危険!家の中で犬の誤飲事故が多い意外なもの4つ

危険!家の中で犬の誤飲事故が多い意外なもの4つ

「まさか、そんなもの…」うちの犬は絶対に飲み込まない!という意外なものほど誤飲しやすいです。『家の中で犬の誤飲事故が多い意外なもの』についてまとめました。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の誤飲事故の原因になりやすいもの

ソファーの上で伏せている柴犬

あなたの家にも必ずある!?犬の誤飲事故の原因になりやすいもの。今、どのようなものを思い浮かべましたか?思いもしないような、意外なものを誤飲してしまい、病院に運ばれる犬が非常に多いようです。

うちの犬がそんなものを飲み込むはずがない、という飼い主さんの安易な考えが及ぼす事故です。これからご紹介するものは、実際に起きた犬の誤飲事故をもとに、犬の体内から取り出されたものについてです。

1.子供用のおもちゃ

たくさんの種類の子供のおもちゃ

犬用のおもちゃを誤飲してしまうことはなくても、子供用のおもちゃを誤飲してしまう犬がいます。例えば、着せ替え人形の靴やバッグなど、小さな小さな部品のようなもの。

子供の誤飲事故を防ぐため、口の中に入れると強い苦味を感じる素材で作られているようなのですが、それでも犬は誤飲してしまうことがあります。幼い子供と同居する犬がいるのであれば、子供が遊んだあと、なくなっているものはないか、全てのおもちゃや部品が揃っているか、確認しながら片付ける必要がありそうです。

2.紐(又は紐状のもの)

靴の紐を噛んでいるコーギーの子犬

犬の誤飲事故の中で、最も死亡事故に繋がりやすいとされているのが、紐や紐状のものを誤飲したことによるものです。犬が紐を飲み込んでしまうと、腸に絡まってしまう可能性が高いからです。腸に絡まってしまった紐は、腸が動くたびに引き寄せられ、腸を圧迫するように、ギュッと圧縮され続けます。紐によって腸が締め付けられるように圧迫され、血流が止まってしまうことで、やがて腸は壊死します。

早期に発見されれば、手術によって命が助かる可能性があるものの、犬のカラダには、とんでもなく大きな負担がかかります。お留守番中や就寝中であれば、飼い主さんや家族に気づかれることなく、命を落としてしまうかもしれません。

3.毒物

タバコの吸い殻に顔を近づける犬

毒物と聞くと、何だか恐ろしいものをイメージしてしまうかもしれません。自分の家に毒物があるなんて考えられませんか?あなたの家の中にも、犬にとって危険な毒物は必ずあります。例えば、洗剤・石鹸・タバコ・植物・消臭剤・消毒液、化粧品などです。このような毒物を誤飲してしまった場合、激しい嘔吐や下痢の症状を引き起こします。さらにひどい場合には、痙攣や発作を起こし、昏睡状態に陥ることもあります。

そんなものを口にするわけがない、と思われるかもしれませんが、洗剤・石鹸・タバコ・植物・消臭剤・消毒液、化粧品などを誤飲し、病院に運ばれてくる犬が多くいるようです。そして、何より怖ろしいのが、その誤飲事故のほとんどが自宅で起きているということです。

4.乾燥剤

乾燥剤

犬用のおやつの袋の中にも入っている乾燥剤。シリカゲル・生石灰・塩化カルシウムなどです。乾燥剤の中でも、生石灰と塩化カルシウムは、特に毒性が強いです。

犬が口の中に入れただけで、粘膜に強い刺激を与え、炎症を起こします。シリカゲルは、毒性は低いものの、誤飲してよいものではありません。おやつの入った袋にイタズラをし、乾燥剤を誤飲してしまうケースが多くあります。

おやつをこっそり食べようとし、乾燥剤まで飲み込んでしまうのです。おやつは、愛犬が絶対に取り出すことのできない引き出しや戸棚の中に入れておくなど対処するようにしましょう。

まとめ

お座りしてこちらを見上げるバセンジー

家の中で犬の誤飲事故が多い意外なものには、

  • 子供用のおもちゃ
  • 紐(又は紐状のもの)
  • 毒物
  • 乾燥剤

などがあります。そんなもの飲み込むはずがない!と強く思っている飼い主さんもいらっしゃると思いますので、あまりピンとこなかった、という方も多いかもしれません。誤飲したものの、無症状であったため気づかれず、健康診断によって異物が発見された、という犬もいます。

あなたの愛犬は本当に大丈夫ですか?愛犬が過ごす部屋の中を見渡してみてください。危険なものは今すぐ片付けておきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。