【犬の救助あるある!?】恐怖が信頼にころっと置き換わる瞬間に感動

【犬の救助あるある!?】恐怖が信頼にころっと置き換わる瞬間に感動

路上生活を余儀なくされている小さな犬を保護。最初は恐怖心からうなり、牙をむく犬も、救助者に心を開き信頼するようになる瞬間がありました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

車の下で牙をむく犬

通報・発見

数週間、路上生活の犬がいると保護依頼を受け、ロスアンジェルスの保護団体 HOPE FOR PAWS が出動しました。

停車した車の下に犬を発見し、周囲をプラスチックフェンスで囲います。

ああ、「バットマン」はもう、歯を見せている…。

保護

ワイヤの輪をバットマンの首にかけることができました。

目が妙な具合に光っています。恐怖で瞳孔全開なのでしょう。

犬のレスキュー動画では、犬の恐怖心が信頼に変わる瞬間が、とても興味深いです。

バットマンの場合、ここがその瞬間でした。

病院に向かう車中では、ひざに乗って、スヤァ…。

ケア

診察台の上でも大人しいバットマンです。

その後

一時預かり施設を経て、幸運にもバットマンにはすぐに里親さんが名乗りを上げてくれました。

嬉しそうに遊ぶバットマンを囲んで里親さん家族と保護団体メンバーが笑顔で集う、ほのぼのした動画をご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。