保護監禁された犬をレスキュー。萎縮した心を解き放ち、送り出すまで

保護監禁された犬をレスキュー。萎縮した心を解き放ち、送り出すまで

ギリシャでは、怪我をした動物は自治体が保護し、1年間世話することが義務付けられているそうです。しかしその実態はケージに監禁、放置。ひどい扱いを受けて萎縮してしまった犬を保護し、心を温めて開放、里親さんの元へ送り出すまでの記録です。

はてな
Pocket
お気に入り登録

監禁・放置は犬を萎縮させる

保護

ギリシャでは、怪我をした動物は自治体が保護し、1年間の世話が義務付けられているそうです。その間に里親が見つからなければ、発見場所に再び放すことになっているとか。

しかし世話とは名ばかりで、多くの犬は監禁され、放置に近い状態におかれているのかもしれません。

交通事故にあった子犬の「サニー」もその1匹で、ケージに長く監禁されていました。

保護団体 Takis Shelter がサニーを引き取りますが、見るからに萎縮しています。

タキスさんが手を伸ばすと、ケージの奥に体を押し付けて逃れようとする様子が痛ましい。

タキスさんの手はまだ受け入れられないものの、仲間の犬には尻尾を振ってあいさつができました。

特に男性を恐れているようで、女性の手からは食べ物をもらいます。

こちらはタキスさんの手。

ずいぶん進歩が見られますが、字幕では「まだ怖がっている」ようです。

回復へ

毎日、少しずつ距離を縮めて、ついにサニー自らタキスさんにおなかを見せるようになりました。

でも表情が固い感じです。愛着よりも、服従に近いのかもしれませんね。

犬同士の社交性もどんどん身につけます。

遊びに誘う『オジー』に、「いいよ、遊ぼう!」と答えるサニー。

サニーと仲良くしているオジーは、ひどい虐待で殺されかけた過去を持ちます。オジーが回復するまでの様子は、別の動画にまとまっています。

さて、サニー。生きることが楽しいと感じるようになったのはよかったのですが、弾け過ぎて…

高級掛布団が無残な姿に!

サニーも実行犯に名を連ねています。

タキスさん笑ってないで、しつけをした方がよいです!

その後

閉じた心が再び開き、サニーは本当に変わりました。

屋外でも他の犬たちに混ざって、嬉しそうに走ります。

そして仕上げの嬉しいニュースは、遠方に住む里親さんが迎えにきてくれたこと。動画で国名はっきり繰り返されています。お聞き逃しなく!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter


▼虐待を生き延びた『オジー』のお話はこちら

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。