犬の全身麻酔が必要な処置とは?そのリスクや費用について

犬の全身麻酔が必要な処置とは?そのリスクや費用について

多くの飼い主さんが、犬の全身麻酔には危険を伴うということを見聞きしたことがあるのではないでしょうか。そのため、愛犬に全身麻酔は怖い、と思っている方も少なくないでしょう。しかし、犬が適切な治療を受けるにあたって、全身麻酔が必要なことも多々あります。いつ何が起こるかはわかりません。そのときになって焦らなくてもいいように、犬の全身麻酔について理解しておきましょう。

はてな
Pocket

犬の全身麻酔が必要な処置

麻酔を吸引して診察台で寝ている犬

犬は人間と違って、息を止めり、じっと同じ姿勢でいることはできません。なぜ自分が動物病院につれてこられ痛いことをされるのかなど、理解することもできません。

全身麻酔は犬にとって、検査や治療を行う上でストレスや恐怖を軽減させたり、痛みを感じさせない、動いてほしくない場面などに必要です。

全身麻酔にはリスクが伴いますが、麻酔をかけてでもやったほうが良い処置がある、麻酔のリスクよりも何もしないリスクのほうが上回る、といった場合に選択されます。では、犬の全身麻酔が必要な処置とはどのようなものがあるのでしょうか。

避妊手術・去勢手術

多くの飼い主さんが、犬の避妊手術や去勢手術を考えるでしょう。避妊や去勢手術は発情によるストレスの軽減や、問題行動の予防、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症などの病気の予防にもなるため、獣医師から勧められることもありますね。

去勢手術であれば15分程度、避妊手術であれば30分程度と手術時間としては短いものですが、人間のように局所麻酔でじっとしておくことができない犬には全身麻酔が必要となります。

歯石除去などの口腔内処置

歯石除去や抜歯、口の中の疾患などの処理を行う際にも、全身麻酔が欠かせません。無麻酔で歯石除去を行ってくれる動物病院もありますが、無麻酔では歯肉の奥の歯石を取り除くことができないため、あまり意味はないとされています。

歯石除去や抜歯などを行った方は、その痛みがどれほどのものか想像することができると思いますが、無麻酔の処置では痛みや恐怖から誤って獣医師を噛んでしまったり、なぜその処置が必要か理解できない犬に与える痛みのストレスは、計りしれないものがあります。

処置中に動いてしまって適切な治療や止血ができなかったり、他の口腔内を傷つけないためにも、全身麻酔での処置が必要なのです。

安静が必要な検査(CT検査など)

通常、犬の検査はレントゲン、エコー検査、心電図、血液検査など、全身麻酔の必要がない検査が行われます。

しかし、それらで原因がわからない疾患や、脳疾患、神経疾患、腫瘍、ヘルニア、骨、脊髄、関節などの詳しい検査になると、より精密な断面画像や立体的な画像が必要となり、CT検査やMRI検査、場合によっては内視鏡での検査を行うことになります。

CT検査は10分程度、MRI検査は30~60分程度ですが、犬が動いてしまうと正確な検査ができないため、全身麻酔で眠らせる必要があります。

犬のどこを検査するかによっては、無麻酔でCT検査やMRI検査を行ってくれる動物病院もありますが、より正確な診断を求める検査では全身麻酔が必要となります。

外科手術

人間でも外科手術を受ける際には麻酔が使用されるように、犬の外科手術にも全身麻酔は欠かせません。メスで体を切られるのですから、動いたら危ないですよね。内視鏡を使用した手術であっても同様です。

犬に行われる外科手術は多岐にわたります。人間と違って、犬は何をされるかわからないという不安や恐怖から、パニックにもなりますし、痛みにも耐えられません。安全に確実な手術を行う上で、全身麻酔はとても重要なのです。

安静が必要な治療(放射線治療や透析など)

放射線治療や透析などの処置は、全身麻酔をかけて行われます。人間であれば麻酔の必要がない処置ですが、犬にこれらの処置を施す場合は、全身麻酔によって動かないようにしなければいけません。

犬の全身麻酔のリスク

麻酔で眠る犬を撫でる獣医師の手

犬の全身麻酔で、一番気になるのはそのリスクではないでしょうか。犬の全身麻酔が危険という話が有名なのは、どんなに獣医師が気をつけていても実際に300~1000頭に1頭の割合で命を落としてしまうことがあるからです。これは人間の10倍ほどの数字です。

この数字には、緊急手術や脳や心臓といったハイリスクな手術も含まれているため、死亡率が高く計算されることとなるのですが、中には事前検査を行わず避妊手術をして命を落とした、という事例もあります。

