片目を失った犬は、飼い主に見捨てられ、友達のぬくもりを求めた

片目を失った犬は、飼い主に見捨てられ、友達のぬくもりを求めた

優しいピットブルの協力で、路上生活の片目の犬を保護できました。しかし判明した元飼い主は、その犬を「もういらない」と言うのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

無責任な元飼い主

通報・発見

片目を失った犬が路上生活しているとの通報を受け、保護団体 HOPE FOR PAWS が駆け付けました。

保護

通報をしてくれた人の飼い犬であるビットブルの「ブルー」になついているので、ブルーに保護活動に協力してもらいました。

確かに、片目の犬はブルーを追って歩きます。まるで、この家に2匹で住んでいる飼い犬のよう。

HOPE FOR PAWSのメンバーが犬の首をキャッチ!

それを見届けて、お役御免とでも言うように立ちあがるブルーです。ご協力ありがとうございました。
お隣の犬たちも、なんだ、なんだと、野次馬…野次犬をしていますよ。

「パイレート」と名前をつけました。

知らせ

悲しい知らせです。

パイレートにはマイクロチップが埋まっていたため、登録者に連絡。ところが、すでに新しい犬を飼っていて、もうその犬はいらない、と言うのです。

犬を飼う資格がありますか?いいえ、ありません!新しい犬も心配になってしまいます。

HOPE FOR PAWSがパイレートに約束です。

「君には、もっと、ずっと良い飼い主を探してあげるよ!」

手術

パイレートがなぜ目をひどく負傷したのかは、わかりません。

回復の見込みがなかったので、手術で眼球を取り出しきれいに縫合されました。

その後

一時預かりを経て、パイレートには約束通り、素敵な里親さんの家が見つかりました。

ブルーを追うほど友達を求めていたパイレートは、ついに本当の友達と家族に迎えられたのです。

元気になったパイレートの、心が温かくなる動画をご覧ください。全ての犬に幸あれ。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。