アメリカのパピーミルに潜入して覆面捜査をする人々

アメリカのパピーミルに潜入して覆面捜査をする人々

アメリカにはパピーミルと呼ばれる犬の繁殖施設や悪質なペットショップに潜入し覆面捜査をしているNPO団体があります。その活動をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

パピーミルの犬たちの真実を伝える書籍

ケージの中から網を噛む子犬

2019年10月、アメリカで「RESCUE DOGS」という書籍が出版されました。書籍の内容は、俗にパピーミル(子犬工場)と呼ばれる大規模な犬の繁殖施設で、繁殖に使われている犬がどんなに酷い状態を強いられているか、ブローカーやペットショップの手に渡った犬がどんな経路で取引されるのかなどが詳細にレポートされています。

このような類の書籍は過去にもたくさんありますが、この本がそれらと大きく違っている点は、著者が18年に渡ってパピーミルに潜入してアンダーカバーと呼ばれる覆面捜査を行っていることです。著者名はピーター・パクストンとされていますが、これはもちろん偽名です。

犬の繁殖施設や悪質なペットショップを取材して、記事や書籍を書くことももちろん意味のあることですが、業者の違法行為の証拠を集めるために実際に内部に入って捜査した人の記録は多くの人の目に触れるべき情報がびっしり詰まっています。

パピーミルに潜入しての覆面捜査

犬舎の中の犬たちと男性

身分を偽って組織に潜入し覆面捜査を行うと聞くと、映画や小説の中で見聞きする麻薬捜査官などのようですね。そのような麻薬捜査官と違って、パピーミルの捜査員は政府や法執行機関が派遣しているのではなく、民間の非営利団体(NPO)で働く人であったり、団体と契約したフリーランスの人であったりします。

捜査を行うNPOの代表的なものは、アメリカ最大の動物保護団体の一つであるHumane Society U.Sや、パピーミルやキティファクトリーと呼ばれる繁殖施設やペットショップの捜査を専門に行っているコンパニオンアニマルプロテクション協会があります。書籍の著者パクストン氏も、これらの団体からの依頼で捜査を行っています。

パクストン氏の場合、従業員として雇用されることで内部に入って調査を行い、犬たちが受けている扱いについて写真やビデオを撮ったり、重要な書類や文書を撮影したりして証拠を集めます。

アメリカにおける犬や猫の繁殖施設は、米国農務省の管轄で、営業の許可、施設の査察、違反した場合の処罰なども農務省が行います。農務省自体の捜査官もいるのですが、全国に何千とある繁殖施設全部には手が回り切らず、違反があっても見過ごしているのが現状です。

NPOによる潜入捜査で集めた証拠は、農務省またはその他の法執行機関に提出され、合法的に裁かれるよう手配するのが捜査員の仕事です。

18年間で700以上のパピーミルに潜入して捜査をしてきたパクストン氏は、他の従業員や経営者に怪しまれたり警察を呼ばれたり拘束されたことも何度もあるそうです。そのように苦労して摘発をしても、経営者や企業は軽い処罰しか受けなかったり、捜査から数年後に施設を見に来ると何も変わっていなかったりして、失望することも度々あると言います。

しかし、捜査のおかげで悪質な繁殖施設を合法的に閉鎖したり、繁殖に使われていた犬たちがレスキューされたりして暖かい家庭に送り出されるのを目にすることは、大きな報酬であるとも述べています。

外国の話だけどパピーミルは他人事ではない

ペットショップでケージの中にいる子犬

パピーミルやキティファクトリーに潜入捜査をして悪質な業者を合法的に淘汰させるとは「アメリカってすごいな」と驚きますね。しかし、アメリカという国は動物福祉に関して決して進んでいるとは言えません。実際、このような捜査員が存在していても、パピーミルは後を絶たず、不幸な動物はなかなか減っていきません。

パピーミルや悪質なペットショップという問題の根を絶つためには、一般の人々の意識を変えることが不可欠です。パクストン氏が18年間の経験を書籍にして出版した理由も、人々に情報を届けるためだと述べています。

日本でもペットの繁殖業者や販売業者は第1種動物取扱業者として規制を受け、違反があったり改善命令に従わなかったりする場合には、罰金や免許取消しなどの罰則があります。

しかし、私的な捜査員はもちろん公的な専門の捜査官もいない状態では、違反があっても取り締まれていないのが現状です。

繁殖業者の経営が立ち行かなくなって崩壊した場合などには、一般の人にもその惨状が伝えられることはありますが、犬や猫の商業繁殖施設やオークションで動物たちが受けている酷い扱いについては知らないという人も多いでしょう。アメリカと同じく、一般の人の意識が変わらないことには苦しめられる動物が減ることはありません。

まとめ

本に手をかけて立つ仔犬

アメリカで18年に渡ってパピーミルへの潜入捜査を行ってきた人が、その実態を書籍にしたという話題をご紹介しました。
「アメリカにはパピーミルの覆面潜入捜査をする人がいるんだって」という、ちょっと目を引く話題が、日本でも繁殖施設で苦しんでいる犬や猫がたくさんいるという事実への関心につながればいいなと願います。

《参考URL》
https://www.caps-web.org
https://www.humanesociety.org/horrible-hundred

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。