盲目の高齢犬の保護。黙々と我が道を行く彼は幸せにたどり着けるのか?

盲目の高齢犬の保護。黙々と我が道を行く彼は幸せにたどり着けるのか?

10年近くも周辺の路上で暮らしてきた盲目の犬をついに保護することに。大人しいが人慣れしていない高齢犬は、路上を離れて人と穏やかに暮らしていけるでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

白濁した瞳に見る苦節10年

通報・発見

路上生活を続ける目の見えない犬がいると、保護団体 HOPE FOR PAWS に保護依頼がきました。

通報通り、道路脇に茶色い大型の犬を発見しますが、全盲のその瞳は白く濁っていました。

瞳が白く濁った犬

出典:Hope For Paws

保護

路上で食べ物をもらって生きてきたのでしょう。これまで人と緊密に接触の機会がなかったためか、近づきたくない様子でしたが、食べ物でおびき寄せ、リードをつけることができました。

しかし、暴れに暴れます。目が見えない中で突然ヒモをかけられたら、それは怖いですよね。

暴れる犬

出典:Hope For Paws

やっとケージに入りました。犬はファラオと名付けられました。

ケージに入る犬

出典:Hope For Paws

新しい環境

病院での検査などを一通り終えたファラオは一時預かり施設に入りました。他の犬たちや人にもずいぶん慣れたようです。

リードをつけて散歩をした経験がなかったため、リードをつけるとナーバスになるそうです。なんだかよちよちと歩いています。

部屋の中をひもをつけて歩く犬

出典:Hope For Paws

いいあくび顔!

あくびをする犬

出典:Hope For Paws

「おっとごめんよ!」乗り込まれた方の犬もまた、盲目のようですね。

他の犬に突っ込む犬1

出典:Hope For Paws

ファラオに関しては、角膜移植などで視力を取り戻せないものか、関わる人々は相談しているそうです。

他の犬に突っ込む犬2

出典:Hope For Paws

走り回る他の犬と接触やニアミスも気にしない。我が道を行くファラオです。

施設の庭を歩く犬

出典:Hope For Paws

この角のクッションが定位置です。居場所があるっていいね。

クッションに座る犬

出典:Hope For Paws

我が道の先の希望

10年もの路上生活を経た後でも、適切に接すれば、犬は新しい環境に順応する柔軟性を持っているのですね。

一時預かり施設でいい表情を見せるファラオの映像をどうぞご覧ください。ハンディキャップのある犬にも里親が見つかりますように。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。