炭疽菌を使った新しい治療法で犬の膀胱癌が縮小!

炭疽菌を使った新しい治療法で犬の膀胱癌が縮小!

炭疽菌を使って膀胱癌を治療する新しい方法が開発され、犬の膀胱癌に良好な結果を出しています。その内容をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

恐ろしい炭疽菌が治療に役立つとは?

顕微鏡を覗く科学者

アメリカのパデュー大学の生化学および細胞生物学の科学者が、炭疽菌を使って犬の膀胱癌の治療を行い、良好な結果を出していることが報告されています。

炭疽菌は毒素を放出して皮膚に潰瘍を作り、肺炎、筋肉および胸部の痛みを症状とする炭疽症を引き起こします。さらに炭疽菌は生物兵器としての利用の歴史でも悪名高いため、大変恐ろしいものとして印象付けられています。

しかし、この恐ろしい炭疽菌が膀胱癌の治療に役立つというのはどういうことなのでしょうか。

炭疽菌がガン細胞だけを狙い撃って排除

驚いた表情のラブラドールとクエスチョンマーク

研究者は膀胱癌の細胞の表面に存在するEGF受容体にくっつくEGFタンパク質を持つよう炭疽菌を改変しました。この改変した炭疽菌の薬剤を膀胱内に直接投与して治療を行います。

膀胱には独自の保護層があり、これによって膀胱内の正常な細胞は炭疽菌から保護されます。ガン細胞の表面のEGF受容体が炭疽菌のEGFタンパク質と結合すると、ガン細胞が炭疽毒素の影響を受けてアポトーシスと呼ばれる細胞死に至ります。正常な細胞は影響を受けないというのは、副作用の少ない治療法であることを示しています。

もう打つ手がないと言われた膀胱癌の犬の治療を開始

病院で治療を受けているゴールデンレトリーバー

次の段階では、採取した細胞で結果を確認するだけではなく、実際に膀胱癌にかかっている犬の治療に取り掛かりました。パデュー大学獣医病院で診察を受けている膀胱癌の犬たちのうち、従来の抗ガン剤治療が効果を現さず、他に打つ手のなかった6匹が対象となりました。

カテーテルを使って膀胱に直接薬剤を投与する方法で2〜5回の治療を行った後、犬たちの腫瘍は平均30%縮小したことが確認されました。他に打つ手がなくなり腫瘍がかなり大きくなっていたことを考慮すると、これは特筆すべき結果と言えます。
また、他の副作用は引き起こされませんでした。従来の抗ガン剤の副作用と比較しても、これは大変大きなメリットだと言えます。

研究者は今後他の種類のガンにも治療を拡大し、最終的には人間のガンの治療に炭疽菌を利用したいと考えているそうです。現行の膀胱癌の治療は1回に数時間がかかる患者に負担の大きいものですが、この方法では数分に短縮できるというメリットもあるそうです。

まとめ

獣医さんに抱かれて笑顔の犬

アメリカで炭疽菌を使った膀胱癌の新しい治療方法が開発され、膀胱癌を患っている犬たちの治療に良い結果を出していることをご紹介しました。

ガンは常に犬の死因の上位を占めている厄介な病気ですので、新しく効果的な治療方法が開発されるというのは心強いことです。治療そのものの負担も副作用も少なく、確実に効果を見せているこの治療法が、一日も早く実用化されてほしいと思います。

《参考URL》
https://theconversation.com/anthrax-vs-cancer-researchers-harness-the-deadly-toxin-to-cure-dogs-and-hopefully-people-128279
https://www.purdue.edu/newsroom/releases/2019/Q4/anthrax-may-be-the-next-tool-in-the-fight-against-bladder-cancer.html

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。