あなたは当てはまる?アメリカで実施された犬バカ度アンケート

あなたは当てはまる?アメリカで実施された犬バカ度アンケート

犬への深い愛から来る行動は、他の人から見ると時に「ちょっと変」と言われることもありますね。そんな犬バカ度をチェックするアンケートがアメリカで実施されました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬は家族の一員なんて当たり前

犬を囲む笑顔の家族

犬と暮らしている人たちの犬への熱い想いについてアンケート調査を実施したのは、アメリカのドッグウォーカー登録アプリの会社WAGです。犬の飼い主2000人以上を対象にした大規模なものでした。

集まった回答の中で注目を集めたのは、多くの飼い主にとって犬は家族の一員などというのは当たり前過ぎて言うまでもないことで、家族の中でも犬は特別な位置にいるという人が多いことでした。

38 %の人が「家族の中で、他のメンバーに対して最も愛情と関心を示しているのは犬である」と答えています。また44%の人が「怒りや悲しみを感じて慰めを求めるとき、人間の家族と話をするよりも精神的に犬に頼ってしまう」と答えています。

確かに、犬は人間の家族と違って「そんなことを言ってほしいんじゃない」ということは言わないし、お説教をしたり、たしなめたりすることもないですもんね。犬は最高のカウンセラーだという人も多いかもしれないですね。ちなみに同じ質問に配偶者やパートナーに頼ると答えた人は23%だったそうです。

犬への愛を永遠に刻みたい

犬のタトゥーが入った人の腕と子犬

アンケートの結果から、犬は家族の生活に喜びをもたらし、人間たちはその喜びをユニークな方法で表現したいと思っているようです。

回答者の約3分の1の人々は、愛犬をテーマにしたタトゥーを入れることを、少なくとも考えてみたことがあると答えています。実際に愛犬をテーマにしたタトゥーを既に入れているという人は15%でした。

タトゥーの絵柄で最も人気があるのは肉球の足跡で、2位が犬のポートレート、3位が僅差で犬の名前でした。ちなみに、愛犬をテーマにしたタトゥーを入れている有名人には、ジェニファー・アニストンやマイリー・サイラスが挙げられています。

タトゥーと言われるとお国柄の違いを感じますが、もっと身近なところでは犬の誕生日についての質問もありました。60%の人が愛犬のために誕生日プレゼントを購入すると答えています。88%の人は誕生日に特別なごちそうやトリーツを用意し、25%が犬のために誕生日パーティーを開催しています。

愛してるから片時も目を離したくない!

留守番用カメラとぬいぐるみ

テクノロジーの発達とともに、離れているときにも常に愛犬の様子をチェックしていたいという人が増えてきたのも最近の新しい傾向だそうです。19%の人が、留守番中の犬をチェックするために何らかのタイプのカメラを購入したと答えています。

四六時中犬を見ていないと不安だと言うのは、飼い主の方が一種の分離不安に陥っているとも言えそうですね。上記の前半の回答でも、精神的なサポートを人間の家族ではなく、犬に求めると言う人が多く、現代人が犬に頼っている様子が浮き彫りになっているようです。

まとめ

柴犬に頬ずりする女性

アメリカで実施された犬への想いについてのアンケート調査の結果をご紹介しました。人間が犬に頼るというと少し変な感じもしますが、犬の存在が精神的な支えになっていると言うと「確かに」と共感される方も多いのではないでしょうか。

けれど、それが行き過ぎて「依存」という形になってしまうと、犬にとっても人にとっても不健康なことになります。

一見お気楽なアンケート調査に見えますが、ご紹介した結果からは犬と人間の奥深い関係が伺えるように思います。皆さんはご自分と愛犬の関係についてどう思われますか?

【参考資料URL】
https://wagwalking.com/daily/wag-survey-reveals-44-of-pet-parents-turn-to-their-dog-over-family-members-for-comfort

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。