マイフリーガードの副作用や注意点とは?犬のノミダニ寄生虫予防をしよう!

【獣医師監修】マイフリーガードの副作用や注意点とは?犬のノミダニ寄生虫予防をしよう!

お気に入りに追加

マイフリーガードは我が家の愛犬に欠かせないものとなっています。これからの季節、わんちゃん達とたくさんお外へお出かけをしようと計画している方も多いのではないでしょうか。そんな飼い主さんにとって、我が家の寄生虫予防が必要なものになってきます。マイフリーガードのことを知って、少しでも犬の害虫駆除の参考になれば幸いです。

78714view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

マイフリーガードとは

マイフリーガードはダニ対策によく用いられる薬

暖かくなるとわんちゃん達と沢山お外にも出かけられるようになるので、飼い主さんもわんちゃんも楽しみな季節だと思います。

大好きなわんちゃんと沢山色々な所に行けることは楽しみの一つですが、飼い主さんにとっては心配事も増えますよね。

それは、季節ごとで出てくる、わんちゃん達の『ダニ対策』かと思います。

ですので、大切なわんちゃん達のダニ予防のための『マイフリーガード』について紹介していきたいと思います。この記事が少しでもみなさんの参考になれば幸いです。

マイフリーガードを知る

マイフリーガードとはわんちゃん達のダニやノミの予防が出来る、ダニの予防薬です。犬用のものや猫用のものなど、ペットによって種類もそろえてあります。

基本的にはスポットタイプの予防薬。スポットタイプとはわんちゃんの頭の後ろ、首の付け根に直接垂らして使用するタイプのことです。一箇所に垂らすだけですが、薬の成分が全身に行き渡るので、簡単かつ安全にわんちゃんの体をダニから守ることができます。

マイフリーガードは、昔からわんちゃん達のダニの予防薬としてある『フロントライン』のジェネリックの薬です。

有名なダニ予防の薬『フロントライン』と同じ効果でが得られるのですが、フロントラインよりも安く使えるため多くの飼い主さんが使っており、一般的なダニ対策の予防薬かと思います。

この予防薬を月に一回予防を行うことで、一月の間ダニの予防が出来ます。そこまで手がかかる投与方法ではありませんので、飼い主さんに負担の少ないのです。

マイフリーガードは、ペットショップや通販などでは購入できず、動物病院で塗布してもらうことになります。動物病院で処方して貰えば、わざわざ動物病院で処方してもらわずに家で簡単に使用することができますね。

ですが、マイフリーガードに含まれているアルコール成分は犬の体調の問題となる場合があるので、マイフリーガードを使用する際には気をつけなくてはいけないことがあります。

なのでマイフリーガードを使用するにあたって、注意しなければいけないことや薬の副作用などを飼い主さんは必ず知っておきましょう。

マイフリーガードを使う際の注意

マイフリーガードは月に一度行うだけで、一ヶ月間ダニの予防が簡単に出来るので、よく使用されているダニの予防薬ですが、気をつけなくてはいけない点がいくつかあります。

皮膚が弱いわんちゃんにマイフリーガードは使わない

散歩する犬

前途したように、マイフリーガードにはアルコール成分が含まれるため、皮膚の弱いわんちゃんには染みてしまったり、皮膚が荒れてしまうことがあります。

使用する前には必ず、わんちゃん達の皮膚の様子などよく見て使ってあげることが必要になります。

また、成分は同じ物でも、わんちゃんによってはフロントラインでは問題がない子がマイフリーガードでは皮膚が荒れてしまうことなどもあります。

ジェネリックなので成分が同じでも、その成分を溶かしている基材と言われるものが異なりますので、以前フロントラインを使っていたら大丈夫だろうと決めてかからず、まず一回分だけ動物病院で処方してもらい、わんちゃんの様子を見てから使用するかどうかを決めてあげると安心ですよね。

もし、皮膚に何かしら副作用の症状が出ていたり、少しでも荒れているわんちゃんの場合はスポットタイプの物による予防でなく、 他の方法も含めて動物病院で相談するのが良いかと思います。

