人が怖くてもパートナーを気遣う優しさ…カップルのピットブルをレスキュー

人が怖くてもパートナーを気遣う優しさ…カップルのピットブルをレスキュー

4ヵ国のボランティアが協力してピットブルのカップルを保護。1頭ずつつかまえると、おびえていましたが、2頭が再会すると、少し落ち着きを取り戻しました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

トラックの下をあちらへこちらへ

通報・発見

トラックの修理場に半年居ついている2頭のピットブルの保護依頼を受け、保護団体HOPE FOR PAWS が、終結したボランティアと共に動きます。

アメリカ、イギリス、オーストラリア、コスタリカ出身のボランティアたちが、にわか国際保護団を結成しました。

トラックの下に隠れている犬を、プラスチックフェンスで囲います。

協力して保護活動

とても入り組んだ作業場で犬を追う人の息もあがっています。

オス犬に近づくことができました。攻撃的にならないタイプのようです。慣れないボランティアにはラッキーでした。

保護団体のリーダーが、ボランティアたちに声をかけながら、うろうろ逃げ回る犬を追います。

犬が大人しくしていてくれたので、ボランティアの1人がワイヤリードをかけることに成功しました。

犬は震えています。

震えながらも、触らせてくれました。犬にしてみれば、攻撃をしないで受け入れるのは、勇気のいることです。

次にもう1匹のメスを探します。

メスの方はさらに怖がっていて、荷物の箱の山をよじ登って逃げて行きます。

彼女は狭いトラックの間や下をちょろちょろと逃げ回ります。

そして彼女は、つかまったパートナーの元に行きました。 パートナーのことも心配なのでしょうね。

その後も彼女は10分ほど逃げ回りましたが、やっとつかまえさせてくれました。

再会

パートナーと再会すると、メスも少し落ち着きを取り戻したようです。メスを「ロイス」、オスを「クラーク」と名付けました。

病院でも2頭はお互いを気遣う様子です。

その後

慣れてしまえば、ロイスはとても表情豊かで人懐こくなりました。あまり感情を見せなかったクラークも徐々に人に慣れ、尻尾を振って人に寄っていくようになりました。

保護団体は、2頭を一緒に引き取ってくれる里親さんを募集するようです。このかわいらしいカップルを引き離すことは、できませんね。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。