『大人が苦手な捨て犬』を子供たちが協力して保護した話

『大人が苦手な捨て犬』を子供たちが協力して保護した話

お気に入りに追加

アパートの駐車場で上ばかり見上げている犬がいました。その犬に秘められた実話です。

1504view

犬が上を見上げている理由

駐車場の犬

韓国のとあるアパートの駐車場でいつも座っている犬が見かけられるようになってから、かなり時間が経ちました。

特定の部屋

その犬はいつもそこに座って、アパートの11階のある部屋を見上げていました。

逃走

捕まえようと大人たちが近寄ると、犬は逃げてしまいます。

特に男性が怖いみたいです。

戻る

そして、周囲に誰もいなくなると、犬はまた同じ場所に戻ってきて座り込みます。

子供達

突然、犬が走り出しました。

そこには子供たちがいました。

犬は子供たちにとてもなついていました。

「捨て犬だと思う。」と子供達は言いました。

理由

犬が子供たちにはなついて、大人たちには逃げるのは、きっと大人に虐待を受けた過去があるからではないでしょうか?

子供達に対しては、たとえ大勢囲まれても犬は平気でした。

また戻る

犬は、何をしていても、また駐車場の定位置に戻ってきて特定の部屋を見上げることを繰り返していました。

女性

そして、とうとう犬が待ち望んでいる人がアパートの中から現れました。

彼女はずっと犬にご飯をあげている人でした。

でも、その彼女ですら犬は距離を置いています。

彼女は近寄ると犬が逃げるので、触ることができないでいました。

しかし、犬は彼女の姿を見かけると、後をついてきます。

保護主

彼女は、この犬が仔犬の時に捨てられていたのを保護した女性でした。

でも、保護して1か月後、開いていたドアから犬は外に飛び出してしまったそうです。

それから2カ月が過ぎました。

捨て犬

犬は捨て犬として成長してしまいました。

野良犬として、大人たちに追い払われた経験がきっとあるのでしょう。

きっと大人に対して悪い思い出があるせいで逃げてしまうのでしょう。

作戦

もし、その女性が、犬を取り戻したいのであれば、それなりの行動を起こさなければならないでしょう。

そして、子供たちが協力をすることになりました。

犬が慣れている子供たちが集まって、犬を無事保護するために行動を起こしたのです。

最後に

子供たちのおかげで、犬は無事保護することができました!

もう二度と、脱走させないことを願っています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。