動物病院での犬のストレスと知っておきたい大切なこと【研究結果】

動物病院での犬のストレスと知っておきたい大切なこと【研究結果】

お気に入りに追加

イタリアで犬の飼い主を対象にしたアンケートで、動物病院での犬のストレス度合いが調査されその結果と考察が発表されました。その内容をご紹介します。

3780view

動物病院は犬にとってストレス?

病院で診察を受けながら怖がっている犬

皆さんのお宅のわんちゃんは、動物病院が苦手ですか?
たまに「うちの子は獣医さんが大好きで」というお話も聞きますが、病院は好きじゃないとか、大嫌い!というわんちゃんは多数派だと思います。

そんな「動物病院は犬にとってストレスになっているか?」というテーマで、イタリアのピサ大学の研究者が大規模なアンケート調査を行い、その結果が考察とともに発表されました。

確かに病院に行くことがストレスになるという犬が多かったのですが、他にも興味深いことや、人間が心しておかなくてはいけないことが調査の結果から見えてきました。

「犬と動物病院」に関するアンケートの様々な数字

体重測定中の怯えている犬

このアンケートは、イタリアの906人の犬の飼い主を対象に行われました。ほとんどの飼い主が、自分の犬は病院の待合室から獣医師による診察まで、病院の中で起きる全ての段階のどこかで、大なり小なりのストレスを感じていると報告しています。

病院への初期段階での犬のストレスに関する回答は次のようなものでした。

  • 犬を車に乗せたとき、すでに病院に行くと気づいている:39.7%
  • 家を出たとき、すでに病院に行くと気づいている:7.4%
  • 病院に到着すると、すぐにストレスサインを見せる:52.9%

約3分の1は、獣医師から受ける医療的な処置をおとなしく受け入れているように見えると答えています。
しかし待合室に入る以前の段階で、すでにストレスサインを見せている犬が上記のように見られることは、おとなしく診察を受けているように見えても、実は恐怖やストレスで抵抗できなくなっている可能性が大いに考えられます。

犬が病院で強いストレスを感じていることを示す数字としては、

  • 診察室へ入ることを拒否するので抱いて運ぶ必要がある:16%
  • 獣医師が与えようとした食べ物を食べない:37%
  • 病院で飼い主を咬んだことがある:6.4%
  • 獣医師に唸ったり歯を剥いたりしたことがある:11.2%

待合室や体重測定など病院での初期の段階でストレスを感じている犬は、診察や検査などの後の段階ではさらに強いストレスを感じていることもわかりました。

また病院ではなく、家庭で歯磨きや爪切りなどのケアをする際、47%の飼い主は「問題なくできる」と答えていますが、「ケアに困難を感じたことがある」と答えた飼い主も約3分の2いました。
ケアに困難を感じたとき、72.4%の人が犬を叱り、強制的にケアを行うと答えています。
同じ状況で犬を叱らないと答えた人は、14%しかいませんでした。

研究者はこの数字をとても重く見ており、家庭でのケアを拒否したときに飼い主に叱られる犬は、診察中の獣医師に、攻撃的な態度を見せることと関連を見出しています。

またここには、病院での診察を犬が嫌がったときに、飼い主が犬を叱ることも関連しています。

研究者は、ケアや治療を嫌がる犬を叱ることについて、「状況を悪化させ、犬の福祉を損なっている」と懸念を示しています。

病院での犬のストレスを緩和について研究者の考察

診察台の上で怯える犬と慰める女の子

とはいえ、ケアや病院での診察は犬にとっても必要で大切なことで避けることはできません。
病院での犬のストレスを少しでも和らげるのはどうすれば良いのでしょうか?

研究者は、「子犬の頃から、病院に立ち寄って挨拶するだけなど場所に慣れさせることが大切」と述べています。
また病院への移動に関連するもの全てをポジティブに関連付けることも大切です。
車での移動は病院だけでなく、楽しい場所への移動にも積極的に使うなどはその一例です。

最も重要なのは、犬が嫌がったときに叱らないことです。
まず何が犬にとってストレスになっているのかを飼い主が明確に理解しなくてはなりません。
自分だけでは解決できないと判断したら、動物行動学者または動物行動学を理解しているドッグトレーナーに相談することが推奨されています。

研究は飼い主だけでなく、獣医師の行動も重要であると述べています。
診察室で飼い主が犬を叱った場合など、獣医者は飼い主に対して、それが動物福祉を損なっていることを伝え正しい対応を指導することが必要だとしています。

半数以上の獣医師は犬に優しく話しかけたり、名前を呼んで撫でたりという行動を実行しています。これだけでは嫌がる犬が落ち着きを取り戻すには弱いのですが、これらの行動をしない場合には、犬は獣医師に対してさらにストレスを感じる可能性が高いため、やはり有効であるとしています。
また動物病院内の騒音や、待合室のレイアウトなどをストレスの少ないものにすることの大切さにも言及しています。

まとめ

獣医師とエリザベスカラーを着けた犬と飼い主

イタリアのピサ大学の研究者が行った、動物病院での犬のストレスに関する飼い主へのアンケート調査の結果と考察をご紹介しました。

従来から言われていたことと重なる部分も多いのですが、動物病院での犬のストレスを飼い主や獣医師がどのように扱うかで、動物福祉を損なうことにもなるという点にはハッとさせられました。

研究者は獣医師へのアドバイスとして、「動物の福祉を保護することは獣医師という職業の義務であることを認識してください。」と述べています。

一般の飼い主には、動物病院を選ぶポイントのひとつとして覚えておいてほしいとも述べています。

愛犬を病院に連れて行くときには、「この犬の福祉を損なわないこと」を強く意識しようと考えさせられました。

《参考》
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27712096

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    お聞きしたいのですが、
    人間のインフルエンザは犬に、うつりませんか?
  • 投稿者

    30代 女性 ピン

    人間でさえ病院が怖いし苦手なのに可愛い動物に怒る‼️って鬼畜過ぎる!家のワンコさんも病院は嫌いだし怖がるからトントンと人間の赤ん坊をあやすように大丈夫だよ(><)大丈夫だからね!とすると落ち着いている。絶対叱るなんてやめてほしい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。