油断大敵!犬に多い事件・事故3選

油断大敵!犬に多い事件・事故3選

愛犬の健康状態をいつも管理してあげるのは飼い主としては当然のこと。しかし日常生活の中で愛犬が事件や事故にあってしまう危険性を考えたことはありますか?言葉にすると少し重々しいですが、突然、事件や事故に巻き込まれてしまう可能性はゼロではありません。突然の思いがけない出来事を回避できるよう、この記事では犬に多い事件や事故をお伝えしていきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の事件事故に注意!

お散歩中の犬と自転車に乗る人のイラスト

我が家は今の愛犬と暮らし始めて4年と数ヶ月たちます。先天的な持病があり、毎月の通院は大変なものの、幸いにも事件や事故にあったことはありません。どこのご家庭も平穏に毎日の生活を過ごすなかで、愛犬が突然事故にあってしまったり事件に巻き込まれたりなど想像しないほうが普通のことだと思います。

SNSでは迷子になってしまったワンちゃんの情報が拡散されていることが多くあります。ほんの少し目を離したすきに、犬が逃げてしまい迷子になってしまうのも、ちょっとした事故のようなものですよね。

犬に多い交通事故や落下事故などは、飼い主さんの一瞬の隙をついて起こってしまうことが多くあります。不慮の事故には注意するだけでは防ぎきれないものもありますが、前例を見て学べる部分は学んでいきましょう。

犬に多い事件事故3選

キャリーケースで運ばれる犬

1.交通事故

犬が1番命を落とす可能性が高い事故が交通事故です。お散歩中に車と接触しそうになりヒヤッとした事はありませんか?車との接触以外にも自転車との衝突による交通事故も多くあります。愛犬が交通事故にあってしまった多くのケースがリードをつけていないか、伸縮リードを使用した状態でのお散歩です。

最近ではノーリードで犬をお散歩させている人はかなり減っているとは思いますが、ごく稀に見かけるのも事実です。伸縮リードは街中や、道の見通しの悪い住宅街でも普通に使用している方を見かけます。

ノーリードや伸縮リードは愛犬自身が事故に遭い、辛い思いをするだけでなく、こちらが加害者になる事もあります。自由が利く状態の犬が突然道路を横断し、車を運転していた方が驚き玉突き事故になってしまったり、伸縮リードに引っかかり自転車を転倒させてしまったケースもあります。

このような事故の場合は責任は私たち飼い主にあります。実際に損害賠償を請求され1000万円以上を支払わなければいけない判決が出たケースもあるほどです。犬の交通事故は適切なリードの使い方をすることによって多く防ぐことができます。

どんなに賢くて逃げることのない愛犬でも、お散歩の時は絶対にリードをつけること、また伸縮リードは広い公園や河川敷、犬が走り回りたくなるような空間で、なおかつ近くに人が居ないことを確認できた時のみ伸びる状態にして使用しましょう。

2.落下事故

交通事故に続いて犬が命を落とす可能性が高いのが落下事故になります。なかでも子犬に関しては、交通事故よりも落下事故によって命を落とすことが最も多いと言われています。落下事故と言うと階段などの段差から落ちたり、自転車のかごから飛び降りてしまったりなどを想像しがちですが、意外にも飼い主さんが抱っこしている時に不注意で落下してしまうことが非常に多いです。

成犬になる前の子犬や、もともと体重が軽い小型犬は飼い主さんも体に負担をかけることなく楽に抱っこをすることができるので成犬や中型犬、大型犬より抱っこする機会が多くあると思います。

体重が軽く楽に抱っこをできるため、注意不足になる事があるようです。前例で片手にスマホ、もう一方の片手のみで愛犬を抱っこしていた時スマホに着信があり、その音に驚いた子犬が飛び出して落下してしまい死亡してしまった事故があります。

片手で用事を足しながら、開いてる逆の手だけで抱っこをしたことはありませんか?どんなに小さく軽い愛犬でも片手で抱っこしてはいけません。両手でしっかりと抱っこをし、その両手の中に愛犬の命があることを意識してください。

3.飛行機搭乗による事件

愛犬と共に旅行に行かれる方も増えていると思いますが、犬は飛行機搭乗中に体調を崩すことが非常に多いです。犬は私たち飼い主と一緒に空の旅を楽しめるわけではなく、荷物として扱われるため機内の貨物室に運ばれます。

貨物室は空調管理はしっかりされているものの、外気温の影響を受けやすく温度調節は難しいようです。そのため熱中症で命を落とす犬が少なくありません。実際に犬を飛行機に搭乗させる場合は、犬に死傷があっても航空会社に責任を問わないという同意書にサインをしなければいけないほどです。

熱中症の心配だけでなく、普段の生活とは大きくかけ離れた環境に、強いストレスを感じることが多いでしょう。荷物として愛犬を預けるため搭乗前に飼い主さんとは離れ離れになります。知らない人に貨物室まで運ばれ、離陸や着陸の時には今までに聞いたこともないような騒音に包まれ不安を感じることだと思います。

犬を飛行機に絶対に乗せてはいけないとは言いませんが、もし乗せるのであれば、かかりつけの獣医さんに飛行機に耐えられる体調であるか診察してもらったうえで、気温に合わせた必要な物を準備しましょう。愛犬が季節ごとに使用している毛布や保冷剤、お気に入りのおもちゃなども持ち込んで不安な気持ちを少しでも軽減させてあげましょう。

まとめ

救急箱と犬

交通事故や落下事故、どちらも愛犬の怪我や命にかかわってくる事故なので、なんとしてでも防ぎたいものですよね。どんなに注意深く愛犬を見守っていても、小さな事件や事故は起こってしまうものかもしれませんが、少しの工夫や気遣いで未然に防げることも多くあると思います。これからの毎日も愛犬と共に笑顔で暮らせるように犬の事件や事故について考えてみるのも良いかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。