犬が吐く原因とその応急処置方法

122457view

犬が吐く原因とその応急処置方法

犬が吐く原因には、どのような病気がかくれているのか?また、どのように対処したらよいかをまとめています。犬はよく吐く動物でもあるので、危険な嘔吐、問題のない嘔吐を理解しておくと、犬が吐く行為に対して焦らずに的確な対応することができると思います。ここでは、犬が吐く原因やその行為に隠れた病気、犬が吐いてしまったときの注意点や応急処理などを紹介します。

犬が吐くことに関する知識

3匹の犬

犬が吐いてしまう事は、よくある事です。その、犬が吐く原因が病的でなければ問題はないのですが、ひそかに病気が隠れていることもあるので、早期発見できるようにまとめてみました。痛みと違って、「犬が吐く」という行為は、飼い主が気づきやすい点なので、犬の嘔吐の知識をもっているとよいと思います。

犬が吐く前の前兆は、どのようなものがあるか?

犬が吐く前兆を見極めて、上手に対処していきましょう。
  • 舌をペロペロずっとしている
  • えずく行為をしている

犬が吐く種類とは?

一言で犬が吐くといっても、その吐き方や状態で対応も変わってきます。

吐き出し

犬が吐き出したものは、未消化のものが多いく、吐いた物をもう一度食べてしまうこともあります。

嘔吐

病気が原因で、犬が吐き出したもののほとんどが消化されていて、もう一度食べようという行為をしません。

犬が吐く原因にはどのようなものがあるか?

犬が吐く原因は、食べ過ぎによる一時的な自然現象なのか?環境の変化などによるストレスからくるものなのか?それとも病気なのか?その中には重大な病気が潜んでいる場合もあるので注意が必要です。

  • 空腹
  • 食べ過ぎ
  • 消化不良
  • 不安感(恐怖感、ストレス)
  • 乗り物酔い
  • 中毒症状
  • ウイルス性腸炎
  • 細菌性腸炎
  • 寄生虫症
  • 胃腸疾患
  • 肝疾患
  • 膵炎
  • 腹膜炎
  • 腎不全
  • 感染症(パルボウイルスなど)

以下では、どれが自然現象なのか?どれが病気なのかを見てきます。

犬が吐く原因で問題があるもの、ないものについて

犬の吐く原因で問題がないもの(自然現象的なもの)

  • 食べ過ぎ
  • 空腹
  • 不安感
  • 乗り物酔い
  • 散歩中に雑草を食べてしまった

大きめな鉢植え

犬が吐く原因で問題があるもの

  • 下痢や、熱もでている時
  • 犬が吐いたものに、血がまじっているもの
  • 嘔吐がとまらない時(何回も吐いてしまう時)
  • 吐いた後、ずっとぐったりとしている時

チワワがアップで寝ている

犬が吐くときは、どんな時?

苦しみながら吐いてしまったり、吐こうとしても、なかなか吐くことができなかったりする場合は、胃捻転など胃に問題がある場合が多いです。食べ物を飲み込めずに吐いてしまう場合は、食道やのどのあたりに異常がみられる場合があります。また、血便や下痢を伴いながら、吐いてしまう場合は、パルボウイルス感染症という病気の可能性が考えられるので、早急に動物病院へ行きましょう。痙攣をしながら、吐いてしまうときは、中毒症状が考えられます。

また、子犬の場合は、胃腸が成長しきってないので、吐きやすいですが、お腹がパンパンに張ってしまい(異常な膨れ具合)吐いたものに、糸状の虫が入っていると、犬回虫症(いぬかいちゅうしょう)なので、これは、母体感染している可能性も考えられるので、母犬や兄弟犬がいたら、早急に動物病院で検査をして、治療をしましょう。

犬が吐くときの注意点は?

胃に問題があって吐いてしまう場合

犬が吐く原因には、胃の蠕動運動障害がよくみられます。その病気は、主に胃捻転や胃拡張などがあります。この場合は、早急に動物病院へ行って、早期治療を行ってください。家庭内で気を付けることは、犬の食事は、”ゆっくりと食べさせる事”です。

「胃捻転」とは、胃がねじれてしまう病気になります。この病気は、食事を一気に胃に流し込むことで、胃の中のガスが発酵してしまうことです。胃捻転になると、”カルシウムの過剰摂取”は危険です。市販のドッグフードを食べさせると、カルシウムを多く摂取してしまうので、動物病院と連携を取ることが必要になります。「胃拡張」とは、胃の内容物が排泄できずに、胃全体が拡張してしまう病気です。

胃の接合部分には、「幽門」「噴門」があります。この接合部分に問題がおきても、犬が吐くことがあります。

吐血(吐いたものに血がまじる)の場合

胃の潰瘍や、腫瘍など大変危険な病気があります。早急に動物病院で診てもらいましょう。また、吐いたものが黒ずんでいたりしたら、血が古くなっている証拠なので、大変危険な状態になっています。犬が吐いたものを動物病院に持参できるようでしたら、持っていくとよいでしょう。

中毒によって吐く場合

犬は知らないうちに、拾い食いをしてしまったりするので、犬が何を食べたのかわからないため、確実に中毒という診断は難しくなってくるでしょう。痙攣などをしながら吐いたり、犬の状態などを観察しその旨を、動物病院で説明しましょう。犬に吐かせていいもの、吐かせたらいけないのもがありますので、飼い主の勝手な判断はやめて、急いで動物病院へ行きましょう。

食べ過ぎ、早食いによって犬が吐く場合

これに関しては、問題はありませんが、何度も犬が吐いたり、ぐったりしていたら、念のため動物病院へいきましょう。もしかしたら、何かの病気があるのかもしれません。早期発見で解決できる事もあります。

ソファーで2匹が寝ている

犬が吐いてしまった時の応急処置は?

