裏庭でネグレクトされガリガリに…救われた犬と飼い主への実刑判決

裏庭でネグレクトされガリガリに…救われた犬と飼い主への実刑判決

きちんと飼育できないのに犬を飼い、挙げ句の果てにネグレクトで痩せ衰えさせてしまう飼い主はどこの国にもいるようです。オーストラリアで劣悪な状態から保護され、その後幸せに暮らしている犬をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

幸せなセカンドチャンスをつかんだ犬

通報

2017年11月、RSPCA 南オーストラリアのインスペクターであるシェリーさんが、1件の通報を受けて現場に向うと、民家の荒れた裏庭に痩せ細った犬がいました。犬にとって最悪の環境です。

保護

その犬の名前は「クーパー」、犬種はスタッフォードシャーブルテリア(スタッフィー)です。

発見当時、適性体型を示すボディスコアが9段階のうちの1だったと言うのですから、いかに痩せ細っていたのかが分かります。

強制執行

クーパーの体はとても危険な状態でした。

インスペクターとして強制執行の権限を持つシェリーさんは、不在だった飼い主からクーパーを「押収」して直ちに獣医に連れて行くことにしました。

シャリ―さんは、犬をこのような状態にしてしまったことを正当化する理由はまったくないと判断しました。

そして後にシェリーさんが飼い主と面談すると、その家には他にも2匹の犬が保護を必要とする状態で放置されていました。

飼い主は有罪となる

飼い主には、ネグレクトの罪で執行猶予付きの実刑判決が下されました。

そして、かかった費用の1,565豪ドルの支払いと、生涯にわたる動物飼育禁止が言い渡されました。

セカンドチャンス

クーパーは、新しい飼い主のリーさんのもとで元気に暮らしています。肉付きも良くなって健康そうですね。

子供たちとも大の仲良しです。

最後に

動物に愛情を持って飼育できない人たちに、裁判所から「生涯にわたる動物飼育禁止」命令が下るのはとても良いシステムのように思います。虐待される動物が少しでも減ることを願ってやみません。

そして、シェリーさんは壁に貼った「クーパー」の写真に励まされながら、今日も動物虐待防止のために取り組んでいます。

新しいお家で幸せに暮らすクーパーの姿をこちらの動画でぜひご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA South Australila

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。