骨折の痛みと恐怖から威嚇するピットブルの保護。少しずつ心を開く全過程

骨折の痛みと恐怖から威嚇するピットブルの保護。少しずつ心を開く全過程

ピットブルの子犬と聞いて保護に来てみると、それは神経をとがらせ吠える成犬でした。しかし骨折した犬の気持ちをひしひしと感じる救助者は、徐々に心の距離を縮めます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ピットブルは痛みと恐怖心から臨戦態勢に

通報・発見

高速道路脇で足をひきずるピットブルを見たという通報を受け、保護団体HOPE FOR PAWS の代表エルダッドさんが現場に急行。

犬は近づく人間に恐怖し、吠えかかります。

保護 ~犬との距離の縮め方~

食べ物を与え、距離を保って首にひもをかけ、やぶから誘い出します。

犬は大人しくなりましたが「うるさいなあ、ほっといて。」と言いたげな表情で、まだ半信半疑です。

「ヤラ」という名前に決めました。

ヤラの前足は骨折しているようで、かなりひどい状態でした。

ヤラがひもを噛み切って逃げようとします。

思わず「お願い止めて」と懇願しますが、無情にもひもは切れ、ヤラはやぶに戻ってしまいました。がっかりだよ…。

一からやり直しです。

もう食べ物がなくなってしまったので、もっと信頼してもらう必要があります。

リードはすぐにかけられましたが、与えた水を飲み干し、この人を信用していいのかどうか、決めかねているヤラとのコミュニケーションが続きます。

ヤラはどうしても踏ん張って動かないので、保護団体のメンバーに来てもらい2人でやっとケージに入れました。

ヤラはまた吠えかかり、エルダッドさんに叱られます。

ケア

病院でも引き続き、ヤラの痛みと恐怖に固まった心をほぐします。

まだ思わず鼻にしわが寄ってしまうヤラ。忍耐強く信頼関係を築きます。

左前足は完全に潰れていたので、切断となりました。

三本足になったヤラですが、精神的には非常に安定してきました。

その後

トレーニングを積み、ヤラは人間への信頼をすっかり取り戻します。

「嬉しくて尻尾を振ってくれるのは最高!」とエルダッドさん。

犬と人が、恐怖、ためらいを乗り越え信頼関係を築く一部始終を、映像でご覧ください。

元気な愛らしいヤラの姿も見られます!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。