マイフリーガードの使用による副作用の例

  • 疼痛
  • 虚脱
  • 痙攣
  • 下痢
  • 血便
  • 嘔吐
  • 熱が出る
  • 元気がなくなる
  • 食欲がなくなる
  • 毛が抜ける
  • 皮膚が壊死する
  • 顔が赤くなる
  • まぶたが腫れる

など…。これらの副作用が出たらマイフリーガードではなく、他の対策をとるようにしましょう。

トリミングの時期に気をつける

マイフリーガードの最大の特徴は、アルコールの成分によって全身に広がり、ダニの予防が出来るという点です。

犬の皮膚の表面には脂があるのですが、その脂があることで予防薬に含まれているアルコールの成分が全身に広がり、予防が出来ます。

このため、予防を行う前後2〜3日はシャンプーなどのトリミングはしないようにしてあげて下さい。

シャンプーした後すぐでは、体の脂が失われているため予防薬が体全体に伝わらなくなり、予防が出来ないことがあります。

また、マイフリーガードを使用してからすぐシャンプーなど、トリミングを行ってしまうと体全体に行き届かないうちに流れてしまうため効果がなくなります。

このため、予防をする日とトリミングなどを行う日はよく検討して、使用することが良いと思います。

我が家ではわんちゃんの体も小さく、毛も柔らかいため毛に付いて気になったりするため、トリミングの予定の日の一週間前に予防をするようにしています。

わんちゃん達が舐めれない所に薬を付ける

マイフリーガードはアルコール成分により体全体に薬が広がり予防が行われます。

そのため、全身に広がる前にわんちゃん達に舐められてしまっては、効果が無くなってしまいます。

そのため、わんちゃん達が舐めれない場所である、肩甲骨辺りに付けてあげることが大切です。

また、付けてあげる際はあまり毛に付かない様に出来る限り毛を掻き分けてあげ数カ所に分けて付けてあげることも大切になります。

これは、薬液の多くが毛に付いてしまったり、毛を通じてわんちゃん達が舐めることが出来る場所に流れてしまったりなどすることがないようにしてあげるためです。

毛についても体には広がるのですが、多くが毛に付いてしまうと毛がべったりとしてしまうことがあります。

毛の柔らかいわんちゃんなどでは、飼い主さんにとっても気になりますし、わんちゃん達の中にも気にするわんちゃんもいるので、出来る限り毛を掻き分け、皮膚に直接付けてあげるようにしましょう。

マイフリーガードが他のダニ予防薬と比べて優れていること

寝てる犬

マイフリーガードは多くの飼い主さんが使われているように様々な点で他のダニ予防薬より優れている点がいくつかあります。

ダニ予防の効果に対する信頼性

ペットショップなどに置いている物も含めるとダニ予防に対して沢山の商品があるかと思います。

ペットショップだとすぐ手に入りますし、動物病院で処方してもらうものよりお手頃で予防が出来るものもあるかと思います。

しかし、ペットショップに置いてある物の効果については分からない所もあります。

せっかくわんちゃん達の体のことを思って予防をしてあげたいと考えてる飼い主さんにとってはとても残念なことですよね。

その点、マイフリーガードは動物病院で処方してもらえる薬ですので、安心して飼い主さんもわんちゃん達の予防が出来るかと思います。

そのため我が家では動物病院で処方してもらい、安心して大切なわんちゃんに使えるマイフリーガードを用いています。(我が家の愛犬にはマイフリーガードは効果が抜群でした!)

動物病院処方でも価格がお手頃なマイフリーガード

マイフリーガードはフロントラインと同様の効果が得られるにも関わらず、ジェネリックの予防薬のため、フロントラインよりお手頃な価格で予防が出来ることはとても助かりますよね。

毎月のわんちゃん達の予防であり、また半年以上行わなくてはいけないことなので少しでもお手頃な価格で予防が出来ると飼い主さんも良いですよね。

マイフリーガードを使った我が家のわんちゃんの様子

我が家のわんちゃんは、梅雨前〜冬になるまでダニの予防を行っています。

マイフリーガードを使うことで、皮膚が荒れたり、痒がったりなど気になるところは今のところありません。

我が家のわんちゃんは、予防薬を行った後に少しアルコールの特有の匂いを気にしていることがあるのですが、毎回嫌がることなくお家での予防を行えるのはとても助かっています。

