災害の際には日頃の準備とケージが大切に!

災害の際には日頃の準備とケージが大切に!

災害に備えて、わんちゃんの防災用品を揃える場合はまずは水や食料、そして、落ち着く場所としてケージを用意しておくことをおすすめします。愛犬にあわせたグッズを準備し、日頃から「ハウス」のトレーニングを行うことで、避難時にもあわてずに済むのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

##災害の際には日頃の準備とケージが大切に!##

防災意識を高めましょう

わんちゃんと一緒に暮らす方にとって、防災意識というものは実はとても大切になります。
東日本大震災では、多くの被災者が困難な生活を強いられました。実は、ペット達も同じように様々な苦労があったのです。

わんちゃんと一緒に暮らす方は、自分達の防災用品と共に、わんちゃんの防災用品も準備することが大切になります。また、万が一の際、どのように避難するのかシミュレーションを行うことも大切になります。

わんちゃんの防災用品も準備

まずは、わんちゃんの防災用品も準備しておきましょう。まずは、人間用の他にわんちゃん用のお水もストックしておくようにしましょう。普段のドッグフードは、袋を開封していない物もあらかじめ多めにストックしておくと安心です。救護や輸送手段は、人間用の食品から届き、わんちゃんのドッグフードが届くまで最低でも3日間ほどはかかると言われています。

普段のごはんで、アレルギー対策のフードであったり、病気にあわせた療法食などを食べている場合は、災害時にフードを取り寄せることが困難になります。あらかじめ、準備しておきましょう。食器や、携帯用の給水器も準備しておきます。また、フードをつめて遊ぶことができるコングなどのおもちゃも用意しておくと、わんちゃんの気分転換に効果的です。

日頃のトレーニングも大切です

防災の観点で、大切なことのひとつに、クレートを準備し、その中に入れるようにトレーニングをしておくということがあります。大きな地震が来ると、いつ落下物があるかわかりませんし、避難時に愛犬が安心して過ごせる空間を作っておくことでお互いのストレスを減らすことができます。もちろん、避難生活を送る上で、周りの方への配慮にもつながります。

クレートに関しては、キャリーバッグなどの移動用の他に、ハードケージを用意しておくことをおすすめします。バッグは移動時に便利ですが、安全性を考えるとハードケージによって愛犬の体を保護することができます。突然ハードケージに入ることは、普段クレートトレーニングを行っていないわんちゃんにとっては難しいものです。普段から、「ハウス」は落ち着くところということを覚えてもらえるようにトレーニングしておくと、災害時にも安心して過ごすことができます。

##災害の際には日頃の準備とケージが大切に!##

まとめ

最近では、ペット用避難袋も販売されています。ペット用のウェットティッシュや、うんち袋など、日頃使っているものを、多めにストックしておくことが大切なのです。防災用品には、他にも簡易トイレになるトレイなども販売されています。すぐに持ち出せるもの、自宅に取りに戻ることができる時に持っていくもの、普段から車などに保管しておくもの、愛犬にあわせて防災用品を仕分けしておくとよいでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。