虐待され複数の骨折をした子犬を保護。黙って痛みに耐えた先の未来とは?

虐待され複数の骨折をした子犬を保護。黙って痛みに耐えた先の未来とは?

野原でさ迷う子犬を救出して検査すると、暴行によると思われる複数の骨折を負っていることが判明しました。子犬はただ、黙って耐えていました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

悲鳴も上げずにすべてを受け入れる子犬

発見・救出

野原で発見、保護された子犬のスージーは、暴行を受け、複数の骨折を負っていました。

治療

病院では皆スージーを優しく扱いますが、やっぱりまだ不安げに、震えながら見回しています。

痛くて怖いでしょうが、寡黙なスージーです。

骨折具合を確認しています。

「手術だって。ちょっと怖いけど、行ってきます」目で物を言うスージー。

「手術、終わったよ」

黙って未来を見つめるようなスージーの眼差しです。

退院

骨折も治り、元気になったスージーが退院すると、里親さんが待ってくれていました!

犬仲間も喜んで迎え入れてくれ、寡黙なスージーに明るい未来が開ける様子を、動画でご覧ください。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。