【動画必見】走る犬を一発捕獲も油断禁物!保護活動は犬も人も真剣勝負

【動画必見】走る犬を一発捕獲も油断禁物!保護活動は犬も人も真剣勝負

怪我をしているはずの黒犬が、必死に走って逃げました。追う人間も必死です。つかまえたと思っても、パニックを起こした犬の思わぬ行動に油断は禁物。犬と人の真剣勝負と、犬のその後の変化の様子です。

はてな
Pocket
お気に入り登録

つかまえた、けれどひもがはずれそう!

通報・発見

怪我をした犬がいるという保護依頼。

保護団体 HOPE FOR PAWS が出動し、道路を歩く黒犬を発見しました。

保護

追われていると気づいた犬は、一瞬の迷いの後に、人の足元を素早く走り抜けようとします。

そこへ柄の部分が硬い捕獲用リードの先端を、素早く差し出しました。

犬はストップできず、悲鳴を上げながらそのまま先端の輪の中へ突入!

犬は勢い余って転倒しますが、すぐに跳ね起きて悲鳴を上げながら暴れます。

この元気があるのはよいことです!

「ほら、大丈夫だよ~。」やさしい声で落ち着かせようとしますが、パニックを起こした犬には通じません。

その時、胴体の輪がゆるんで、あ、抜ける!ヒト、大慌てです!

慌ててもう1人が別のリードを首にかけ、やれやれです。

「リオ」は2人が危害を加えないと悟って、やっと落ち着きました。

病院

病院に到着し、まずは安心させることに専念します。

「信用して、いいの?」と訴えかけるようなリオ。

いいんだよ、この人たちは。

X線撮影で、車との衝突による頭部外傷と足の怪我が発見され、治療がほどこされました。

それから

リオは幸いにも素晴らしい里親さんに引き取られました。

でも、怪我の治療後の具合は?

ヒントは動画の3分45秒。保護団体のリーダーが半年後に里親さんの家でリオを見て発した言葉:「僕もこんな風に○れたらいいのに。」

怪我した足をかばっていたリオがものすごく素早く○っています!見ればきっと、わかります。では動画をお楽しみください!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。