動物病院では人間のように麻酔科医が必ず手術室に入り、麻酔の管理を行うという場所はそう多くありません。動物の麻酔科医が限りなく少ないということもあり、大抵は獣医師や麻酔担当の看護師が行っています。

その犬その犬で麻酔の種類や量が違うため、麻酔を担当する人の知識と経験にかかってくるのですが、多くの動物病院が全身麻酔での処置や手術は毎日のように行っており、事前にレントゲンや血液検査などを行って、全身麻酔のリスクが最小限になるように綿密に計画を立てるなど最大限の努力をしてくれています。

ですから、必要以上に怖がる心配はありません。年齢制限も回数制限もなく、2日続けて全身麻酔を行うこともできます。

しかし、全身麻酔には『麻酔薬』が使用されるため、副作用があります。それは犬に限らず人間でも見られるものですが、事前検査の結果によっては全身麻酔がかけられないこともあります。

一般的に高齢犬、肥満犬、短頭種、内臓疾患を抱えている犬は、全身麻酔のリスクが高まるとされていますが、若くて健康な犬でも100%安全なわけではありません。

全身麻酔をかけると、犬の体にどんなことが起こるのでしょうか?ここでは、犬に全身麻酔をかけるリスクを見ていきましょう。

生体機能の低下

犬の全身麻酔で多い副作用は、心肺機能が侵されることによる血圧の低下や、呼吸の抑制です。呼吸器障害を始めとする、循環器障害、肝機能障害、腎機能障害、ショック状態、心停止などが全身麻酔で起こり得る可能性があります。

麻酔によって脳の機能を鈍らせることが目的ですが、それと同時に犬自身で生体機能のコントロールができなくなります。

そのことから様々な内臓機能が低下するのですが、獣医師がその犬に合わせた薬の使用や人工呼吸器などで生体機能のコントロールを行います。

そのため、事前にレントゲンで心臓や内臓に異常がないか、血液検査で肝臓や腎臓に異常はないかなど検査を行うのです。場合によってはエコー(超音波)検査や心電図検査を行うこともあります。

麻酔薬に耐えられるかどうかの必要な検査ですが、すべての犬が健康な状態で全身麻酔をかけるわけではありません。その犬の状態は知ることは、獣医師が生体機能のコントロールの計画を立てる上でも大切なことなのです。

嘔吐

犬に全身麻酔をかけることになると、緊急時を除きほとんどが12時間前からの絶食と、3~4時間前からの絶水を指示されます。

これは麻酔中や麻酔から覚めるときに嘔吐してしまうと、胃の内容物を吐いてしまっても、吐き出すことも飲み込むこともできず、喉や気管支が詰まって窒息してしまったり、誤嚥性肺炎を起こしてしまう危険があるからです。

全身麻酔をした経験のある方の中には、麻酔から覚めてすぐに嘔吐してしまったことがある方もいるのではないでしょうか。

全身麻酔による嘔吐の原因は人間の場合であってもはっきり解明されていませんが、犬にも同様のことが起こるため、絶食、絶水は守ってくださいね。

腎不全・肝障害

全身麻酔に使用される様々な薬は、肝臓や腎臓などで代謝が行われます。肝臓や腎臓が悪いと、麻酔から覚めることができずに命を落としてしまったり、腎不全を起こしたり肝障害を悪化させてしまう危険があります。

しかし、肝臓や腎臓に問題があっても事前に行う血液検査で発見することができ、獣医師の判断で全身麻酔が中止となるため、回避することができます。

てんかん発作

もともとてんかん発作を起こしたことのある犬では、発作が激しくなることがあります。ごく稀ですが、今までてんかん発作を起こしたことのない犬でも、てんかんの症状が現われる可能性もあります。

てんかん発作がある犬とわかっていれば、全身麻酔を行う際に予め抗てんかん薬を一緒に投与することがありますが、突発的に出た症状では、その際に対処を行うようです。

犬の全身麻酔の種類とその費用

横になって麻酔の準備をされている犬

犬の全身麻酔は犬の意識を失わせ、筋肉をリラックスさせ、不安や恐怖、痛みを感じさせないために必要な処置です。

短時間で簡単な検査であれば、鎮静剤を使用することもありますが、長時間の検査や刺激を与えてしまう処置には麻酔薬を使用しての全身麻酔です。

ここでは、犬の全身麻酔の種類や費用について見ていきましょう。

吸入麻酔

麻酔性のガスを吸い込むことで働く吸入麻酔は、麻酔の濃度を随時調節できるため、安全性が高く麻酔の覚めも早いです。

しかし、犬にいきなりガスを吸わせるためのマスクを付けることは難しいため、導入型の注射麻酔や鎮静剤を併用して吸入麻酔を行います。

吸入麻酔中は、呼吸を確保するための人工呼吸器の送管と点滴を行い、呼吸や心電図、血圧、麻酔濃度など様々なモニターで観察しながら、その都度その犬の状態に適した薬を使用したり、麻酔の濃度を調整しながら生体機能のコントロールをしていきます。