薬品などの中毒による時

タバコや除草剤などを口にしてしまったら、それが少量でも、激しい中毒症状を起こしてしまうことが少なくありません。だんだんと、嘔吐や下痢、痙攣、呼吸がおかしくなってきます。見た目異常が見られなくても、体内ではどんどん中毒症状が出てきています。もし吐いたものがあればそれを持って、すぐに動物病院へいきましょう。もし食べてしまったものが分かっていましたら、症状が出ていなくても、早急に動物病院に行ってください。

小さな鉢植えの

異物誤飲で犬が吐いてしまっている時

犬は拾い食いをよくしてしまいます。自宅内でしたら、犬の口の届かない所に片付けれますが、散歩の時とかは、何が道端におちているか分からないものです。犬が”咳をよくしていたり””よだれの量がすごい時”は、異物がのどのあたりに詰まっているかもしれませんので、飲み込んだものが、「口から出せる小さなもの」であれば、小さじ1杯の食塩を口にいれて吐き出させましょう。この時、紐状態の物は、大変危険ですので、飼い主の判断で勝手に吐かせたりはしないでください。紐が絡まったりしたら大変です。異物が胃の中や、腸の中にとどまってしまうと大変ですので、必ず動物病院へ行ってください。

犬が吐いてしまった後の対処はどうしたらよいか?

嘔吐が何回も続いてしまったら、”絶食と絶飲”です。まったく、水を飲ませないというわけではありませんが、ガブガブたくさん飲ませることはやめましょう。犬が吐く回数が少なくなってきたら、少しづつ食事を食べさせてください。いきなり大量の食事が胃の中に入ったりすると、また嘔吐をぶり返してしまいます。気を付けてください。

水のみ器

日頃から気を付けておくことは?

病気以外の犬が吐く症状は、飼い主の対応で防ぐこともできます。もし、食事の後によく吐いてしまう場合は、1回の食事量を減らして、その分回数を増やすという方法があります。空腹で吐いてしまう事もありますので、その空腹感という感覚がなくなればいいと思います。食事の後に、激しい運動をしないことも大切です。

少量のエサ

最後に

犬が吐いてしまう事はよくあります。それは、犬は人間よりも吐きやすい生き物だからです。もともと、野性的である犬は、自分の胃の中をきれいにするために、わざと雑草を食べて吐くということをしていたと聞いたことがあります。それは自然現象なのです。

飼い主が日ごろから、スキンシップを取りながら、愛犬の状態を毎日観察していくと、その吐くする状態が自然現象なのか、病気の始まりなのかを見分けることができ、早期発見ができると思います。

ダックスがこっちを見て横になっている

かわいい愛犬を守るのは、飼い主さんです。毎日たくさんスキンシップを取りながら、愛犬の観察をしていきましょうね!

みんなのコメント

6件

  • 20代 女性 小夏

    うちの子も空腹時に嘔吐します。
    胃液しか出てないのできっと空腹が原因なのだと思います・・・
    それからは空腹時が長く続かないようにご飯の回数を3回に分けてあげるようにしました。
    そしたら空腹時間が長くなりすぎません。
    吐くことも気づけばなくなりました!
  • 30代 女性 きなこ

    嘔吐の経験は何回かあります。
    愛犬がまだパピーだった頃、夜ご飯とおやつを与えてそろそろ私たちも寝るか〜という時、ウロウロ落ち着かなくてどうやら具合が悪そう?
    不安になりながらも付きっきりでみていたら、さっき食べた物を戻し始めました。
    それで収まると思ったのですが、立て続けに何回も吐いちゃうのでこれは病院行かなきゃと深夜の動物救急病院に駆け込みました。
    レントゲンも撮ってもらいましたが、来る前に全部出しちゃったのかもう胃の中はからっぽ。
    本人も疲れた様子はあるものの、吐きは収まっていました。

    次の日は朝ごはん抜いて様子を見て、まだ具合が悪そうであれば掛かり付けの病院へ行ってくださいと言われました。
    その後、すっかり元気を取り戻したのですが、気になるのは原因です。
    フードはいつものでしたが、ペットショップでサンプルとしてもらった鶏のトサカが未消化で出てきたのでそれが原因かもしれません。
    トサカは噛み切れずそのまま丸飲みしていた様で、胃がまだ発達していない子犬には負担が大き過ぎたのでしょうね…反省しました。
    それからは、ガムやアキレスなど丸飲みしないように気をつけています。

    成犬になってからは、朝お腹が空き過ぎて胃液を吐く事がたまにあります(胃液は黄色なのですぐわかります)
    嘔吐=絶食というイメージですが、胃液を吐く場合は胃酸が出過ぎているので絶食せずヤギミルクやフードをふやかしたものを少しずつ与えます。
    犬は人より嘔吐しやすいのは、雑食傾向にある人間と比べて犬は肉食寄りなので胃がそんなに強くないからなのかもしれませんね。
  • 40代 女性 TIKI

    我が家の愛犬はまさに今朝少し吐いてしまいました。
    その後は様子をみましたが、食欲もありますし、散歩もいつも通りに行けたので大したことはないようでした。
    ただ、13歳という年齢や、前日に出かけて疲労もあったのかもと色々と反省をしました。今後は、食事の面で消化の良いものを与えたり、運動面など年齢に応じた対応を心掛けたいと思います。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!