大型犬に引きずられてもこの手を離さない!女性レスキュー隊員の愛と決意

大型犬に引きずられてもこの手を離さない!女性レスキュー隊員の愛と決意

放置された大型犬は、男性を極度に恐れているため、女性主導でレスキューにあたります。犬は力づくで逃げようとしますが、女性は絶対に放しませんでした。

はてな
Pocket
お気に入り登録

男性恐怖症の大型犬

通報・発見

その大型犬は、乾燥地帯のトラックの出入りが激しい場所にゴミのように捨てられ、ひとりぼっちで2ヵ月放浪していました。

保護してほしいと通報があり、保護団体 HOPE FOR PAWS が出動。

リーダーが犬に声をかけますが、犬は恐れて逃げていきます。

男性を怖がるようなので、この犬の保護は女性主導で行うことにしました。

保護

リーダーのエルダッドさんは車に残り、気温42度近くの中、女性のロレータさん1人で大型犬と向き合います。

確かに、犬の「ガーシュウィン」は、エルダッドさんに対するのと態度が違います。

食べ物につられて近づいてきました。

ちなみにこのロレータさん、プロのシンガーソングライターでもあるんですよ。

ガーシュウィンが石の裏の日陰でロレータさんに背を向けているすきに、ワイヤの輪を首にかけたようですが…

首に輪をかけられた体重50キロのガーシュウィンは、驚いてロレータさんを引きずって走ります。

リーダーは車から降りて猛ダッシュ!

エルダッドさんが2本目のワイヤをかけようとしますが、犬は必死に抵抗します。

地面にはいつくばった状態のロレータさんは、犬大好きとしてもちょっと怖くはないのでしょうか?

炎天下、気温42度の中では消耗も激しいでしょう。

2本のワイヤがかかってガーシュウィンは少し落ち着き、激しく呼吸しています。

「すごい、いい仕事だったよ。ほんと、素晴らしい!」エルダッドさんはロレータさんを称賛します。

「つかまえたの?」と誰かが後ろから声をかけました。

リーダー:「彼女がつかまえたんだよ!」

ロレータさんのこの笑顔、どこまで犬好きなんですか!

ついにガーシュウィンの信頼を勝ち取りました。

ケア

病院に着いてシャワーを浴びます。

ガーシュインの顔つきが明らかに穏やかになりました。

お決まりの、ブルブル!2人はもうすっかり仲良しです。

熱射の中、飢えと乾燥、孤独に耐えたガーシュイン。

肩に感染症を発症していましたが、処置が施されて健康体に戻りました。

なによりも、男性恐怖症を克服したようです!

よかったね、ガー、いえ、エルダッドさん!

それから

心身ともに回復したガーシュウィンは、仲間の犬たち、人たちと共にのびのびと暮らしながら、里親が現れるのを待つことになりました。

愛情深く勇敢なロレータさんによる救助活動の様子と、とっても元気でかわいくなっちゃったガーシュインを、動画でご覧ください!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。