権勢症候群(アルファシンドローム)とは?原因や否定される理由

権勢症候群(アルファシンドローム)とは?原因や否定される理由

お気に入りに追加

犬が生来持っている権勢本能と服従本能のうち、権勢本能を刺激し育ててしまったがゆえに起こる権勢症候群。起こってしまうと大変ですが、飼い主と犬がよりよい関係を築くためにはどうしたらよいかをまとめました。

28127view

権勢症候群(アルファシンドローム)とは

怒る小型犬

権勢症候群(アルファシンドローム)と聞くと医学的なことかと思いそうですが、日本警察犬協会のホームページには、権勢症候群とは、一歳前後から始まる犬の問題行動の一つであり、病名ではなく、症状のことを指す言葉だとあります。つまり、犬が飼い主より権力を持とうとしてとる問題行動が発生している状況です。

例として、飼い主の言う事を聞かない、散歩のとき犬が自分の行きたい方へ行く、飼い主を噛む、飼い主にマウンティングするなど、人間を困らせるさまざまな行動のことを言います。このような状態の犬は場合によっては、飼い主に対して猛獣のような対応をし一緒に暮らすことが困難だと感じさせるような絶望的な状況に陥らせる場合もあります。

ただ、そのような症状を見せるのには何か理由や意味があるというのがほとんどで、その原因を解決すれば治る可能性が高い場合がほとんどなのです。

権勢症候群(アルファシンドローム)は嘘?

歯をむき出しにして怒る犬

権勢症候群(アルファシンドローム)とは、強いリーダーシップを持った犬が群れの頂点にたつという性質を利用してしつけを厳しく行うことが、犬との関係をより良いものにするという考えです。

犬に言うことを聞かせるためには、犬よりも権威を持って置かなければいけないと思い、犬にツラく当たってしまったり、どれだけ可愛いと思っていても厳しくしつけを行っている人もいるでしょう。しかし、最近ではそのしつけの考えが間違いであるというのが正式に学会で発表されたのをご存知でしょうか?

アルファシンドロームによって唱えられていたリーダー論は実は間違いだったと否定されたということです。そもそも、犬は権威を持ったものに服従するとされていましたが、これは犬の祖先である狼が元となっています。

犬と狼、確かに姿は似ていますが全く別の生き物ですよね。犬からすれば「猿もゴリラもチンパンジーも人間も同じ動物でしょう?」なんて言われている感覚に近いのかもしれません。

確かに狼が祖先ではありますが、狼と犬は違う進化の過程を辿っているため、やはり違う動物となっているのです。さらにいうと、リーダーに服従をして群れを形成しているという考えも嘘だったと判明しています。群れのリーダーに従う感覚は、実は親子関係に似ていると言われています。

人間でいうところの、子供が親の意見に従うのと同じだというのです。今まで人間を困らせるような行動をして、権勢症候群だと診断されていた犬達はそのような症状ではなく、何らかの理由で人間に対して反抗期を起こしていただけだというのです。

権勢症候群のような行動の原因

怒るシェパード

権勢症候群は嘘だったと学会で発表されてはいても、人間を困らせるような行動を見せる犬がいるのは事実です。まだワガママをいうだけならば可愛いものですが、時には噛んだり吠えたりする、人間に反抗的かつ凶暴な対応をすることもありますよね。

そんな犬達は、もしかしたら人間の行動や対応によって、心が傷つきこちらに反抗的な態度をとっているのかもしれません。

例えば、手術や怪我によって痛い思いをしたことがトラウマとなって誰かに近づかれることに怯えている可能性もあります。またしつけと称して殴られたり、ひどい仕打ちをされたことに恐怖を感じて防衛のためにそのような行動をとっている可能性もあります。

さらに、満足に餌を与えてもらえなかったり、気分によって散歩に行ったりいかなかったり、遊んだり構ってあげたりするのも時々か気まぐれ。

可愛がってもらうのもひどい仕打ちをされるのも、飼い主の気まぐれだったら、犬からしてもどうすればいいのかわからなくなりますよね。しつけは大切なことですし、人を傷つけるような行為をしてはいけない、困らせるようなことはしてはいけない、という人間社会で生きていくルールを教えることは大切です。