麻酔の代謝が早く、犬の体にかかる負担も少ないのが特徴です。安全性が高いことから、短時間の処置でも吸入麻酔で全身麻酔をかける動物病院は多いです。

費用は犬の体重で異なりますが、導入麻酔の注射も含めて1時間あたり15,000円~30,000円程度です。

注射麻酔

注射をするだけで麻酔をかけることができる注射麻酔は、一定の量を注射することで一定時間の全身麻酔がかかります。

注射麻酔には基準の量がありますが、犬の個体によっては効きすぎて呼吸が止まってしまったり、効きが浅くて処置中に目が覚めてしまったり、必要上に麻酔時間が長くなってしまったりと、デメリットが多いです。

大がかりな装置を必要としないため、どんな小さな動物病院でも全身麻酔をかけることができますが、麻酔の量が多すぎたと思っても後からどうすることもできず、何も手が打てずに命を落としてしまうこともあり、あまり一般的な方法ではありません。

基本的には、基準量の注射麻酔を行い、麻酔から覚めそうになったら追加で注射を打つ、という方法がとられ、比較的短時間の処置では注射麻酔を使用する動物病院もあります。

体重によって費用が異なりますが、5,000円~15,000円程度と吸入麻酔よりも費用が安いというメリットはあります。

局所麻酔

通常、動物病院で麻酔といえば全身麻酔のことです。局所麻酔は脳に作用せず、痛みを感じる神経だけに作用するため、覚醒した状態です。動いてしまう犬に、正確に局所麻酔をしたい部位の神経に注射を打つことは不可能です。

おとなしい犬で簡単な処置であれば、局所麻酔を行うこともあります。しかし、あまり多くはありません。動物病院で局所麻酔を使用する際は、全身麻酔や鎮静剤とセットになることがほとんどです。

また、強い痛みが予想される手術でも、全身麻酔と併用して局所麻酔を使用することもあります。局所麻酔の費用は、1,500円~3,000円程度です。

まとめ:犬の全身麻酔は『必要性』を見極めることが重要!

獣医に抱っこされる犬

つい先日、我が家の愛犬は14歳半という高齢で肺葉切除の手術を行いました。肺に腫瘍がみつかり、手術しなければ余命数ヶ月とわかったからです。

高齢なので全身麻酔のリスクは高まりますが、手術をすれば根治できる可能性もあるとのことから決断しました。

肺がんが他に転移していれば手術適応外のため、事前にCT検査が必要でしたが、CT検査にも全身麻酔が必要です。

かかりつけの動物病院の獣医師と相談して、CT検査と手術を同時に行うことになりました。これまで抜歯や乳腺腫瘍、子宮摘出などの手術を受けてきましたが、その度に全身麻酔が不安でした。

いくら全身麻酔が安全な管理下のもとで行われるとわかっていても、怖くないと言えばウソになります。いつも手術が無事に終わることを祈り、手術中は気が気ではありません。

今回はそれまでと違い、長時間の大手術です。犬の体にかかる負担も増し、高齢というだけでなく不整脈の疑いや肥満気味とあって、全身麻酔のリスクが高く不安も倍増でした。

しかし、紹介された2次診療施設の獣医師は「高齢だからと諦めてしまう飼い主さんも多いですが、年齢は関係ありません。手術をするリスクとしないリスク、どちらがわんちゃんにとって良いかか考えてみてください。

もちろん、わんちゃんの状態によっては全身麻酔が行えず、手術ができないこともありますが、この子はできる状態ですよ」と、優しく言ってくれました。

その後、CT検査で転移は確認されず、愛犬の手術は無事に終わり、予定よりも1週間早く退院することができました。元気な姿を見ると、手術をして良かったと思っています。だからと言って、すべてのわんちゃんが何でもかんでも手術すればいい、というわけではありません。

全身麻酔にはリスクが伴います。病状や健康状態によっては全身麻酔のリスクを負うよりも、寿命まで薬を飲ませ続けることのほうが最適なこともあります。

犬にとって必要な検査や処置、手術を行うためには全身麻酔は欠かせませんが、その処置や手術が本当に必要なものであるのか、それぞれのリスクを考えた上で判断することが重要です。

そのためには、飼い主さんの自己判断ではなく、信頼できる獣医師とよく相談し、何が愛犬のために一番良いのかを考えてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。