知ってた?犬を撫でることで人のストレスレベルの数値が下がる!

知ってた?犬を撫でることで人のストレスレベルの数値が下がる!

犬と一緒に過ごすことがストレス解消になるというのは多くの人が実感していることですが、それを数値として確認した研究の結果が発表されました。詳しい内容をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

試験期間中にセラピードッグを採用する大学が増加中

校舎をバックにしたゴールデンレトリーバー

アメリカの大学生はプレッシャーや将来への不安など様々なストレスを抱えており、過去10年間で学生の抑うつ症状などが増加傾向にあると言われています。

とりわけ進級や卒業に関わる試験中はそのストレスも倍増します。そこで学生たちのストレス軽減策として、数年前から試験期間中にセラピードッグを採用する大学が増えつつあります。キャンパス内で犬を飼育している例もありますが、多くの場合は試験期間中だけ犬や猫に来てもらい、学生たちがそこを訪れることができるという形をとっています。

当初はセラピードッグに認定された犬が多かったようですが、最近では近隣のアニマルシェルターから数時間の「遠足」に来てもらうという双方にメリットのある方法も増えているそうです。

ある大学ではこのアニマルセラピーを取り入れてから、落第や中退する学生の数が減少したという報告もあり、犬や猫と過ごすことがストレス軽減に役立っていることが感じられています。

犬との触れ合いはストレスレベルの数値にも影響するのか?

勉強中の学生とゴールデンレトリーバー

しかしこれらのセラピーが実際に機能しているのかどうか科学的な数値としての証拠はありませんでした。この度ワシントン州立大学の研究者が、犬や猫との触れ合いがストレスレベルを下げていることを学生の主観は抜きにして調べるために、ストレスホルモンであるコルチゾールの数値を計測するというリサーチを行いました。

実験はキャンパスへの動物の訪問プログラムの間に、249人の学生を4つのグループに分けて行われました。
グループ1の学生たちは10分間犬を撫でたり、猫と遊んだりする時間を持ちました。
グループ2の学生たちはグループ1の学生が動物と触れ合うのを10分間見ていました。
グループ3の学生たちはスライドショーで動物の画像を見せられました。
グループ4の学生たちは10分間何もせず待機していました。

全ての学生から唾液サンプルが3回採取されました。1回目は朝起きた時、2回目は上記実験の10分後、3回目は同じく実験の25分後でした。

ストレスレベル計測の結果は?

コルチゾールテストと書いた試験管

学生たちの唾液からストレスレベルを示すコルチゾールを計測した結果、10分間犬や猫と触れ合ったグループ1の学生たちは他の全てのグループよりも有意に低い数値を示しました。それぞれの学生が朝何時に起きたのか、起床時のコルチゾールレベルはどのくらいだったのかに関わらず、10分間の実験後は見事にコルチゾールレベルが低下していました。

これはわずか10分間犬や猫を撫でただけで、身体的ストレスレベルに大きな影響を与える可能性があることを示しています。このような具体的な数値が示されることで、今後どのようなタイプのアニマルセラピーをどのくらい取り入れるのが最も効果的であるかを探っていく手掛かりになることが期待されます。

研究チームは今後は唾液中のコルチゾールだけでなく、身体の最も敏感なストレスシステムであるHPA軸と呼ばれる視床下部〜下垂体〜副腎系を介した内分泌反応についてさらに研究を進めるべきであるとしています。動物を撫でることで愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が促されることは知られていますが、オキシトシン分泌がHPA軸の反応を落ち着かせる可能性が考えられるそうです。

研究チームはまた、患者とセラピードッグという一対一の関係だけでなく、グループでのアニマルセラピーも生理的ストレスを軽減する証拠を得たと結論づけています。

まとめ

図書館にいるジャックラッセルテリア

大学の試験期間中に犬や猫がキャンパスを訪れるアニマルセラピーが学生の生理的ストレスを軽減することが、唾液中のコルチゾールレベルの計測で明らかになったというリサーチ結果をご紹介しました。私たちが経験から「当たり前じゃない?」と思っていることも数値を明らかにしての実証が、次の段階へ進むことにつながるのだなと感じるリサーチです。

それにしても実験に協力した学生たちのうち、グループ2〜4の人たちが後からしっかりと動物と触れ合えたことを願わずにはいられませんね。

《参考URL》 https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/2332858419852592

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。