愛犬に抗生物質を使用する際、気をつけておきたいこと

【獣医師監修】愛犬に抗生物質を使用する際、気をつけておきたいこと

お気に入りに追加

動物病院で抗生物質をもらったけれど、どうして飲ませなければならないの?お世話になっている先生には聞きづらい質問を、わかりやすく解説しました。どんな時に抗生物質が効果的なのか、使ってはいけない場合や気を付けたいポイントなど聞いてみたい内容になっています。しっかり読んで、かかりつけの先生と抗生物質について相談できるとよいですね。

107948view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

抗生物質とは

薬

近年動物医療の発展で、薬や医療技術の発展は、著しい物です。特に身近なところでは、動物病院で「抗生物質」をもらう機会はとても多くなったと思います。

でも、抗生物質と一言でいっても百種類以上のお薬があり、その作用もさまざな事を知っていますか?

身近に使っているけれど、実は知らない事が多い「抗生物質」。そこで今回は、そんな抗生物質について簡単に説明していきたいと思います。

抗生物質は「細菌」対策の大事な薬

抗生物質には、主に「天然の構成物質」「合成した構成物質」の2種類があります。どちらにしても、抗生物質のある場所では細菌は活動するのが苦手であると理解しておいてください。

細菌性皮膚炎を例に挙げると、細菌が皮膚を傷めつけて炎症を起こしている場所に抗生物質を塗ります。

そうすることで、抗生物質が細菌の増殖と活動を抑えてくれます。その隙に、体の免疫機能がしっかり皮膚を守り回復が早まるのです。

抗生物質の意外な使い道

毎年、犬のフィラリア予防でいただくお薬。実は抗生物質の1種です。

フィラリアは、寄生虫ですがフィラリアの幼虫は抗生物質がとても苦手です。抗生物質を与えることで、フィラリアは生きていられなくなるのですね。

細菌もフィラリアも、生物の一種です。抗生物質は、動物には害が少なく寄生虫や細菌を弱らせて殺す作用のあるお薬だと理解してください。

抗生物質が必要になる場合

寝ている犬

抗生物質には、いろいろな使い方があります。注射・飲み薬・塗り薬・シャンプーもあります。

それぞれ、必要な場所や効果に応じて獣医師がきちんと選んでお渡ししています。この項では、日常に多い抗生物質の出番についてお話ししましょう。

お腹を壊したのに抗生物質?

獣医師として、仕事をしていて一番よく抗生物質を処方するのが下痢の治療です。

人間では、あまり頂く事はないので「不必要なんじゃないの?」と聞かれることもありますね。

獣医師が、ワンちゃんの下痢に抗生物質を処方するのは、かなり重度の腸炎であることが多いという理由があります。

人間と違って、オオカミを祖先にもつ犬は胃酸が非常に強く少々傷んだものを食べても平気です。その反面、肉食であるため腸がとても短く腸内細菌の偏りも大きいといわれています。

普段は、強力な胃酸の殺菌効果でめったに下痢をしない犬が下痢をする場合は相当の腸のダメージが予想されます。そのダメージを回復するためには、抗生物質をつかって腸内の細菌を一旦リセットするのが良いと考えられています。

抗生物質で、クリーンになった腸にもともと腸に住んでいた腸内細菌が復活することで下痢を直すことができるんですね。

皮膚炎に抗生物質は正解?

犬はもともと北の寒い地域が原産の生き物です。日本のような高温多湿の環境では、皮膚炎を起こしやすいと考えて良いでしょう。

人間では皮膚科に行くと、軟膏やクリームを処方されます。しかし、犬の場合はそうはいかないのが現実です。

「クリームはぬった瞬間なめてしまった」
「軟膏を塗ったら、余計に気にしてしまって悪化した」
という話もよく耳にします。

そこで、皮膚炎には飲み薬で抗生物質を処方することが多くなるわけです。抗生物質は、胃腸から吸収されて血液にのって皮膚のすみずみまで届きます。

抗生物質が皮膚炎の原因になっている細菌を叩くことで、回復が早くなるのですね。

抗生物質を使用する際に気を付けたい事

寝ている子犬

抗生物質は、細菌や寄生虫を殺すことができる薬です。適切な量を、適切な回数飲むことで素晴らしい効果を表します。そんな抗生物質を使うときに気を付けたい点についてお話ししましょう。

飲むのをやめさせたほうが良い場合

抗生物質を処方して、トラブルが起きることがあります。抗生物質はあくまでも薬です。体質に合わない場合は、薬を飲ませるのをやめて病院に問い合わせてくださいね。

よくある抗生物質でのトラブルとしては

  • 体質に合わず飲んで30分以内に嘔吐する
  • 抗生物質を飲ませると、非常に体を痒がる
  • 抗生物質を飲ませると下痢が止まらなくなる

抗生物質には、いろいろな性質があるため体質によっては合わない場合もあります。その場合は、お薬を交換して他の抗生物質で対応しましょう。

もらった薬は残さないで・・・

意外と多いのが、「処方された薬を全部のませない」ケースです。抗生物質は、体でトラブルの原因になっている細菌をしっかり抑えて回復を助けるための薬。

目に見えない細菌の有無もわからないのに、「良くなったように見えたからやめた」というのはよくありません。

きちんと飲み切って頂きたいのにはもう一つ理由があります。中途半端に抗生物質を飲むことで、細菌が抗生物質を学習し慣れてしまいより悪質で強力な細菌に成長してしまうのです。

