、ペピイショッピングサイトにて、「ドッグオーナーズハンドブック」という公式テキストも販売されています。
https://www.peppynet.com/shop/item/id/998001

受験日程および受験料

春(4月~6月)と秋(10月~12月)の年2回で、受験料は3,000円です。

例題チャレンジ! あなたは何問解けますか?

○✕のカードを持つ少女

では具体的な犬の飼い主検定の例題を出していきますので、早速チャレンジしてみましょう!

例題1

犬の健康管理に関する記述です。以下から間違っているものをひとつ選びなさい。

①かかりつけの動物病院をつくり、何か犬のことで気になることがある時は獣医師に相談する。

②普段から犬をよく観察し、犬のからだを触ったり目や口の中をのぞいたりすることは病気の早期発見に役立つ。

③犬の体調の変化は一般の飼い主にはわかりづらいため、動物病院にすべてをまかせてしまうのがよい。

④予防が可能な犬の病気は、適切な予防薬の投与やワクチンの接種で必ず予防をしておく。

答えは?

③です。

ワンコは言葉を話せない故に些細な異変を伝える事ができないので、早期発見の為にも飼い主さんは日頃からチェックをするべきです。

例題2

子犬がじゃれて「甘噛み」をしたときの対処法に関する記述です。以下から適切でないものをひとつ選びなさい。

①子犬が噛んできたら「痛い!」と大きな声をだす。

②子犬が噛んできたら、少しの間、子犬にはかまわずに無視する。

③子犬と遊んでいるときに噛んできたら、すぐに遊びを止める。

④子犬が噛んできたら、子犬の鼻先を手で強く叩いて「ダメ!」と大きな声で叱る。

答えは?

④です。
叩いてしまうとワンコは怯えてしまって、飼い主さんとも遊びたがらずなってしまうどころか、身体を触れるのを拒否してしまうのでブラッシングや歯磨きといったケアが難しくなってしまいます。

例題3

愛犬が嘔吐してぐったりしています。こんな時はどうすればいいでしょうか?以下から一番適切なものをひとつ選びなさい。

①家に置いてある常備薬の胃腸薬をすぐに飲ませて様子をみる。

②インターネットで「ペットの健康相談サイト」を探してアクセスし、アドバイスを求める。

③かかりつけの動物病院へ連れて行き、症状や状況をできるだけ正しく獣医師に伝えて診察を受ける。

④とりあえず食事を与えずに一晩様子を見る。

答えは?

③です。
飼い主さんの多くが動物医療の専門知識はありません。なので安易に判断をするのではなくて、早めに獣医師さんに見てもらうようにしましょう。

例題4

トイレの習慣を付けるのにはどの方法が良いでしょうか?一番適切なものをひとつ選びなさい。

①決められた場所で犬が上手に排泄したら、すぐに褒める。

②決められた排泄場所ではないところで排泄してしまったら、犬の鼻をそこにぐっと押しつけ、大きな声で強く叱る。

③排泄しそうなそぶりをみせたら、ペットシーツを持って急いで子犬のあとを追いかける。

④トイレに排泄した便や尿は、片付けずにそのままにしておけば、そこがトイレの場所であることを自然に覚えてくれる。

答えは?

①です。
子犬が決められた場所で上手に排泄したら、「いい子だね!」と撫でて褒めてあげましょう。粗相や、決められた場所で排泄ができなくても、大声で叱ったり、たたいたりしないようにしましょう。排泄自体をいけないことだと犬が思い違いをして、隠れて排泄するようになることもあります。

例題5

「狂犬病予防法」を管轄しているのはどの省庁ですか? 正しいものをひとつ選びなさい。

①農林水産省

②国土交通省

③厚生労働省

④環境省

答えは?

③です。
犬を飼うと飼い主は「狂犬病予防法」に基づき、飼い犬の登録の申請が義務付けられています。管轄しているのは厚生労働省です。

まとめ

動物愛護社会化推進協会が主催する犬の飼い主検定は、多くの飼い主さん達がワンコの性質や正しい知識を身に付け、互いが上手に共存し幸せに暮らせるように始めた検定です。

皆さんも興味があったら次回の春に行われる試験を受けられてみてはいかがでしょう?

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 女性 のんのん

    自分が犬についてどの程度理解しているかを知るためにはとても良い方法だと思います。ただ、犬個々の性格や各家庭によって異なる部分もある為、一概にこれが合っている。これが間違えだ。とは断言しにくい部分もあります。
  • 投稿者

    20代 女性 みかこ

    飼い主検定というのがあるんですね!
    例題をやってみましたが、3つとも正解でした!
    だけど普段正しいと思ってやっている事でも、もしかすると間違っているかもれないので、この検定で自分をチェックするのも良いかもしれないなぁと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 ちびまま

    飼い主の検定がある事を始めて知りました!検定を受ける事でより愛犬との絆が深まると思うのでとてもいいと思います。
    それに基本的な知識やしつけなどの復習にも繋がったり、愛犬との生活に多少マンネリ化になった時など、勉強をする事によりモチベーションをあげる事にも繋がると思います。わたしも検定を受けようか考え中です♪
  • 投稿者

