犬の『絶対に油断してはいけない瞬間』2選!散歩中や小さな子供に要注意

犬の『絶対に油断してはいけない瞬間』2選!散歩中や小さな子供に要注意

愛犬の安全を第一に!『絶対に油断してはいけない瞬間』について、油断しがちな2つのことについてまとめました。飼い主さんのちょっとした油断が愛犬を危険に晒してしまうことがあります。

お気に入り登録

油断は禁物!愛犬を守るために注意したいこと

笑顔でこちらを見つめるポメラニアン

「うちの子は大丈夫です!」と、言い切ることができますか?他人から指摘を受けたときは、つい言ってしまうセリフかもしれません。しかし、他人から指摘を受けることがあるということは、自分では気づくことができない、ちょっとした油断があるということです。

そのちょっとした油断が愛犬を危険に晒してしまっているかもしれません。今までは、何となく危険を回避することができていただけです。いつか、おそろしい災難が愛犬に降りかかるかもしれません。そうなってしまわないために、油断しがちなこと、その注意点について一緒に考える機会にしましょう。

1.犬と子供の油断してはいけない瞬間

仰向けになっている犬と赤ちゃん

犬が赤ちゃんや幼い子供を死亡させてしまう事故

犬が赤ちゃんや幼い子供にかみつき、死亡させてしまう事故が起きています。その犬は、決して、狂暴な犬種ではありません。闘犬でもありません。飼い主さんや家族と穏やかに暮らす犬です。なぜ、赤ちゃんや幼い子供にかみついてしまったのか。それは、その犬にしかわかりません。

しかし、考えられることはたくさんあります。赤ちゃんや幼い子供に対して、大人である飼い主さんや家族と同じ“人間である”と、認識することができなかった可能性があります。

犬には、動くものを追いかけ、捕らえたくなる本能があります。赤ちゃんや幼い子供を何か小動物や獲物のように捉えてしまったのかもしれません。飼い主さんや家族にじゃれるように甘噛みをしたつもりが、その相手(赤ちゃんや幼い子供)にとって、噛む力が致命傷になるような強さだった、ということも考えられます。

赤ちゃんや幼い子供が犬を傷つけてしまう事故

一方で、赤ちゃんや幼い子供が加害者になってしまうという事故も起きています。犬と幼い子供が一緒にソファーに座って遊んでいたところ、子供が犬を突き落としてしまった、という事故。

犬は両手を骨折し、手術を受けたそうです。赤ちゃんが犬に尻尾を握りしめ、つかまり立ちをする姿を見たことはありませんか?両親は思わず“可愛い♡!”と、写真や動画を撮るかもしれません。しかし、赤ちゃんは力加減を知りません。

そのため、犬が尻尾を骨折してしまった、という事故が起きています。尻尾の筋肉や靭帯が強い力が引っ張られたとき、剥離骨折をすることがあります。尻尾が強い力で握りしめられたとき、圧迫骨折をすることがあります。

2.お散歩中の他の犬との油断してはいけない瞬間

リードをくわえて座るコーギー

ノーリードでお散歩を楽しむ高齢者と小型犬

「ノーリードでお散歩をしていた犬が飛びかかってきた」という経験が何度もあります。全て同じ飼い主さんなのですが…。朝5時前の早い時間でした。ほとんど人も犬も出歩いていない時間であるため、ノーリードでお散歩をしても大丈夫、なんて安易な考えだったのでしょう。

こちらは中型犬、相手は小型犬。ほんの一瞬の出来事でしたので、咄嗟に中型犬の愛犬を抱き上げ、相手の小型犬が私の足元に飛びかかるだけで済みました。こちらが噛みつけば、相手に致命傷を負わせていたかもしれません。

お散歩中は油断しがち!

あなたや愛犬が安全に万全な体勢でお散歩をしていたとしても、決して油断しないでください。お散歩中は、周りの様子をよく確認し、警戒し、愛犬の様子をよく確認しながら歩いてください。

聴覚や嗅覚に優れている犬ですから、愛犬の方が先に危険を察知していることがあります。愛犬の様子をよく確認しながら歩いていれば、飼い主さんでも気づくことができます。

油断していませんか?

音楽を聴きながら、携帯電話の画面を見ながら、油断してお散歩をしている飼い主さんを見ると、居たたまれない気持ちになります。数メートルはあるかと思えるリードを全開に伸ばしてお散歩をしている飼い主さんもいます。犬が近寄ってくることがあります。音楽を聴いていては、携帯電話の画面を見ていては、気づけないでしょう。

まとめ

見上げるダックスフンドの顔アップ

絶対に油断してはいけない瞬間について、

  • 犬と子供の油断してはいけない瞬間
  • お散歩中の他の犬との油断してはいけない瞬間

この2つを取り上げてみました。

実際に起きた事故や経験をもとにご紹介しましたが、あなたにも同じ経験はありませんか?これから経験する可能性は、全くないとは言い切れません。ちょっとした油断が引き起こしてしまうからです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。