疥癬に侵されたシェルター収容犬は自分の未来に絶望していた...

疥癬に侵されたシェルター収容犬は自分の未来に絶望していた...

1匹の犬がとてもひどい疥癬でセンターに収容されました。その犬はすべてに絶望していました。でも、ある人に引き出されたことで劇的に彼の未来は変わりました...

はてな
Pocket
お気に入り登録

疥癬に苦しむ犬

シェルター

バスターは、シェルターにいました。

彼はひどい疥癬に苦しんでいました。

苦痛

体中に痛々しい傷がありました。

絶望

彼は希望を失っていました。

治療

彼には早急に深刻な治療が必要でした。出血もひどかったです。

ブージーという先住犬も、バスターのことを懸命にケアしてくれました。

改善

現在、バスターのコンディションは改善されています。

不眠

しかし、バスターは眠ることができません。

そのため疲労が溜まってきています。

寄り添う

ブージーはそんなバスターの側にずっと寄り添っています。

バスターはやさしさに包まれて希望を取り戻しました。

回復

彼は、みんなの想像以上に回復してきました。

そしてとうとうおもちゃで遊べるまで元気になりました。

子犬らしく、そして賢くなってきました!

最後に

バスターは上気道感染症でした。

それはいずれ完全に治ると思われます。

既に彼の毛は生えてきています。

今の彼は平和で幸せそうです!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。