「高速道路に犬がいる!」危険な場所をさまようピットブルの保護

「高速道路に犬がいる!」危険な場所をさまようピットブルの保護

高速道路のインターを歩く犬は、困惑し停車した車の下に隠れようとしますが、体が入りませんでした。傷を負っていても攻撃性の全くない、大人しくかわいらしいピットブルの男子を保護します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

動かない犬

通報・発見

高速道路に犬がいると通報を受け、保護団体HOPE FOR PAWS が出動。

インターチェンジ付近をうろうろしている犬を発見します。

保護

車の往来と人を恐れて、犬は停車中の車の下に頭を突っ込んで動かなくなりました。

頭隠して尻隠さず…。

動かなくなる、というのは、ストレスを感じた犬の行動のひとつです。

尻尾が完全に巻かれていますね。

噛みつく素振りもなく、ただ固まっている犬の首にひもをかけました。

「高速道路で何してたの?」と声をかけ頭をなでると、この表情!

ピットブルはいかつい印象を持たれがちですが、保護されるピットブルの多くはこの子のように穏やかですね。

保護に協力してくれたのは偶然、ロスアンジェルスの動物管理局の人たちでした。

車に乗せます。名前は「ティリアン」にしました。

もうすっかりリラックスした様子で顔を寄せています。助けてくれるとわかるのでしょうね。そのまま次のレスキュー現場に向かいました。

ケア

その後到着した病院で、ティリアンは安心した様子で休んでいます。

頬は、他の犬に噛まれた傷が化膿しています。耳についたダニも駆除しなければなりません。

入院3日目には、立ち上がって甘えてきました。

尻尾がパタパタいっています。本当に人懐こい。

その後

ティリアンは一時預かり施設で里親を待つことになりました。

ピットブルの子犬が嬉しそうにティリアンにじゃれついている様子を動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。