これからも皮膚が荒れたりなど問題がなければ、大切な家族のことを考えマイフリーガードによるダニ予防を行っていこうと考えています。

マイフリーガードのお勧めポイント

先ほどのマイフリーガードが他のわんちゃんのダニ予防薬に優っていることと同様なのですが、効果に対して安心して大切な家族であるわんちゃんに使える点、また価格がお手頃という点です。

毎月の予防なので、安心して使えることもとても大切ですし、価格がお手頃ということはとても飼い主さんにとって嬉しいことですよね。

マイフリーガードのまとめ

大切な家族のわんちゃん達の予防は飼い主さんもしっかりとしてあげなければなりません。

予防してあげることでわんちゃん達の健康が守られるダニの予防においては特に気をつけてあげたい飼い主さんが多いかと思います。そのためにダニの予防薬である「マイフリーガード」の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

ダニを予防してあげる理由の一つにダニによる吸血を防いであげることかと思います。

特に小さいわんちゃん達にとってはダニによる吸血による貧血で体調が悪くなってしまうこともあるため安心して、しっかり予防出来る物があると安心ですよね。

忙しいとわんちゃん達の予防を忘れてしまう飼い主さんもいるかと思います。

しかし、わんちゃん達は人と異なり自分で病気を予防したり、体の異変を伝えることが出来ないため、飼い主さんがしっかりと予防してあげなくてはいけません。

わんちゃん及び飼い主さんの両方にとってダニ予防がより良いものになるよう、マイフリーガードをうまく使っていきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 くう

    うちの犬はフロントラインプロを使っています。これまで動物病院で処方してもらっていましたが、今年は春先に忙しくてネット購入しました。ちなみにフロントラインなどのノミダニ駆除薬はネットで購入できましたが、フィラリア予防薬は医薬品のため動物病院でしか購入できないようです。
    よくスポットタイプのノミ・ダニ駆除薬を塗ると、犬が暴れると聞きますが、うちの犬も一生懸命床にひっくり返ってクネクネ、恐らく首の後ろに違和感があるのをこすりつけているのだと思います。これは、薬剤に含まれるアルコール成分が気化するときにヒヤッっとするのが原因のようです。
    最近では服薬タイプのノミダニ駆除薬がありますが、うちの犬は2メーカーの商品を試してどちらも副作用が顕著に出てダメでした。目が充血してぐったり、2日ほど寝込むくらいの副作用でしたので、長年犬に使用されてきたスポットタイプの信頼できるメーカーのものが一番良いと考えてます。
  • 投稿者

    女性 MOCHI

    もちろん、うちの愛犬にも毎回ノミ・ダニのお薬を付けているのですが、実は毎回「これは本当に安全なものなのだろうか・・・」と疑問を抱いていました。犬を飼っている友人や獣医さんから薦められたものを使ってはいるのですが、お薬のことを自分で最初からキチンと調べたことがありません。「もしかしたら副作用が強いものなのかもしれない」とか「これは実は愛犬に大きな負担がある薬なのかもしれない」とは考えてはいますが、お薬を止めてしまい、その後愛犬にノミとダニが付いてしまうことを考えると、やはりお薬はきちんと付けておかなくてはいけないんだろうなと、また振り出しに戻ります。マイフリーガードは聞いたことがあったのですが、よく知らなかったので、今回記事を読んで知ることができて良かったです。こうやってノミ・ダニのお薬の記事が今後たくさん出てくるととても助かります。
  • 投稿者

