ブルドッグの尻尾が人間の遺伝疾患の解明につながる可能性【研究結果】

ブルドッグの尻尾が人間の遺伝疾患の解明につながる可能性【研究結果】

お気に入りに追加

ブルドッグの特徴のひとつであるスクリューテールに関連する遺伝子が、人間の遺伝疾患に関連する遺伝子とよく似ていることが研究によって発見されました。ブルドッグの健康改善と人間の遺伝疾患の治療の手がかりになる可能性をご紹介します。

1247view

健康に問題を抱える短頭種の犬

フレンチブルドッグの後ろ姿

姿形の可愛らしさを追求するあまりの行き過ぎた品種改良の結果、生まれつき健康上の問題を抱えて生まれてくる犬種があります。

その代表的な犬種が、短頭種のイングリッシュブルドッグやフレンチブルドッグ、ボストンテリアです。彼らの特徴はつぶれたような短い顔と幅の広い頭です。愛嬌があって可愛らしいのですが、この容姿は、ブルドッグたちに深刻な健康上のリスクを背負わせています。

平らになった頭蓋骨は酸素の流れを制限し、呼吸や心臓の障害が起きやすくなります。また、彼らのチャームポイントの一つである大きな飛び出した目は、怪我のリスクが高いものです。

そして、イングリッシュブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリアに共通する特徴であるスクリューテールも、彼らの健康上の問題を表しています。

スクリューテールに関連する短頭種の健康問題

イングリッシュブルドッグのお尻

スクリューテールというのは、スクリュー=ねじのようにクルンと巻いた短い尻尾を指します。コロコロしたブルドッグのおしりに、くるんと巻いた尻尾はとても可愛らしいのですが、実はここにも健康問題が潜んでいます。

イングリッシュブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリアはほとんどの個体が生まれつき脊髄が変形しています。この脊髄の変形が引き起こす結果が、独特な形のスクリューテールなのだそうです。

先ごろ、カリフォルニア大学デイビス校獣医学部の研究者が、スクリューテールを持つ犬たちの遺伝的な差異を詳しく調べるために、21犬種100匹の犬の完全なDNA配列を決定して比較しました。

犬はカリフォルニア大学デイビス獣医学病院に診察を受けに来た犬の中から募集されました。DNA配列を比較した21犬種には、短頭種ではあるがスクリューテールはめったに見られないパグやボクサー、そしてスクリューテールを持つイングリッシュブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリアが含まれていました。

そして、この遺伝子解析の結果、意外なことが分かったのだそうです。

スクリューテールの犬と、人間のロビノウ症候群との共通点

階段に立って振り返るボストンテリア

研究チームは、DVL2として知られる遺伝子において、全てのイングリッシュブルドッグとフレンチブルドッグ、そしてほぼ全て(94%)のボストンテリアで特定の突然変異を発見しました。この特定の突然変異は、他の犬では見られないものでした。

研究チームによると、この突然変異は母犬の子宮内で胎児の犬が発育する過程で、細胞が互いに連絡し合うためのタンパク質を変化させるものだとしています。細胞間の連絡に起きた、何らかの変化が、スクリューテールの犬たちの脊髄の変形を説明できる可能性があります。

この発見だけでも大変興味深いものなのですが、ブルドッグたちに見られる健康上の問題や、骨格の変形は『ロビノウ症候群』と呼ばれる衰弱性の遺伝疾患に苦しむ人々の症状と非常に似ているのだそうです。

研究チームが発見したDVL2遺伝子の突然変異が、ルビノウ症候群を引き起こす人間のDVL1遺伝子と、DVL3遺伝子の突然変異と非常によく似ていることも発見されました。

短頭種の犬の健康問題と、ルビノウ症候群治療の糸口

座る黒白のフレンチブルの子犬

ルビノウ症候群は非常に稀な疾患なのですが、この疾患を研究する科学者は特別に繁殖されたマウスを使用しています。

しかし、今回の研究でわかった結果から、スクリューテールを持つ犬の健康問題を改善する方法がルビノウ症候群の治療のモデルとなる可能性があります。人間の疾患の治療方法を探るために、病気のマウスやラットを作り出して研究するのではなく、同じ疾患や障害に苦しむ犬を治療しながら人間の治療法を探るという研究方法は、犠牲になる命を減らして救う命を増やすという面でも望ましいものですね。

スクリューテールの犬については、まだまだ明らかにするべき問題がたくさんあると研究者たちは述べていますが、長年の問題である短頭種の犬を健康的に繁殖飼育する方法の糸口が見つかったと言えそうです。

まとめ

振り返るイングリッシュブルドッグ

イングリッシュブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリアに見られるスクリューテールを作り出す脊髄の変形が、特定の遺伝子の突然変異に関連していること、その遺伝子突然変異は人間のルビノウ症候群という疾患に関連する遺伝子突然変異と非常によく似ていることが発見されたという研究をご紹介しました。

高度な研究の内容は一般の飼い主には無縁のものと思われがちですが、犬種特有の遺伝的な疾患や障害をなくしていくためには、一般の飼い主が関心を持つことは必要不可欠です。

犬種の持つ姿形の愛らしさだけでなく、そこに潜む問題にもしっかりと目を向けておきたいですね。

《参考》
https://journals.plos.org/plosgenetics/article?id=10.1371/journal.pgen.1007850

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。