しかし、人間が犬を支配し、自分の思い通りに動かないなら体罰を与えるようなしつけは時代遅れであり、その行動こそ権勢症候群のような症状を引き起こす原因となります。

時代遅れな、犬をただ恐怖でねじ伏せるようなしつけはやめて、人間の子供のように愛情を持って接してあげることが大切です。

ただし、甘えさせすぎると、ワガママな困った犬になってしまいますので、ダメなものはダメという毅然とした態度も忘れないようにしましょう。優しくも厳しく、そして愛情を持ったしつけを行う、それが犬と信頼関係を結ぶコツでもあります。

権勢症候群のような行動の対処法

しつけられる2匹の犬

権勢症候群のような症状が見られたら去勢をしてあげると良い。なんていう話が昔はありましたが、現在はそのようなことはありません。むしろ、去勢手術を行うことで、犬は痛い思いをして傷つけられたことに恐怖を感じてさらに困った行動やこちらに心を開かない行動を取る場合もあります。

もちろん、去勢手術を行うことは大切ですし、望まぬ命を生み出さないためにも手術を行っていただきたいとは思いますが、権勢症候群のような症状の治し方として去勢を選択するのはやめておきましょう。

ではどのように対処をすれば良いのか。正しい対処法とは、犬の気持ちに寄り添って愛情を持ってしつけを行うことです。どのようなお困り行動に悩んでいるのかは人それぞれでしょうが、しつけを行う時に気をつけなければいけないのが犬に恐怖心を植え付けないことです。

もしかしたら、権勢症候群のような症状を見せているのは、飼い主に恐怖心を抱かせているからかもしれません。しつけをしなければと、ガミガミ怒ったり体罰を与えたりするのは絶対にやってはいけないことです。

しつけを行う時のコツは、ダメなことは短くわかる言葉でハッキリと伝えること。そして、ちゃんとできたらたくさん抱きしめて褒めてあげることです。犬は大切な家族であり、飼い主にとって子供でありパートナーです。そんな大切な家族を、恐怖で支配するのはよくありませんよね。

権勢症候群にならないように、厳しくしつけを行っている方もいらっしゃるでしょうが、その恐怖と痛みで行動を制限しようとする対処法こそが、犬にストレスを与えて反抗的な行動をさせているのかもしれませんよ。

権勢症候群のような状態になりやすい犬種

拒絶する柴犬

権勢症候群のような症状とは、自我が強く、気の強い犬がなりやすいのです。どのような犬がなりやすいかは、その犬の生まれ持った性格が大きく関係をしていますが、主に以下のような犬になりやすいと言われています。

  • 柴犬
  • トイプードル
  • ポメラニアン
  • チワワ

これらの犬に共通して言えることは、飼い主には忠実だけれども警戒心が強く、頭が良い犬種であるという点です。大変頭が良い犬であるため、人に対して警戒心も強くなりますし、自分が何をされているのか、相手がどのような感情を自分に抱いているのかというのも敏感に察知できる感受性の強い犬種だからこそ、権勢症候群のような行動をするのです。

飼い主であっても、自分を支配しようとする相手や、自分に痛みや恐怖を与えようとする相手には威嚇をするのは当たり前ですよね。逆に何を言っても甘やかしてくれる飼い主にも、言いたい放題、ワガママ放題の犬となってしまいます。

困った犬にならないようにするためには、子犬の頃からしつけを行うのと同時に信頼関係も築けるようにしておくのが大切です。犬を自分の支配下におくのではなく、自分の子供を育てるように社会のルールを学ばせるという感覚でしつけを行うとうまく行きやすいですよ。

まとめ

柴犬の子犬

権勢症候群というものはないというのが、現在の常識であり、犬に対してしつけを厳しく行い、マウントを取り、完全に服従をさせるしつけは行うべきではないというのが正しい見解です。とは言っても、実際に犬のしつけを行っていると、どうしても困った行動に悩まされることもありますよね。

そんな時「自分は犬になめられているから?」「犬が自分を下に見ているから?」と、いう気持ちが芽生えきつく当たってしまったり、恐怖や痛みで犬を服従させようという気持ちになってしまうこともあります。

