荒涼とした砂漠に捨てられ生き延びた犬に、ハッピーエンドを!

荒涼とした砂漠に捨てられ生き延びた犬に、ハッピーエンドを!

砂漠地帯に捨てられた犬は、タイヤ修理の店の主人がくれる食べ物で、細々と、びくびくと生きていました。保護された後は、とんとん拍子でハッピーエンドまで突き進みます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

人が嫌いじゃない、けど怖い。

通報・発見

カリフォルニアで、荒涼とした砂漠地帯に遺棄された犬の保護依頼が入りました。食べるものを探して、頻繁に高速道路を横断しているとのこと。非常に危険です。

保護団体HOPE FOR PAWS が到着すると、タイヤ修理の作業所に身をひそめる犬を発見しました。

作業所は無人。鍵がかかったフェンスの中にいる犬に声をかけていると、センサーが作動して、アラームが鳴り響きました!

所有者に連絡し、犬を保護しに来た旨を説明します。その間に、犬は囲いの外に出てしまいましたが、遠くへは行かずにフェンスの周りをうろうろしています。

わかったのは、実はこの所有者が、この犬に食べ物を分け与えていたこと。それで生き延びていたのです。所有者もほっとしたでしょう。

保護

ケージトラップを仕掛けて、食べ物でおびき寄せることにしました。

人と車が少し離れると、犬はケージを調べるように周りをうろつき、恐る恐る中へ入りました。3、2、1、あ、出た。

動画を見ていると緊張します。気を取り直して、もう一度。3、2、1…

ガシャン!フタが落ち、犬をとらえることができました!

犬、驚いて跳ねます。ごめんね。

人が近づくと、「キラ」は思ったより落ち着いていました。素手で触れても大丈夫です。

ケア

町の病院で、体を洗いましょう。

さっぱりして、すっかりリラックスしたキラ。

その後

ラブラドール・レトリーバーの保護、里親探しに力を入れている一時預かり施設が、キラを預かってくれました。

続いて朗報です。間もなく里親さんがみつかり…しかも、その家庭でかっこいい黒ラブのボーイフレンドまでできたのですよ!

砂漠でびくびくしていたキラが、今ではすっかり落ち着いて、幸せに暮らしています。その姿を動画で是非ご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。