車に轢かれ道端に倒れていた小型犬を救助。無残な骨折は回復するか

車に轢かれ道端に倒れていた小型犬を救助。無残な骨折は回復するか

交通事故で道端に倒れた犬の保護。どうやら腰から下に重傷を負っているようです。どこまで回復できるでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

通りすがりの女性につきそわれ、倒れたままの犬

通報・発見

交通事故にあった犬の緊急保護依頼を受け、保護団体HOPE FOR PAWS が現場にかけつけました。

犬は道路脇に、保護依頼をした発見者につきそわれて倒れていました。意識はありますが、触ってみると体温が低いようです。立ち上がることもできないのです。

保護

ところが、タオルでくるもうとすると、怖がって一瞬牙をむき、上半身を起こしました。

その元気があることが、頼もしい!

それ以上は抵抗することなく大人しくしているので、リードをかけ、タオルを敷くことができました。時々一瞬、牙をむきます。どこかに痛みがあるのかもしれません。

反射的にかみついてしまうこともあるので、傷ついた犬の扱いはゆっくりと、慎重にします。

ほら、また。体が動かされると、時々、鼻にしわが寄ってしまうという感じです。

慎重に、慎重に。

足がだらんと垂れています。脊椎骨折のマヒでないとよいのですが。

病院へ急ぐ車中では、とても大人しくしていました。

ケア

病院で早速、診療してもらいます。その間に、犬を「ハニーペッパー」と名付けました。

骨盤とすねの骨折が見つかりました。これだけの重傷では、牙もむいてしまいますよね…。

これだけの骨折ですと、医師によっては足を切断するそうです。

幸い、ハニーペッパーを手術してくれた医師は、すべての骨折を見事につないでくれました!

その後

手術後2ヵ月の療養でハニーペッパーはどこまで回復したと思いますか?動画で確認してください!

ハニーペッパーには、愛する里親さんとの出会いという幸運が、きっときっと、訪れたことでしょう。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。