保護した小型犬から母乳が…生まれたばかりの子犬も一緒にレスキュー!

保護した小型犬から母乳が…生まれたばかりの子犬も一緒にレスキュー!

小型犬を保護すると、母乳が出ています。子犬は1匹だけ生き残っていたようです。犬の親子のかわいい動画、というだけではなく、米国だけの問題ではなく、私たちの問題として、犬の幸せを一緒に考えましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

前足をつかまえた!

通報・発見

ロスアンジェルスでは、何千頭という数の犬が路上暮ら強いられているといいます。そのほとんどは去勢・避妊をしていないため、不幸な子犬が次々に生まれているのです。

そしてここにもそんな路上暮らしの犬が1匹。

保育園の敷地に居ついた犬の保護依頼を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS が現場に到着しました。食べ物を投げてみると、車の下から出てきましたが、あまり興味を示さず車の下に再びもぐってしまいました。

人は四つんばいになって、犬に声をかけながらのぞきこみます。指の臭いをかいでくれました。

人も犬も、緊張をやわらげるためにあくびが出ることがあるといいますね。雰囲気としては、いい感じです。

あ、尻尾を振った!

つかまえた!

いい感じだったのですが、「ポケットのリード、取って。」などと団体メンバー同士のやり取りに、迫りくる危険を察知したのかもしれません。犬は、立ち上がって離れようとしました。

メンバーは慌てて前足を握ります。これは危険!真似してはいけません。噛みつかれる恐れもありますよ。

本格的に逃げようと暴れ出し、犬はキャンキャンと悲鳴を上げ、画面に砂ぼこりが舞い上がります。そのまま前足を持って引きずり出しました。

引き寄せて、少し落ち着かせます。犬は恐怖でオシッコをもらしたのかな?メンバーのズボンが濡れています。

子犬がいる?

赤いリードをかけて、「足をつかんでごめんよ」と謝りました。まだ少し逃げたそうな犬を落ち着かせます。

ここで新情報。この「ペチュニア」の乳房から、母乳が出ているのです。ということは、子犬がどこかにいる?

協力者と共に探すと、いたー!茂みに生後2日程度の白い子犬が1匹、コロンと転がって、イゥ、イゥ、イーゥ、とのどを鳴らしています。さっそく「ペタルス」と名前を付けました。

でも1匹だけ?1時間かけて、もう他に子犬はいないことを確認しました。

メンバーの家に連れ帰りました。ペチュニアは一生懸命、ペタルスを世話します。ペタルスは元気に母乳を飲みます。

ペタルスの目が開いた!他の犬も子犬の成長を見守ります。

その後

ペチュニアもすっかりくつろぎ、ペタルスはすくすくと育って、歩けるようになりました。幸せな親子ですが、彼らも里親さんを必要とする大勢の犬たちのほんの2匹です。かわいい親子の動画を見て癒されながら、このことを一緒に考えましょう。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:HopeForPaws-OfficialRescueChannel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。