犬はこたつで丸くなって大丈夫?

25175view

犬はこたつで丸くなって大丈夫?

だんだんと寒くなり、こたつを出した家庭もあるのではないでしょうか?そんな冬にはかかせないこたつですが、犬が入ると何か影響があるのでしょうか。

11月に入り昼間でも空気が冷たく感じるようになりましたね。我が家では既にこたつを出していますが、出した途端愛犬の「てつ」がこたつの布団にダイブしていきました。

皆さんのおうちのわんこにも、こたつが大好きな子がいるのではないでしょうか。

ですが、こたつも立派な暖房器具。年間でも今の時期から火事や熱による事故が多くなってきます。人間も十分注意しなくてはいけませんが、事故に合うのは、人間だけではありません。

「犬」が事故にあってしまうケースもあります。そんな時は、私たちがかわいい愛犬を守ってあげなければいけません。今回は犬がこたつに入ることで、何か危険なことはないかご紹介していきます。

犬がこたつに入る際に注意したいこと

こたつで寝ている犬の写真

犬にとって室内温度の適温は18度~22度といわれています。
人間の適温≠犬の適温であることを頭の中に入れておきましょう。
また犬の場合は全身がこたつの中に入るので、長時間入っていると、熱中症の症状を起こすこともあります。
そういったことが起きないよう、一緒に対策方法を見ていきましょう。

温度調節をする

こたつの温度は「弱」で

犬自身も体温調節などを行いますし、暑くなって喉が渇けば水を飲みに出てきます。
しかし、こたつの温度が「強」や「中」だと人間でも少し暑いと感じるほどなので、「弱」にして温度を調節しましょう。

定期的に電源オフ

いくら「弱」に温度を調節しているからと言っても、やはりこたつの中の温度は高いことには変わりありません。
定期的にこたつの電源を切ることで、こたつ内の温度を少し下げると良いでしょう。
また、犬だけこたつに入っている場合は、常に電源を切っておいた方が良いです。

空気の入れ替えを

こたつの中には人間の下半身が入りっぱなしなので、少なからず臭いが発生しますよね。
その中に愛犬が入っていると考えるとちょっと可哀想な気が…。
臭いが気にならない場合でもこたつの布団を少し上げて隙間を作っておきましょう。
その隙間から外の空気が入り、換気することができますし、自分から布団を持ち上げて外に出られない犬もその隙間から出ることができるようになります。

他の暖房器具のみ使う

こたつは電源を入れずただ犬が中に潜るためだけに置いておき、その部屋自体はヒーターやエアコンなどで室内温度を快適にすれば、犬に対しての害はほとんどありません。
ただし、他の暖房器具の設定温度を高めにしては意味がないので注意しましょう。

暖めすぎのサイン!?

  • 冷たい床に横になる
  • ハァハァと息づかいが荒くなる
  • たくさん水を飲む

上記の行動をとった場合は、室内を暖めすぎのサインととれますので、換気をしたり温度の調節をしたりと適温になるよう気を付けてください。

乾燥肌にご注意!

犬の皮膚の厚さは人間の約1/3しかないということ、ご存知でしたか?
冬場は私たちでさえ乾燥に悩まされるので、愛犬にとってはさらに注意が必要な季節になります。

乾燥肌の予防

乾燥肌対策としてこまめにブラッシングをしてあげたり、冬場は乾燥防止用のシャンプーに切り替えたりしましょう。
犬が舐めても良いクリームで肉球を保湿してあげることも良いかもしれません。
また、加湿器を犬がいる部屋にも置いて部屋自体が乾燥しないようにすると良いですね。

時々様子を見る

犬と一緒にこたつに入っているときは、時々を中の様子を見てください。
長時間赤外線のすぐそばにいると、低温やけどを負うことがあります。低温やけどは自覚症状がないので、私たちが気を付けてあげなければいけません。

こたつのコードを噛んでしまう

こたつのコードを噛む癖がある場合、噛み切ってしまって口の中をやけどしてしまったり、コードの一部を誤飲してしまう可能性がありますので注意が必要です。
対策として、一番はコードを噛まないようしつけることですが、それでも噛んでしまうという場合は、コードにカバーを付けたり、犬が嫌がる柑橘類の匂いをコード自体に塗っておくという方法があります。
また、外出する際はコード自体をコンセントとこたつから外しておくのもひとつの方法です。

我が家のこたつ事情

我が家でもこたつを出していますが、基本的に電源はオフな状態がほとんどです。
電源が入っていない状態でも愛犬のてつはこたつの中に潜り込むことが好きなようで、そんな様子をご紹介したいと思います。

寒くて丸まりすぎ?

