足に大怪我をした路上で暮らす小型犬は、必死で走って抵抗した

足に大怪我をした路上で暮らす小型犬は、必死で走って抵抗した

ホームレスで足に怪我をした犬に食べ物を与えていた男性からの要請で小型犬を保護。病院で検査すると、怪我は重大な状態だったことがわかりました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

防衛本能をむき出しに威嚇する犬

通報・発見

足に怪我をして怯えている犬がいると、食べ物を与えていた男性から保護団体 HOPE FOR PAWS に救助の要請がきました。

現場を探すと、広い駐車場でターゲットの犬を発見しました。

犬はすごい勢いで逃げていきます。保護メンバーのロレータさんが本気のダッシュで追いかけます!

捕獲

ロレータさんは走りながら輪のついたひもで犬をつかまえると、犬は激しく抵抗します。

恐怖心で一杯で、今にも噛みつきそうに威嚇してきます。小型犬とはいえ、扱い注意です。

柔らかいリードも首にかけました。

犬はまだ興奮状態で我を忘れ、食べ物をくれていた男性にも噛みつく素振りを見せます。

犬が疲れてきたところで食べ物を与えると、すぐに食べ始めました。

これでずいぶん落ち着き、素手で触れるようになりました。

足に怪我をしているということなので、負担がかからないように持ち上げて車に連れて行きました。

治療と手術

麻酔で眠らせて全身の毛刈りです。

レントゲン撮影をしたところ、骨盤がつぶれているのがわかりました。

これでよく激走したものです。

骨盤の手術を終え、エリザベスカラーをつけたマシクは、まだ麻酔で朦朧としている様子です。

手術後の様子

それから3週間後。マシクは一時預かり先で療養しながら、里親に巡り合う日を待っています。

体毛はまだ短いですが、全身真っ白です。おやつをもらったり、仲間の犬たちとキャッキャしている姿を動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。