しかし、それでは犬と良い関係を築けたとは言えません。犬と人間の間に必要なのは「信頼関係」です。犬が権勢症候群のような困った行動を見せたならば、そこには言葉を喋れない犬の必死の訴えがあります。言葉のわからない犬にとって、人間社会のルールを学ぶのは大変なこと。

しかし、それを愛情を持って教えてあげるのが親代わりである飼い主の仕事です。そこに、犬を服従させることは必要ありません。犬を信頼し、愛情を持って根気よく教えてあげれば犬も必ず答えてくれます。

それでも難しいならば、信頼できるドッグトレーナーを探してしつけについて学んでみましょう。ただし、ドッグトレーナーの中には古い知識である権勢症候群を信じて実行している方もいます。

様々な考えを持っている人がいるでしょうが、学会ではそのようなしつけは犬に悪影響を与えると発表されていますのでやはりおすすめはできません。できるならば、犬と信頼関係を築くことを大切にしているトレーナーを探す方が良いでしょう。

犬を家族に迎えた以上、犬にとって幸せな生活、幸せな一生を送らせてあげるためにはどうすればいいのか、そのことをしっかりと考えて、たくさんの楽しくて心温まる思い出を築けるようにしましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 シュナ

    権勢症候群、犬を飼っていく上で飼い主にはとても重要なポイントですね。愛犬と仲良く、楽しくよりよい関係を築きたい、飼い主の方はみんな思っていることだと思います。1歩間違えば、犬にリーダーの行動をとらせてしまうことになります。最近はネットでも多くのしつけの情報が流れていて、私も含めて迷われる方は多いかと思います。確かに、力(たたくなど)で服従をさせるのはいいコミュニケーションではないと思いますが、好きにかわいがるだけでは犬には伝わらないことも多い気がします。線引きは難しいところですが、私は愛犬を見ていて、自分を守ってくれる、リーダーがはっきりとわかっている状態はとても幸せそうに感じます。リーダーに従えばいい状況は犬にとって抑制ではなく精神的な安定につながるのだと思います。わかっていてもその関係を築くのが大変なのですが、、人間の生活に犬がなじんでいく、そうイメージしたらいい気がします。かわいがって、なでているだけでは犬の服従心がうまれていかないのも事実だと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 rose

    初めて犬を飼うとき、特に子犬から迎える場合は、その愛くるしい姿になかなか厳しく出来ないものです。私は子犬が何をしたら喜ぶかばかりを考えていたように思います。しまった、と気が付くのは問題行動がだいぶ確固たるものになってからで、そこから愛犬との根気比べが始まりました。
    かわいい子犬に対して、当時は本気で怒っているつもりでもまだまだ甘かったんだな、と今となっては反省することばかりです。元気いっぱい、何でも楽しいお年頃の子犬には、飼い主の怒りでさえゲームになってしまっていました。愛犬にこの怒りがどうやったら伝わるんだろう、と試行錯誤した思い出があります。
    楽しく遊ぶときと、厳しくするとき、メリハリを大げさなくらいつけないと犬はわかってくれないもののようで、愛犬が3才くらいまでは犬のしつけならぬ、まずは飼い主のしつけのような時間を過ごしました。
  • 投稿者

    30代 女性 モカ

    犬を飼う前に知識として本やネットからいろいろな情報を取り入れて勉強をしました。しかし本やネットは一般的な事柄が中心で(あたりまえなのですが)飼ってみて実際はうまくいかない事ばかり、でもそれらを参考にして躾をしてきました。家族の中で私や夫のいう事は聞くけど小学生の息子のいう事は全く聞かず、手を出すと噛む、マウンティングをするという事が暫く続いて大変な時期がありました、これはわんこと息子双方に丁寧に教えていかなくてはならず、わんこと言うより息子に問題アリなのですが低学年の息子はどうしても遊び相手としてわんこをかわいがるのでわんこに自分より上と認めてもらうまでかなり時間がかかりました。今は二代目わんこですが、息子も大きくなりもう慣れたもので躾をしてもらっています。
  • 投稿者