    女性 桜茶

    この手のダニ予防薬で愛犬が肝臓と腎臓に負担がかかり肝炎、腎炎になったのでおそらく今後も使用は控えたい予防薬です。愛犬は皮膚が弱い方ではなかったのですが、含まれるアルコール成分のせいか、滴下した部分の被毛が抜け落ちてしまい、皮膚も黒く硬くなってしまいました。体の震え、嘔吐や下痢、食欲不振、異常に水をガブ飲みするなどの症状が見られました。よほど合わなかったのだろうと思います。たった一度の使用でこんなになるなら、薬剤を使ったダニ対策ではないもので予防していこうと考えたきっかけでもあります。
    個体差はもちろんありますが、問題がない子にはとても効果的で、体質的に合わない子にはとても危険な予防薬であることは知っておく必要があります。特にホームセンター等で気軽に買えるものはあまりお勧めしたくはないです。

    予防したいのなら、動物病院だけで扱っているものの方が安全です。今は飲むタイプの予防薬もあるので、ピペットタイプが合わない子には内服タイプが安心ですね。
    どんなものでも副作用はあるので、滴下した後や飲ませた後などは様子をみておき、合う合わないをしっかり見極めてあげる必要がありますね。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    うちもマイフリーガードを使っています。とはいえ、正直あまり体にいいとは思えないものだと感じていて、いつも悩みながら使っているというのが正直なところです。マイフリーガード自体が悪いとかそういうことではなくて、皮膚に薬品を垂らして、そこについた虫が死んでしまうというのがこわいというか。。。そんな薬品が数週間も体についたままなのか…と思うと犬の皮膚や内臓にとってきつくないんだろうか?と。それも、使っていても効果が絶対じゃないところがまた悩みどころで。なので、できるだけ使う頻度を少なくしたり、限定的に使ったりするようにしています。もう少し体に優しいものでダニやノミをしっかり予防できるものがあったらいいのにな、と思っています。
  • 投稿者

    女性 すいーと

    ダニ予防薬の一種なのは知っていましたが、フロントラインのジェネリックがマイフリーガードなんですね。

    我が家の愛犬たちはチュアブルタイプの内服予防薬をしているので、長い事スポイドタイプは使用していません。
    元々フロントラインを使用してたのですが、二頭のうち一頭のポメラニアンの子が毎回予防薬をつけるたびに背中を擦り付けたり興奮気味になっていたんですね。アルコールなどの薬品の匂いが嫌なのかな?でも予防しないとダニメインと言うよりはフィラリア予防がメインでしたが、3回目のフロントラインの使用どきにフロントラインをした直後に嘔吐してしまい、みるみるうちにぐったりしてしまいました。
    すぐに病院に行き診てもらい、落ち着いたらマシになったのですが、その日の体調で合わなかったのか分かりませんが、フロントラインをするのが怖くなってしまい、先生に相談したところ内服薬タイプの予防薬もあるとの事でそのタイミングで二頭とも予防薬を変えました。
    内服薬タイプにも副作用の可能性はありますが、心配であれば一錠を半分に割り朝と晩に分けて飲ませても効果は変わらないとの事で分けて飲ませていました。
    今は錠剤ではなくチュアブルタイプですが、今のところ一度も副作用などないのでホッとしています。

    内服薬のチュアブルタイプ、内服薬の錠剤タイプ、スポイドでたらすタイプの順に予防薬の価格は変わります。
    価格は高くてもチュアブルタイプだとオヤツのように食べてくれるので予防薬を与えるのもストレスがないので、個人的には副作用やアレルギーがなければチュアブルタイプはオススメです。

    予防薬が合わないわんちゃんや高齢や病気で予防薬が出来なかったり、避けたい場合は自己責任ですが、予防薬は使用せずに、虫除けハーブスプレーを使ったりダニ対策でも良いと思います。

    愛犬たちも予防薬をしていますが、普段からダニなどつかないよう清潔にし、夏場は虫除け効果のあるクール素材の洋服や、スプレーなど併用しています。
  • 投稿者

    女性 ししゃも

    コメント欄に書いている方がいらっしゃいましたが、うちの犬も服薬タイプのノミ・ダニ駆除薬は副作用が出てダメでした。フィラリア予防薬と一緒になっているものが人気のようですが、服薬タイプは副作用が出る可能性があるということに留意して使用を決めた方がいいと思います。滴下式のものは安心して利用出来ています。うちはマイフリーガードではなくフロントラインプロをネットで買っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。