保護された母ピットブルは、小犬を守るために素知らぬふりをした?

保護された母ピットブルは、小犬を守るために素知らぬふりをした?

ずっと路上で暮らしてきたメスのピットブルを保護してみると、乳房からミルクが出ますが、子犬は見あたりません。子犬もう生存していないのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

穏やかなピットブル

通報・発見

ずっと路上で暮らしているピットブルのメス「ロージー」の保護依頼で、保護団体 HOPE FOR PAWS が現場入り。

ロージーを食べ物でおびき寄せると、難なくケージトラップに確保できました。

保護団体リーダーのエルダッドさんは、犬のふくれた乳房や行動から、妊娠あるいは出産後であることに気づきました。乳房からはミルクが出ます。

けれどロージーは妙にリラックスして、動こうともしません。

子犬はもう、何かの理由でいないのかもしれません。

ロージーを自由に歩かせて、子犬の元へ誘導するように仕向けますが、ロージーは気がない感じ。

やっぱり、子犬はいないのでしょうか。

放置されたトラックの下のゴミの山に近づきます。ここが子犬の居場所?と思いきや、ゴミの上で、またリラックス。やっぱり残念ながら子犬は生き延びられなかったのでしょう。

1時間ものんびりしていたので、もういいね、行こう、となりそうです。

でもやっぱり心配なエルダッドさんは、スマホで子犬の鳴き声を聞かせてみたのです。すると…

ロージーの表情が変わってさっと立ち上がり、動き出しました。これは…。

どんどん歩くロージー。

時おり、エルダッドさんを振り返ります。

その表情は、焦りでしょうか、不安でしょうか。そして…

いましたよ~!女の子2匹、男の子3匹でした。

これ、置いていかなくてよかったですねえ。

それにしても、さきほどまでのロージーの気のない態度は、子犬がぐずるまでのんびり過ごしていただけなのか、それとも、人を子犬から遠ざけようとする作戦だったのでしょうか?皆さんは、どう思いますか?

さあ、帰ろうね。

その後

ロージー親子は預かり施設に引き取られ、里親探しが始まります。

施設で授乳中のロージーを動画でご覧ください。むちむち、もふもふの子犬のお尻、必見です!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。