    30代 男性 かずま

    権勢症候群は、2008年にアメリカ獣医動物行動学会が正式に否定の見解を述べているのでそういうものはないです。むしろそれに基づいたトレーニングは行うべきではなてとされています。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    権勢症候群と分離不安症候群の犬(トイプー・メス・6歳)を預り日々リハビリしていきます。ケージに入れれば飼い主に唸り声をあげ吠えかかり、ハウスと言っても逃げて捕まえようとすると噛みつこうと牙をむき、幼児の事は順位が下すぎてほぼ無視・・・ですが子供が犬と遊びたいと言ってぬいぐるみを触ろうとすればすぐさま奪い返し(犬からの子供の教育)に向かってくる・・人にも犬にも唸り吠えかかり、夜の寝室で泣きそうになりながら打開策を常に模索して一カ月ほど・・やっと光が見えてきました。分離不安も有る為、ケージ内を変え、最低限の接触、まずはスワレの命令の徹底、他の犬や人との接触の多い時間帯に散歩をし(一日2回最低30分)何事も人優先を目の前で行い(子供を可愛がる様も目も前で)、何より“喧嘩”をしました。犬と人の1対1の喧嘩です。唸って噛みつこうとした瞬間、犬の首元を押え腹の皮を少しばかり手荒にひっぱりました。キャン!との鳴き声を上げ 一回目の喧嘩は勝ちました。これは、犬種・毛色・個体別の性格差もあるので 対象となる犬に合わせた方法が望ましいので必ずしも全ての犬に当てはまるわけではありません。ただ、我が家で預った犬に関しては 服従心、忠誠心が弱く負けん気もあり 何より噛みついて来ようとしたので対処しました。犬でも馬でもそうなのですが、売られた喧嘩は何が何でも人が勝たなくてはいけません。一度でも負けてしまうと 次に乗り越えるのはハードルが何倍にもあがってしまう(一度負けさせたという経験を犬に積ませてしまう)為、上位順位を獲得するのが大変難しくなってしまうのです。家に小さな子供がいる場合には その子を守る為に何が何でも犬より順位が上でなくては守れません。必死でした。順位が入れ替わった当初は 犬も常に上位順位を狙うため 2,3回 唸る噛みつこうとする等の行動の際に喧嘩をし その度に勝ちました。そうなると順位が確定しはじめ、人が優先権を得ることにより 目の前で行う行動にもより意味を持たせる事が出来るようになりました。より強く 安定したリーダー(α)を獲得した事により犬にも段々と素直に従う様が見えてくるようになりました。預って一カ月を過ぎた頃になりますが、子供の命令にも従うようになってきました。まだまだ安心はできませんが、我が家に来た当初を思えば 随分と成長をしたと思います。それでも2つの症候群を治すのに時間はかかります。犬の問題行動に向き合うには まず自分自身ととことん向き合わねばならず(精査分析等も含む)辛い時もありますが、そのお陰でほんの少しづつではありますが、犬の状態がよくなりつつあります。犬は自分の鏡のような存在、自分の心を正しく開いて接すれば、応えてくれると信じています。飼い主の皆様 色々大変ではありますが 頑張っていきましょう!
  • 投稿者

    40代 女性 WOOF

    「権勢症候群」や「アルファシンドローム」などというものは、すでに時代遅れの俗説にすぎません。主従関係ではなく、信頼関係を築くことに集中しましょう。
  • 投稿者

    女性 カモノハシ

    うちの犬は愛玩犬だからか、特別なしつけはして来ませんでしたが、記事にあるような行動はしないまま成長しました。ペットとして改良された犬種だから元来そういった素質があまりないのかもしれません。野生に近い犬種はしつけが難しいというのは、こういった性質が強いからなのでしょうか。
  • 投稿者

    50代以上 女性 菜の花

    「権勢症候群」とは、昔流行った俗語であって現在は完全否定されています。

    いまだネットでみかける狼の群れを参考にしたリーダー論やアルファ論に関しては、
    その元になった狼の研究者であるDavid Mech本人が狼の群れ内アルファ説は間違いであったと後々発表しています。それが、たしか1999年頃だったと思います。
    その後、2008年に米国獣医動物行動研究会(AVSAB)がアルファ論を支持しない声明を発表し、犬の飼い主に注意を呼びかけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。