男性を信用しない捨て犬の保護に苦戦…そこで通りすがりのおばあさんに!

男性を信用しない捨て犬の保護に苦戦…そこで通りすがりのおばあさんに!

怪我をし、皮膚病に侵されて捨てられた犬は人を恐れてなかなか捕まりません。簡単に犬を確保したのは、通りがかりのおばあさんでした。

はてな
Pocket
お気に入り登録

食べ物に寄ってくるが人を警戒する犬

通報・発見

足に怪我をし、皮膚病に侵されて飼い主に捨てられた「ドウギ―」。

保護を依頼された保護団体 HOPE FOR PAWS の代表エルダッドさんは、道路を歩くドウギ―を発見し、食べ物でおびき寄せます。

食べ物につられて寄ってはくるのですが、すぐに後ずさって離れてしまします。

ついには手から直接食べますが、気を抜かず、いつでも後退できるような雰囲気です。

ドウギ―は特にひもを警戒しています。

保護がうまく行く時は、手から食べている犬の首が輪に入ったところでひもをしぼって確保完了となるのですが、ドウギ―は、そうはさせてくれません。

エルダッドさんはドウギーとの距離を縮めるために2時間以上そこに座っていました。でも信用してもらうことはできませんでした。

「犬を虐待するのはほとんど男性なので、自分が男性であることも障害になってしまいます。」

困っているところに、おばあさんが通りかかりました。

女性ならうまくいくかな?と、この人にひもを渡して確保を頼んでみました。

すると、10分もせずにすんなりと成功!

犬は人の性別を見て判断することもあるのですね。

お互いにお疲れさまでした。

車に乗った時にはすっかり信頼関係を築いたようですね。

これから病院で足の怪我や皮膚病の治療が始まるでしょう。

それから

ドウギ―の捕獲を依頼した別の保護団がドウギ―を引き取り、里親が見つかるまで世話をします。ほのぼのする保護活動の全容は動画でご覧ください。

この動画は2010年に公開されているので、ドウギーは今では約10歳年を取っています。よい里親の元で穏やかに暮らしていることを願います。

HOPE FOR PAWS もこの当時から9年を経て、経験を積んだメンバーは、捕獲の際の技術も度胸もよりよくなっているようです。今ならたぶん、おばあさんに頼らずに瞬時につかまえることでしょう!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。