顔だけ出ている写真

冬になるとかなり冷え込む朝晩には、必ずといっていいほどこたつの布団に丸まっていますが、この前は丸まりすぎて顔しか見えていませんでした。

遊び疲れた

足を伸ばして寝ている写真

おもちゃで遊んだり、家の中を駆け回った後、ふと気が付くとどこにもいなかったので、こたつの中だなと思い、こたつの布団をめくってみると足を伸ばした状態で寝ていました。
その光景が面白くて撮影し文字を入れて、家族へ送りました。

おもちゃで呼び寄せる

半分だけ顔を出している写真

こたつの中に潜りっぱなしの時は、おもちゃで遊ぼうと呼びかけ出てくるまで待ちます。
前まではこの方法で呼び寄せることができたのですが、最近では中々思い通りに出てきてくれません。
現在は他に何か良い方法がないかと模索中ですが、それまでは無理やりこたつから出しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人間でも良く「こたつで寝ると風邪をひく」といわれているように、長時間入ることは良くありません。
入っている時間の長さや温度調節、換気など、たまには愛犬の様子を見たりと私たちも一緒に気を付けることが必要ですね。
また、コードに関しては危険が伴うこともありますので、既に噛み癖がある場合は早急に対策を考えましょう。

こたつ以外の暖房器具にも言えることですが、外出する際や就寝する際の電源の消し忘れには十分注意して、快適にこれからの時期を過ごしていきたいですね。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 20代 女性 らずべりー

    可愛いですね!コタツの中で伸びをしたり、丸くなったり。〝犬は喜び庭かけまわり、猫はこたつで丸くなる♩〟と歌がありますが、わんちゃんも寒いですよね、丸くなりたくなりますよね!
    我が家でもこたつを出してます〜あったかいし快適だし最高です!!こたつ以外のその他の暖房は、基本的にエアコンのみであったかくなるので他の暖房器具は使用してません。
    我が家のワンコたちは、今のところこたつの中には入らないですが、こたつに入ってこたつ布団をかけたわたしの膝の上で寝るのが好きみたいです。あったかくて気持ちいいのかしら?
    こたつの温度は弱か中にしていますが、こたつからしばらく離れる場合は電源を抜くようにしています。もしもこたつの中に入り出られなくなったりしたら?なんて考えると心配になります。
    コードを噛むような素振りもないですが、一応念のために気をつけています。
    ホットカーペットも似たような理由で敷いてないです。
    こたつの中に入ってしまうわんちゃんがいるなら、電源はオフにしてあげたほうがよさそうですね!下にホットカーペットを敷くと、カーペットの熱でこたつの中もあったかくなりますよ♩
    冬場は特に乾燥するので洗濯物を室内干しにしたり、加湿器を使うなどしています。乾燥と部屋の温度は気をつけてあげ、わんちゃんにとって快適な温度になるよう気をつけてあげたいですね。
  • 40代 女性 かえで

     我が家のわんちゃんは、かなりの寒がりなのでこたつが大好きだったのですが、昨年熱中症になりかけてからは、こたつの電源を入れるのをやめました。
    こたつ布団だけでけっこう、暖かいので家族はみんなは満足しています。
    こたつをしていたころは、わんちゃんが、苦しそうに出てきては、息切れが激しく水を大量に飲み、体も熱くふらふらでした。
    重度の熱中症にならないように、電源を入れないことにして正解でした。こたつ布団の生地にこだわったり、座布団もふわふわにしたり、素材にこだわりました!

    寒がりなうちのわんちゃんも、気に入ってくれて、暖か
    く過ごせていますよ。
    わんちゃんがこたつに入るときには細心の配慮が必要ですね。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。