    40代 女性 こみゃこ

    飼い主検定があるのは知っていましたが、例題を通じ問題の内容を初めて知りました。例題の内容は、現在飼っている人からしたら、簡単に思えました。本などから知識として得るか、経験からの知識から得るか、良い飼い主とはなんだろうと改めて思いました。
    「飼い主になるには、これくらい覚悟して飼ってください」と問いかけるようなもので、飼う前に受けてみるのもいいですね。検定を受けて、合格したらフードやグッズ、病院での割引など、プラスになるような事があれば、普及率は上がるかもしれないと感じました。
  • 投稿者

    20代 女性 しずえ

    わたしは正直この記事を読むまで飼い主検定というものがあることを知りませんでした。飼い主検定の内容などを知ると改めて再確認したこともあれば正直知らなかったこと、間違えて覚えていたことなどもあり受ける受けないは別としても改めて勉強し直すにはとても良いことだと思いました。
    きっと間違えて覚えていたわんちゃんに対する知識があると思います。今一度確認中することでこれから先なにかを未然に防げたり、わんちゃんを大切に守れることに繋がるかもしれません。
  • 投稿者

    女性 RUKA

    知らず知らずのうちに間違った知識で犬を育てているかもしれないと思うと、このような機会にもう一度犬の知識を自分で勉強したくなりますね。
    特に間違ったしつけによって犬を怖がらせてしまったり、ストレスをためさせていると、飼い主の言うことを聞かなくなったりして、かえって飼い主のストレスになりかねません。
    飼い主のストレスが溜まって最悪の場合、保健所に預けざるを得ないってなるといけないので、犬の知識をしっかりと身につけて、育てられる人が増えるといいですね。
    私の場合、ワンちゃんのことで分からないことがあったら、たとえ些細なことだとしてもネットで調べます。
    ですがネットに載っている情報は必ずしも正しいとは限らないので、ネットの情報を過信することは良くないですよね。
    なるべく獣医さんや本など、信頼できる情報を参考にしていきたいと考えています。
  • 投稿者

    女性 Romane

    犬の飼い主検定という言葉だけは聞いたことがありましたが、詳しくは知りませんでした。
    今、ペットを飼うことが流行みたいな傾向もあったり、ペットの虐待や自己都合などで破棄したりなど本当に心が痛む出来事が増えているのも現状です。
    そんな中、やはり犬を飼う前の【心得】としてこういう検定を取得するのもいい方法だと思います。
    ただ意外と受験料がかかるんですね。
    参考問題を試してみましたが、知ってたつもりが・・・間違ってました。改めて反省です。
    検定の中身には賛否両論あるかと思いますが、知ってるようで知らないことが結構あると思うので私も受けてみようかなと少し思いました。マナーやしつけに関しては子育てと同じでワンコにもそれぞれ性格や特徴も全然違うこともあるので一概にこれが「正しい!!」ということ言えないのかな~と思う部分もありますが、もっともっとこういうことがあるんだということを知ることも大事ですね。
  • 投稿者

    女性 colo

    こういう検定があるんですね。例題を見ると愛犬家の方々には基本的な内容のようですね。テキストとかは特にないのでしょうか。
    マークシート方式なので、気負わず受験できそうです。

    難しいのは、例題3のような問題ですね。獣医さんにかかるのはもちろんだと思いますが、時間が夜中だったりして動物病院が開いていない場合は私は4番が正解だと思います。実際、嘔吐した場合は無理に食べさせたり飲ませたりしない方がいいのです。もちろんこういった場合を想定した問題ではないと思うのですが、深読みしてしまうと正しい回答がどれなのか混乱してしまいそうです。

    自分が常識だと思っていたことが実際違っていたりすることもあるので、こういった検定は正しい判断をできるようにする、いいきっかけになるかと思います。
  • 投稿者

    女性 ポムポム

    飼い主検定があるんですね。初めての犬を飼いはじめてからはや20年。知りませんでした。例題を見ながらどきどき回答。あっていてほっとしました。自分が当たり前とおもっていることから、わんこにとって大切なことまで再認識できるいい機会かもしれません。大人になってそんなに勉強はしてきませんでしたが、大好きな犬の勉強ならとてもすいすい頭に入ってくる気がします。調べてみると「基礎級」と「専門級」の2種が年2回日程が組まれているようです。「専門級」は動物に関わる有資格者など受験資格にも線引きがありますが「基礎級」は誰でも受けられようです。愛犬家としては自分の知識を再確認するためにもいいかもしれません。大人のお勉強、チャレンジしたくなりました!
  • 投稿者

    女性 コロ

    犬の飼い主検定は、犬を飼うに当たっての常識だったり、知っておいた方がいいことが問題になっているんですね。知識を深める意味でもちょっと興味のある検定です。受験料が3000円というのも良心的ですね。
    例題はクリアできましたが、犬によって違う部分があったりするのでちょっと引っかかりそうな問題もありますね。
  • 投稿者

    女性 とんかつ

    私は犬のしつけ教本のようなものをじっくり読んで、そのまま愛犬のしつけを行いましたが、その通りにいかないことがたくさんありました。
    結局我流でやってきたと思いますが、基礎にある犬の習性や健康知識はとても重要なことだと思います。
    犬を飼っているのにあまりに無知な方がいてたまに驚きますので、犬を飼う前にこれを受けなくてはいけないとかにしたらいいのにな。
  • 投稿者

    女性 たけのこ

    この検定、犬を飼う前に受検必須にして合格点が取れないと犬を飼ってはいけない仕組みにしたら不幸な犬が減るのにな、と思います。実現しないでしょうけど。犬を飼っていると自然と身につく知識かもしれませんが、事前にこれだけのことを学んでおけば安心だと思うのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。