子犬の夜泣き対策!原因やしつけから対処法まで

子犬の夜泣き対策!原因やしつけから対処法まで

お気に入りに追加

子犬との生活が始まり、突然の夜泣きに困っている方も多いかもしれません。マンションなどの集合住宅ではご近所迷惑の心配や、いつまで続くのかもわからない不安で、飼い主さんによってはノイローゼになってしまうこともあります。そうならないために、まずは原因を探って上手に対処していくことが大切です。今回は、子犬が夜泣きする原因と対処法をご紹介していきます。

2238view

子犬が夜泣きする原因

マルチーズの子犬

子犬を家族として迎え入れてから、ある程度期間がたっても夜泣きをする場合、いつまで続くのか悩む方もいると思います。しかし子犬の夜泣きには必ず原因があります。

寂しいから

子犬を飼い始めた初日は、子犬にとって新しい環境に慣れず落ち着かない状態です。今まで一緒にいた家族や自分を世話していた人から離れ、きっと心細い思いをしていることでしょう。

また犬は群れで生活する習性があるので、ひとりぼっちはとても苦手です。特に夜は物音がなく静かになるので、子犬は急にさみしくなり、飼い主さんを呼ぶために夜泣きすることがあります。

トイレに行きたい

犬はトイレをする場所や時間を自分で決める習性があります。その上、犬はもともときれい好きで、自分の居場所が汚れることをとても嫌います。

子犬がサークルやケージで寝ている場合、排泄物で寝床の近くが汚れると子犬は不快に感じ、きれいにしてもらいたくて飼い主さんを呼ぶために泣くことがあります。また、子犬が自由にトイレに行かれない場合、トイレに行きたくて夜泣きをすることもあります。

お腹がすいた、のどが渇いた

子犬は一度にたくさんの量のご飯を食べることができません。また子犬は消化が早いので、夜ご飯が早いとお腹がすいてしまうことがあるようです。

そのため飼い主さんにご飯をねだって夜泣きすることがあります。また、子犬はよく水を飲みますが排尿も多いため、のどが渇いて泣いている可能性もあります。

明るすぎる

犬の目は光の感受性が強く、明るい部屋では熟睡できません。また明るい部屋で寝かせると、犬の体内時計や睡眠のリズムが狂ってしまいます。そのため子犬は、部屋が明るすぎることを不快に感じ、夜泣きしている可能性があります。

暑すぎる、寒すぎる

子犬のうちはまだ体温調節が苦手なため、飼い主さんの方で調整してあげる必要があります。子犬にとって快適な室温は約25℃前後、湿度は40~60%と言われています。そのため、暑かったり、寒かったりすることを不快に感じ、夜泣きで訴えることもあります。

ケージに慣れていない

通常サークルやケージは、子犬にとって安全地帯を意味します。しかし、まだ環境に慣れていないうちは、不安感を抱くことがあります。

また眠るときや、留守番のときだけサークルやケージに子犬を入れることで、嫌なイメージを植え付けてしまうこともあります。ゲージなどに慣れていない子犬は「ここから出して~」、「ひとりぼっちにしないで~」と、夜泣きで飼い主さんにお願いしている可能性があります。

子犬の夜泣きの対処法

紐のおもちゃで遊ぶレトリバーの子犬

安心アイテムを与える

子犬の夜泣き対策で、子犬がお家に来て間もない場合は、それまで一緒に過ごしていた「おもちゃ」や「毛布」などを、ケージの中や子犬が寝る場所に置いてあげると安心します。

飼い主さんに慣れている場合は、飼い主さんの匂いのついたものが近くにあると安心して眠ることができるので、飼い主さんの衣服などをベッドの下に敷いてあげるのも良いでしょう。

一緒に寝る

子犬が飼い主さんと同じ部屋で寝ることで、夜泣きが収まる場合があります。この場合は、子犬が安心して眠れるというメリットがありますが、飼い主さんと離れることが不安になる分離不安におちいる可能性や、衛生面の問題などのデメリットもあるので注意が必要です。

運動量を増やす

子犬の日中の運動が十分でないと、エネルギーが有り余ってストレスが溜まってしまいます。適切な運動量は犬種によって違いますが、子犬が散歩に行きたがる場合は毎日散歩に行ってあげましょう。

散歩は、肉体的な運動だけでなく脳の活性化のためにも必要です。心身ともに満足な運動をさせることで、夜泣きが収まることがあります。昼間の散歩で日光を浴びさせることも大事ですが、夜泣き対策として、夜間の散歩で疲れさせるのも効果的です。

ただし環境に慣れないうちは、遊ばせ過ぎて子犬が疲れてしまうケースもあるので、体調や様子をみながら、少しずつ運動量を増やしていくと良いでしょう。

無視をする

子犬の夜泣きは、寂しさや不安などの精神的な原因が多いので、飼い主さんがそばにいるとことで解消するケースが多いです。しかし、かわいそうだからと泣くたびに要求に応えていると、「飼い主さんは泣けば来てくれる」と学習してしまいます。

そしてこれをいつまでも繰り返していると、夜泣きを悪化させることにもつながります。そうならないためには、無視をすることで泣いても飼い主さんが来ないことを学習させるとともに、環境に慣れさせることも大切です。

子犬の夜泣きに対してやってはいけないこと

モノトーンで悲しそうな子犬

国際的動物福祉の基本である、「動物の5つの自由」を知っていますか?飼い主さんは常にこれらを意識して、犬に接することが大切です。

  • 飢えと渇きからの自由
  • 不快からの自由
  • 痛み怪我病気からの自由
  • 恐怖や苦悩からの自由
  • 正常な行動を表出する自由

以上をふまえた上で、以下のことに気をつけましょう。

子犬を激しく叱りつけること

子犬の夜泣きなど、しつけはとても重要ですが、叱り方には注意が必要です。叱り方によっては、子犬が飼い主さんに不信感を持ってしまうことがあるからです。やってはいけない叱り方の例をいくつかあげてみます。

  • 体罰を与える
  • 大きな音を出す
  • 体や口元をつかんで叱る
  • 目を見つめて叱る
  • 名前を呼んで叱る

正しい子犬の叱り方は、低い声でわかりやすい短い単語を使って伝えることが効果的とされています。

原因がわかっているのに対処しないこと

犬は人間と同じように、生理的、環境的、行動的、心理的、社会的欲求があります。しかし犬は、これらの欲求を自身で満たすことはできません。

飼い主さんは子犬ができる限り快適に、そして、できる限り苦痛をうけずに生活できるようにする義務と責任があります。子犬の夜泣きの原因がわかったら、放置せずにしっかりと対処してあげましょう。

子犬の夜泣きに関するまとめ

だっこされる子犬のコーギー

子犬の夜泣きの原因は様々ですが、なぜ泣いているのか原因を探り、きちんと対処することで解決できます。

また対処に迷ったときは獣医やドッグトレーナーなど、専門家に相談するのも良いでしょう。子犬が新しい環境に慣れて、夜泣きをすることなく、家族の一員として安心して過ごせるようになるとよいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。