「耐性菌」と呼ばれるこれらの細菌は、どんどん成長してどんな抗生物質でも倒せない菌になる可能性があるのですね。

抗生物質はオーダーメイド

獣医師があなたの愛犬に抗生物質を処方する。

この時、処方するされる抗生物質はオーダーメイドといっても過言ではありません。愛犬のその時の体重・体調・病状、すべてをしっかり診てきちんと量をきめてお渡ししています。

ですから、体重が変わったり、体調が変わって居る場合はその薬は使わないのがベストです。

他の犬の薬をもらって使うというのは、効かないだけでなく愛犬の健康を害する危険性もあります。抗生物質は、すべてに効くオールマイティの薬ではありません。獣医師の専門的な判断の上で、安全に使うようにしてくださいね。

子犬や老犬では、飲んではいけない抗生物質もある

抗生物質には、非常にたくさんの種類があります。その中には、子犬や老犬に飲ませると内臓に負担をかけてしまうものもあります。

獣医師は、薬理学においてそのようなことについて詳しく勉強しています。子犬がお腹を壊したから、といって同居の成犬の下痢の抗生物質を飲ませるのは非常に危険ですよ。

まとめ

細菌

抗生物質、というと怖い物のように思えてしまいそうですね。抗生物質は、人間が使い始めてから1世紀しか経っていません。それまでは色々な細菌でたくさんの人や犬が死んでいたということです。

抗生物質という武器を手に入れて、健康で長生きできるようになった私たち。この素晴らしい武器を、しっかり理解して正しく使うことが大事だと理解していただけると嬉しいですね。

「この抗生物質飲ませてもいいの?」
「先生にもらった抗生物質、どんな薬か不安」
「抗生物質があまり効いていない気がする」

こんな時は、悩まずかかりつけ医に気軽に相談してください。飼い主さんの不安や、お薬の効果を知ることも獣医師にとっては大切な仕事です。先生に薬のことなんて聞いたら失礼?なんて、思う必要はありません。

飼い主さんの観察眼と、獣医師の知識を合わせてベストの抗生物質を選んで早く病気を治していきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 ましゅまろ

    抗生物質について、処方された経緯や副作用などのお話を担当医から聞くことはありますが抗生物質そのものの〝動物には害が少なく寄生虫や細菌を弱らせて殺す作用のあるお薬〟というのは、当たり前なのですが改めてそうだよなぁと思いました。普段自分たちの生活でも抗生物質は身近なものなのであらためて記事を読むと参考になる事が多くて勉強にもなります。
    フィラリア薬も〝予防薬〟とイメージがありますが抗生物質なんですもんね。
    調子が悪い時に動物病院で診察を受けると抗生物質を処方されることも少なくないので、現代ではなくてはならないものですよね。

    わが家のわんこも治療中の病気があるため抗生物質などのお薬はかかせません。体重やその時の症状により薬の量を調節したりして下さっています。
    処方された飲み方など守らなければ効果が落ちることもありますもんね。
    分からないことや気になった事は獣医さんに質問していますが、人により聞きづらい人もいるんですよね。もう少し質問しやすい獣医さんが増えるといいなあと思います。
  • 投稿者

    50代以上 男性 シリウス

    犬種はブリタニ―スパニエル10才で右顎にひろく腫れができ獣医師に診察:抗生物質7日投与で使いきり5円玉程度のしこりが残り2~3日でまた腫れて診察し7日分の抗生物質(種類が違う)を投与するも腫れは少し小さくなるも以前しこり(前回よりも大きい)が残り同じ抗生物質を7日分戴くこの様な病気にかかった経験のある方はいませんか:尚只今病理検査と培養検査をお願いし検査待ちです:尚愛犬は食欲旺盛で元気すぎます。経験のある方アドバスお願いいたします
  • 投稿者

    30代 女性 愛犬を守れるのは飼い主

    獣医師がオーダーメイドで処方されるので全て飲ませて・・・とありますが、正直言って獣医師は国家資格を取っていても、その後独学で勉強しないと正しい知識のない方も沢山いらっしゃいます。
    体重の2倍の薬が出ていた・・・という事もザラのようなので、信頼できる病院を見つけないといけません。
    過剰投与は臓器不全に繋がります。
  • 投稿者

    40代 女性 ワン子

    10歳の愛犬の頬が腫れて膿んだので病院に行きました。歯周病が原因だった為、錠剤の抗生剤を頂きましたが合わず、胃を壊してしまったのかゲーゲーと吐いたり咳をしたりするよになった為、注射の抗生剤に変えてもらいました。現在経過観察中です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。