アメリカの空港で働く探知犬に「垂れ耳」が増えている理由

アメリカの空港で働く探知犬に「垂れ耳」が増えている理由

お気に入りに追加

アメリカの空港で乗客や手荷物を検査するための探知犬、最近は耳の垂れた種類の犬が増えているそうです。その背景をご紹介します。

2084view

アメリカの空港で働く探知犬

荷物を嗅ぐジャーマンシェパード

空港で税関や手荷物検査を通る際に、働く探知犬を見かけたことのある方は多いかと思います。ご存じの通り探知犬たちは、麻薬や爆発物が持ち込まれていないかどうかを検査する重要な役目を担っています。

アメリカの空港でも多くの探知犬が活躍しているのですが、最近探知犬の外見=犬種にちょっとした変化が見られるようになってきました。それは、とがった立ち耳の犬種よりも、耳の垂れた犬種が多くなっているというものです。

探知犬を管理しているアメリカ運輸保安局の広報担当者は、この変化を意識的に行ったものだと語っています。

なぜ垂れ耳犬種を多く採用?

伏せているジャーマンショートヘアーポインター

現在、運輸保安局では探知犬が引退した後に新しい犬を補充する際、積極的にスポーティングまたはハウンドのグループに属する垂れ耳の犬種を採用する方針を採っているのだそうです。その理由は単純で、「垂れ耳の犬の方が乗客(なかでも子供たち)に恐怖感を与えないから」というものです。

運輸保安局が管轄するアメリカ全土の空港で、約1200頭の犬が探知犬として働いており、そのうち約80%が垂れ耳の犬種だそうです。

採用されている垂れ耳の犬種は、

  • ラブラドールレトリーバー
  • ジャーマンショートヘアーポインター
  • ワイヤーヘアーポインター
  • ヴィズラ
  • ゴールデンレトリーバー

の5つです。残り約20%は、ワーキンググループのジャーマンシェパードとベルジアンマリノアの2犬種です。

実際には立ち耳の犬が、垂れ耳の犬よりも攻撃的であるとか、友好的でないことを示す研究は存在しません。ではどうして垂れ耳の犬の方が怖くないと感じる人が多いのでしょうか?

垂れ耳の動物は進化の過程で言えば「家畜化」の象徴であり、自然界では垂れ耳は幼齢の動物の特徴でもあります。垂れ耳が持つ「飼い慣らされた」「幼い」イメージが、立ち耳よりもフレンドリーな印象を与えるのに役立っているのかもしれないですね。

また、シェパードやマリノアは警察犬や軍用犬に結びつける人が多いため、フレンドリーというよりも「勇敢に闘う」というイメージが強いとも考えられます。

フレンドリーに見えても探知犬

探知犬の仕事中のラブラドールレトリバー

このように、空港で働く探知犬に垂れ耳の犬種が増えていることは、運輸保安局の広報担当者がマスコミなどに語っているのですが、この決定は公式文書としては発行されていないのだそうです。

なぜなら、空港で麻薬や爆発物を探知するという重要な任務において、最も大切な基準は「健康であること」「匂いを検出する意欲と能力」「社会性のある気質」であり、垂れ耳であれ立ち耳であれ、これらの基準が最優先されるからです。

また、働く犬がフレンドリーに見えても、仕事中の犬に人々が近づいてはいけないことに変わりはありませんが、これについては素敵なアイデアが用意されています。

空港で働く犬たちの写真を、お菓子のおまけのスポーツ選手カードのようなカードにして、子供が犬に近づこうとしたときには、ハンドラーがこのカードを手渡すようにしているのだそうです。子供でなくても欲しくなるようなアイデアですよね。

まとめ

上を見つめるベルジャンマリノア

アメリカの空港で働く探知犬について、乗客が怖がらないようにラブラドールなどの垂れ耳の犬種を積極的に採用しているという話題をご紹介しました。

犬好きな人々にすれば、立ち耳でも垂れ耳でも、働く犬を見たときに感じるのは「賢いなあ」「えらいなあ」という賞賛の気持ちが大半だと思うのですが、空港というたくさんの人が集まる場所では犬に馴染みのない人も、犬が苦手な人もいるので仕方がないことかもしれません。

《参考》
https://www.washingtonexaminer.com/news/tsa-moving-to-all-floppy-ear-airport-dog-force-because-pointy-ear-dogs-scare-children

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 スヌ子

    アメリカ東海岸の大都市に住んでいます。
    近くの空港ではセキュリティエリアの列で探知犬がウロウロ&クンクンしますが、圧倒的にビーグル、そしてたまにポインターを見ます。
    街中や大きな駅にいる警察犬だとジャーマンシェパードが一番多く、次はラブラドールレトリバーでしょうか。
    2種を比較すると、駅にいるのはラブラドールのほうが多い気がします。

    写真は先週末に駅にて警察官にお願いして撮らせてもらった警察犬です。
    仕事中ではあるのですが、ご主人ではない警官(右の方)にも飛びついて懐いていてとても可愛かったです。
    スヌ子の投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。