ドッグフードに高レベルのビタミン混入で製品回収。犬の飼い主が知っておきたいこと。

ドッグフードに高レベルのビタミン混入で製品回収。犬の飼い主が知っておきたいこと。

先日、日本でもドッグフードに高レベルのビタミンDが混入していたことで製品回収が行われました。ビタミンDについて知っておきたいことがあります。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ビタミンD混入でドッグフードの製品回収

ボウルに入ったドッグフード

2018年後半、アメリカでドッグフードに規定量を大幅に超えた大量のビタミンDが混入していたことが発覚し、複数のメーカーとブランドで製品回収をしているというニュースが流れました。

つい先日は日本でも、処方食を取り扱う大手メーカーが公式にビタミンDの混入のため製品を回収するというアナウンスを行っています。

ドッグフードの回収と言えば、サルモネラ菌汚染やカビが発生した原料の混入、大きな事件となったメラミン混入などを思い出す方も多いかと思います。
そういう病原菌や明らかな毒に比べれば、ビタミンが多すぎるくらいたいしたことではないのでは?と思われるかもしれません。

けれど、アメリカでこの件が発覚したきっかけは、消費者からの健康被害を訴える苦情でした。
製品回収のアナウンスでも「潜在的な毒性レベルのビタミンD」と発表されています。はっきりと健康被害が確認できるレベルのものだったということですね。

ビタミンなのに毒になるの?

VitaminDの文字と食品

ビタミンには、水溶性のものと脂溶性のものがあります。
水溶性のビタミンはB群やCで、摂りすぎた場合は尿と一緒に排出されます。脂溶性のビタミンはA、D、Eで、摂りすぎた場合は体に蓄積されていくので、過剰摂取には注意が必要です。

ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、カルシウムとリンのバランスの調整役でもあるので、骨の健康のためには欠かせないビタミンです。また、免疫機構の働きにも関連があります。

しかし、先に述べたように脂溶性のビタミンですので、摂り過ぎれば体に溜まっていき、嘔吐、食欲不振、多飲多尿、大量のよだれ、体重減少などの症状が現れることがあります。
短期間に大量のビタミンDを摂取した場合には、腎機能障害などの重篤な症状が出ることもあり、最悪の場合には命にも関わります。
また、蓄積するものですから、該当するフードを食べるのを止めても症状が消えない場合もあります。

どんなふうに対処すればいい?

獣医師に診察される柴犬

今のところ日本では、正式に製品回収のお知らせをしているのは処方食のメーカー1社です。
https://www.hills.co.jp/productlist

けれど、アメリカからの輸入品を購入している方は、アメリカ食品医薬品局のサイトで発表されているリストを確認されることをお勧めします。
https://www.fda.gov/animalveterinary/newsevents/ucm627485.htm

該当するフードを食べさせていたという方は、念のため病院での診察を受けることを強くお勧めします。元々処方食を食べている犬は、何らかの疾患があってのことですから、今のところは何も症状がなくても、過剰摂取で蓄積したビタミンDが不調のきっかけになる場合もあるからです。

また、該当するフードを利用していなかった飼い主さんも、ビタミンの過剰摂取を甘く見ないということを覚えておいていただきたいと思います。

まとめ

フードを食べる子犬

ドッグフードへのビタミンDの大量混入で製品回収が起きた事について「返品して返金してもらったらおしまい」というわけではないことをご紹介しました。

犬は私たちが与えるものしか食べることができませんが、私たち飼い主はメーカーが提供するものを大丈夫だと思って与えています。それだけに、このような回収騒動は本当に残念なことです。

犬に与えている製品に関する情報にアンテナを張り巡らせておくことも大切ですが、該当する製品を利用していても、回収のニュースを知らないという方も案外多いものです。犬友さんが集まるような場所で、情報をシェアし合うことも大切なことですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    こういう事がある度に、ドッグフードを与えることが不安になる。
    そして、この記事を見るまでこの様な事があったなんて知らなかった。
    まだまだ、日本ではドッグフードは食品だという意識が低いのかなと思うと悲しいですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。