仲良し男女犬をレスキュー。萎縮していたのは痛みのせい?

仲良し男女犬をレスキュー。萎縮していたのは痛みのせい?

路上で暮らす2頭の犬のペア。犬に物を投げたり、ナイフを持って追いかける人がいるという、ちょっと物騒な地域で2頭を助けたのは、口は悪いが涙もろい男性でした。

はてな
Pocket
お気に入り登録

性格が正反対な凸凹コンビ

通報・発見

2年以上、路上生活を送る2匹の犬の保護依頼に、保護団体HOPE FOR PAWS が出動しました。

どうやらこの辺りは、ちょっと危険な香りが漂う地域のよう。犬たちは物を投げつけられたり、時にはナイフで脅されたりしたようです。連絡をくれた男性も、放送禁止用語を発して口が悪いですが、この犬たちには情が移ったよう。

メスは尻尾を振って保護団体メンバーを大歓迎してくれました。

パートナーのオスは気後れしています。左右の耳のアンバランスがキュート。

家の裏の狭いすき間に逃げ込みましたが、少しだけ触らせてくれました。うまく行くでしょうか?

保護

奥から世話をしていた男性も来て、はさみうちのかっこうです。犬がためらっているうちに、するっとリードを首にかけました。

この男性、自分では世話しきれないから、名前もつけなかった、と思わず涙。そんな男性を、犬も振り返って見つめています。

「この子はあなたに感謝しますよ」と、保護団体メンバーは、犬より男性を慰めています。

緊張して動かないオス犬「ジョージ」を抱え上げて、車へ連れて行きました。重そう…。メスの「アイリーン」は男性のリードで元気よく歩いています。2頭のギャップがおもしろい。

アイリーンは自分から車に飛び乗り、すっかりリラックス。一方のジョージは、ケージの中で縮こまっています。怖いけど、仲良しのアイリーンが一緒にいてくれてよかったね。

ケア

病院で、まずは体を洗います。アイリーンはどこまでも朗らかで嬉しそう。周りを明るくしてくれるタイプの女の子ですね。

ジョージの足の骨にガンが見つかり、命を助けるために、手術で足を切断しなければなりませんでした。ジョージが萎縮していたのは、痛みや動きづらさなども原因かもしれません。

3本足になったジョージは、訓練施設でアイリーンと再会。一緒に家庭犬としての訓練を受けることになりました。

この2頭を一緒に引き取ってくれる里親さんを探すそうです。

その後

訓練施設では人への接し方などを練習しますが、何よりジョージの萎縮した心を開放してあげたいですね。動画では少し、その兆しが見えてきます。

アイリーンとジョージのでこぼこコンビ、それに口が悪くて涙もろいあの男性!の動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。