名札もマイクロチップもない迷い犬が、飼い主家族と奇跡の再会!

名札もマイクロチップもない迷い犬が、飼い主家族と奇跡の再会!

狭いすき間に隠れていた犬を保護。世話をされた飼い犬だったようですが、名札もマイクロチップもないため、身元はわかりません。インターネットの「迷い犬」サイトをくまなく捜索して、ついに、幸運にも家族が見つかりました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

どうやってそこに入ったの?

通報・発見

ガソリンスタンドのプロパンガス置き場の下に犬が居ついているとの通報で、保護団体HOPE FOR PAWS が出動します。狭いすき間で縮こまっている小さな犬でした。

保護

ワイヤリードを首にかけて引き出しますが、犬は全力で抵抗します。

それにしても、どうやってこんな狭いところに入り込んだの?無理に引っ張ると、関節脱臼などさせてしまいそうです。

左側に見える、赤い金属棒を差し込んで、重いキャビネットを一瞬持ち上げ、タイミングを合わせて犬を素早く引き出しました。

小さな犬は興奮して跳ねたり唸ったりしましたが、すぐに落ち着きました。

マイクロチップななし、首輪に名札もなし。保護メンバーは、「花火におどろいて逃げ出した犬かもしれないね。」と言います。確かに、体毛が短く刈ってあるところを見ると、最近まで世話をされていたと思われます。

車で病院へ連れて行く間に、「セフォラ」と名前をつけました。

ケア

病院でシャワーを浴びます。

すっかりリラックスしたセフォラは、保護メンバーにも甘えています。リーダーのエルダッドさんが、セフォラを一時預かりすることにしました。

その間に、彼はインターネットで捜索中の犬の情報を当たっていきました。すると…

朗報

1週間後、セフォラの飼い主が見つかったのです!

見つかったよ!の知らせに、後足で躍り上がるセフォラ。わかっているのかな?

その後

セフォラを探していた家族に、ついに引き渡すことができました。きっと、名前はセフォラではないのでしょう。逃げ出した状況も、元の名前も特に述べられませんが、とにかくセフォラが再会を喜んでいることは確かです。

この再会は、幸運の一言につきます。動画は、首輪に名前などの情報を記入することや、マイクロチップ埋め込みの重要性を訴えています。日本には鑑札の制度もありますね。

セフォラの喜びのダンスを、動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。