閉じ込められ脱水状態のシェパードを保護。首に刻まれた深い傷

閉じ込められ脱水状態のシェパードを保護。首に刻まれた深い傷

人があまり立ち入らない敷地内に閉じ込められた若いシェパードを保護。首回りには、かつてきつく締まっていた首輪のために、深い傷が残っていました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

出られなくておろおろ

通報・発見

倉庫のような敷地内に犬が閉じ込められていると通報があり、ロスアンジェルスの保護団体 HOPE FOR PAWS が出動しました。

この施設は時々しか人が来ないとのことで、犬は開いていた時に迷い込み、閉じ込められたようです。水も食料もなく何日か過ごしたようで、脱水状態でした。

施設の管理者に連絡すると、翌日に来るとのこと。水と食べ物を置いて、翌日出直します。犬は若いシェパードのようですね。

保護

翌日さっそく再訪すると、犬はまるで保護メンバーが戻るのを待っていたように、閉じた門の向こう側に座っていました。メンバーを認識して、尻尾を振っています。

門が開くと、犬はすぐにやってきました。首には首輪がきつく締められたような傷がありました。そのためリードをかけずにケージを使います。犬はすんなり入ってくれました。

名前を「エルサ」とつけました。

すぐに病院へ向かいます。落ち着いている様子です。

ケア

病院での検査です。動画にぼかしを入れるほど、首まわりの傷は深いものでした。さらに足の骨折もしていました。

こんな怪我を抱えているにもかかわらず、人に馴染み、とても大人しいエルサです。

見てください、この笑顔。つくづくかわいいですね…。

立派な尻尾を振って、たわむれています。もう1人ぼっちじゃないね。

その後

怪我から回復し、エルサは一時預かり施設で暮らしながら、里親さんとの出会いを待ちます。(追加情報:預かり施設のページでは現在エルサは見当たらないので、すでに里親さんが見つかった模様!)

施設の人や仲間の犬たちと思い切り遊ぶエルサは、大型犬のかっこよさと、かわいさをかね備えています。動画をお楽しみください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。